藤井龍仙の書はどこへ行く

今回の出張の備忘録で記事にしておきます。

今回の出張では、様々な収穫がありました。

自分が思っている以上に周囲は期待してくれているということ。

地元の基盤強化が必要だと言うこと。

どうも書道芸術院の事務局が事務能力に興味を持っていると言うこと。

自分の書のクオリティはと言うと会員賞レベルに近づいてはいるが、未達だと言うこと。

書の雰囲気は毎回変えるのではなく、3年目安で変えつつ、自分の書風を確立すること。

地元と東京の両立を模索すること。

被りモノが当分脱げそうにないこと(笑)

まぁいろいろですけど、現状備忘録です。

数年後に読んでどう感じるのか楽しみです。

10月の東京出張その2

10月の東京出張その1は

上のリンクですので良ければ先にご覧下さい。

東京出張その2は秋季展終わりの2日間10月6日7日と帰りの8日です。

行きはその位置より少し遅い新幹線で東京駅から取り敢えずアートサロン毎日の会場へ向かいました。

会期中2回目ということで、道に迷いこともなく、すんなり会場に到着。ただ、台風の影響なのか蒸し暑いことこの上もなく、汗だくでした(汗)

出張第二次の初日10月6日のメインメニューは秋季展表彰式&祝賀会&2次会&締め会で広島の秋季菊花賞受賞者清水蘭舟さんと現地で落ち合いました。

アートサロン毎日で昼まで来客対応&出品メンバーとの書道あれこれ相互鑑賞で過ごし、荷物を置いて銀座セントラルへ向かいました。

現地会場で無事清水さんと会うこともでき、一通り一緒に見てまわり、少しして時間になったので今度は3Fの表彰式会場へ

会場の様子はこんな感じ

下谷先生の挨拶
表彰式 賞状授与
作品解説中

この後は宴会に備えて再度アートサロンに戻って荷物をピックアップ。その足で早めにチェックインして余計な荷物をホテルに置いて、セントラルに戻りました。セントラルに着くと丁度開宴の17時だったので、直接2Fの祝賀会に向かい、名札もらって会場内でまたもや挨拶ラッシュです(笑)

腹ぺこちゃんで気になって仕方がないお料理

開会の後、偉い先生と来賓の挨拶の後は、いよいよ食事歓談ターイムで、当然のように食べ過ぎです(笑)

途中、菊花賞受賞者とアートサロン出品メンバー17名の紹介があり、その後は終宴までまた食べつつも歓談で、無事終了

その後は例によって、2次会&3次会までついて行って、顔と名前を覚えてもらう営業活動です(笑)

ホテルに帰るとまぁまぁいい時間で、シャワー浴びて即就寝です。

翌日は、恐怖の外部講師によるアートサロン毎日での作品研究会と言うことで、早めに到着し、パレスサイドビルお休みの看板を突っ切って会場準備のお手伝いをしました。

準備中も研究会で何を言われるのだろうとソワソワしながら落ち着きませんでしたねぇ。

で、研究会の結果はと言うと、意外と褒められてしまい、逆に頭は真っ白でした。

頭に残っているのは室井先生の「仕事させるのは30%くらいが丁度良い」と言う言葉でしたね。

鬼頭先生や仲川先生による他の出品者への指導からは、毎日書道展の会員賞の必要レベルを思い知らされました。

力不足を今後どう補充していくのかはまだまとまっていないのでまたの機会にお話しします。

と言うわけで、この記事は翌日の帰りの新幹線中に書いてます。

10月の東京出張あれこれ

いきなりの拙作です(笑)この作品の中で一番好評なのが落款部分で、本文はいいとこ悪いとこ賛否両論です。

会期と会場は平成30年10月2日~7日で銀座セントラルミュージアムとアートサロン毎日の2カ所で開催されました。

私の作品はアートサロン毎日の方で展示でした。

会期初日は企画委員会と同日と言うことで、朝一新幹線で先ずはアートサロン毎日に入場。

実はアートサロン毎日に行くのは初めてだったので、東京駅の日本橋口を初通過して東西線で竹橋駅で下車、以外とすんなり会場前付近まで行けて、なんかどっかで見たような見覚えのある作品を発見!

何と入り口の一番目立つところに私の作品があるではないですか。作品に呼ばれるように会場に初入場。出品者全員はいなかったのですが、挨拶を済ませて、早速会場内を回遊です。

先ずは、会場内での自分の作品の位置付けを確認ん。他の作品とかすりもしないくらい異質で被りもなしということで作品制作の方向は成功してました。

ただ、肝心の作品のクオリティは納得いかない微妙な感じでしたねぇ(笑)

他の出品者16名はいずれも力作ぞろいで、バラエティ豊かな展示になってました。

アートサロン毎日の全作品です。

軽い昼食を控え室で過ごして、午後は企画委員会の銀座フェニックスプラザ別名紙パルプ会館へ向かいました。

移動は龍仙の大好きな地下鉄の乗り継ぎで移動です。東銀座駅で降りて大きく迷うこともなく無事到着。同じビルの5階は銀座セントラルミュージアムで秋季展のもうひとつの会場なので、先にそっちへ行って、いろいろご挨拶回りであちこちペコペコしながら、ざっと鑑賞して、時間になったので、企画委員会の3階へ移動しました。

委員会の内容は書けませんけど90分やった後、理事長が待ち構える5階へ委員全員移動して、企画委員会に改善点などを持ち寄ってほしい旨のご挨拶を聞き、先ほどとは別の目で会場をチェックして回りました。

その後、もう一度アートサロンへ戻って、閉場の18時まで居座って。日帰り出張の帰路につきました。

もう既に長文なのでいったん切ります。後半の2泊出張は次の記事と言うことで、乞うご期待

稚エビ、稚タニシ、稚メダカ

書道とは何の関係もなくて大変申し訳ないと思ってはいるものの、書かずにはいられない誕生ラッシュです。

めだかに関しては手間をかけて、産卵、採卵、孵化、隔離と結構手間を取ってやってますけど、ヒメタニシとミナミヌマエビは放置で増えます(笑)

タニシは雄雌が分かれているので、雄雌がうまく入っている水槽では稚貝がちょっとずつ増えてます。ちょっとずつというのも、ヒメタニシは卵胎生らしく、卵を体内で孵化させて出産するらしいです。現在、ちっこいヒメタニシは4匹で、一日に一匹ずつ増えてます。

方やエビちゃんは知らないうちにちっこいのをパラパラと産んでました。こちらも卵胎生なので、爆殖はないです。ただ、瞬発力が高いので捕獲するのが非常に面倒な生物で、増えすぎないよう抑制していかないといけなさそうです。

メインの稚メダカは自家製と購入分とで、日々増えてます。ちっこいので、数は数えてませんけど、50匹は堅いところです。今はまだちっこいので、スペースの心配はないですけど、大きくなった時にどの水槽に移転させるかが、今後の検討課題です。

めだかの購入は卵だったり、稚魚だったり、成魚だったり様々ですが、育てる楽しさからいうと、卵ですね。ただ、卵は孵化する前に腐ってしまうことが結構あるので、最近は稚魚を買ってます。買う場所は様々ですけど、ほぼほぼ通販です。

めだか関連の購入品も少し落ち着いてきたので、ぼつぼつブログに上げていきます。

長野県現代書藝展の審査会に行ってきました。

9月8日から10日までの3日で長野県現代書藝展の審査会に水茎会のメンバー3人と一緒に行ってきました。

初日、中央本線の中津川―木曽福島間でまさかの人身事故発生の情報で、これは、トラブル発生かと思いきや、名古屋駅で待っていたのは定刻出発のしなの9号長野行きでした(笑)前の2本は運休したようでした。

木曽福島に到着したら、今度はレンタカー借りてひとしきり木曽谷道の駅巡りしました。木曽漆器の上等なものがいいお値段で展示してあったりで、ほしいなぁと思いつつも、木曽谷の蕎麦たちを買っていました。

蕎麦大好きなので、都合、7種類買いました(汗)が、お蔭で帰りの荷物は何とも言えない重量感、キャスターが突っかかって仕方なかったです。

都合4件の道の駅に寄って、権兵衛トンネルを抜けて伊那谷へ毎年の見慣れた風景にちょっとばかりの安堵感を覚えつつ、宿泊と宴会のあるホテルへ向かいました。

ホテルに着くと、ほかの先生方はもうすでに到着されていて、広島チームは最後でした。宴会はいつもながらの楽しい宴会でそれぞれに会話を楽しみながら、さらに仲良くさせてもらいました。竹本先生の話題はさほど出ず、不祝儀の挨拶もそこそこに、「藤井さん後はよろしく頼むよ」と頼まれるばかりで、やるしかないなぁなんて改めて思いを巡らせました。

翌日は審査会で、ほぼ一日中審査会場に缶詰で、龍仙はインターネットに上げる題材集めでビデオ撮影してました。撮影していると、漢字部の審査が始まり撮影場所を移動して漢字部の会場へ行ったところ、竹本先生の名代で「撮影が大丈夫なら審査もお願い」ということで、撮影しつつ、審査の白手袋借りて、審査挙手をさせてもらいました。

一般公募では絹谷さんと島田さんが秀作賞に入りました。

午前は公募審査のみで、午後は田宮文平先生の単独審査による学生部と委嘱会員と審査会員の審査で、広島チームから田宮文平賞が出ました。自分ではないですけど、とても嬉しかったですね。清水蘭舟さんおめでとうございます。11月の授賞式でもう一度長野行きですね。うらやましい。

審査終了後は少しホテルで休んで、審査会の打ち上げで、これまたにぎやかに過ごしました。前回は田宮先生の右に座らせてもらいましたが、今回はご招待の毎日書道会の西村常務理事の正面に座らせてもらい、くだらない話も含めて、少し覚えてもらった気がします。その後は、重要ポストの先生方のところへ行っては褒められたり、叱咤激励されたりで、とても実のある打ち上げでした。

偉い先生方は、そのあと、諏訪野町へ繰り出すようでしたが、広島チームはすでに、くたびれていたので、ホテルへ直行!の前にコンビニ寄って飲み物などを買ってさっさと寝ました。あっ寝る前にヤフーオークションの落札作業をしました。

翌朝は朝6時半に朝食を取り、さっさとホテルを後にして、いけなかった道の駅へレッツゴーしました。久しぶりにナビを頼ってしまい、あっちが近いような気がするんだけどなぁと思いつつ、ナビ通りに行くと朝の通勤時間帯ということもあって、まぁくねくねと曲がらされました(笑)

目的地に着くと案の定まだやってないということで、高遠城はここなのねと横目で見つつ、帰りは、ナビに頼らず龍仙の犬運転で「夜明け前」の酒蔵、小野酒造向かいました。上手く発見するも、少々遅くて通過してしまい、ファミマでUターンして、10mほど折り返しで到着。龍仙はお酒買わないので、高岡、清水の両名は結構宅配を頼んでました(笑)

帰り際に酒かす御豆を頂き、今度は塩尻経由で木曽福島へ。

木曽谷に入ると、パラパラと雨が降ってましたが、さほどひどくもなく、

疲れたけど楽しかったなぁと話をしながらも、この2日間で食べ過ぎということもあり、昼ご飯は各自コンビニで済ませましょうということになり、コンビニに寄りました。問題はその後です。この前広島で降ったような瀧雨に打たれ、木曽福島駅に到着した時にはピークで荷物を降ろすだけでじゅっぽり濡れてしまい、濡れたままで、駅横のレンタカー屋さんに車を返して、さらにずぶ濡れ(笑)

雨男藤井と雨女高岡は健在でした(笑)

てな感じで無事広島に到着し、メダカとエビちゃんの様子を見つつ、荷物を開いて、事後整理して寝ました。

今回の長野は竹本先生が亡くなってから、初めての審査会でしたが、長野の方も他の遠方の先生方も、随分と気を使っていただきありがとうございました。

他の社中もご多分に漏れず世代交代の時期が迫っているようですけど、水茎会としては、これからも、続けられるだけ続けようと改めて思った次第です。

なかなか落ち着かないけど…

新しいメダカが来てから約1週間経ちますけど、水質がなかなか落ち着きません。目指すはピカピカの水なんですけど、水槽の水量と、排泄の量と、バクテリアの活動がうまくバランスしてません。結果は水が白っぽく濁ってしまうことになります。

以前放置の鉢でメダカに餌をやるだけの経験はありますけど、なにせ、メダカを水槽で飼うのは初めてなので、いろいろとお勉強をしないと上手くいきません。お勉強をするたびに余計なものを買ってしまう日々が続いていますが、授業料だと思ってやってます。

昔なら、「メダカの飼い方」とか「メダカ入門」などという書籍を買っているところでしょうが、今はネットでほぼほぼいろいろわかるし、検索キーワードを間違えなければ「えーーっと何ページだっけ?」などと無駄な時間を費やすこともなく、簡単そのものです。

時間がかかっていることといえば、朝の採卵です。元気に泳ぎ回ってくれるので、最初の捕獲に時間を取られます。無駄に追い回し過ぎるとストレスで死んでしまいそうなので、そこそこの追い込みでやると、うまくすり抜けてくれて、それなりに時間をかけて捕獲してます。(汗)

昨日は針子(孵化後間もないメダカ)が10匹近く誕生しました。ここ数日は毎日誕生するので、なんかワクワクしてます。老眼にはなかなかしんどい大きさと動きの速さなので、ぼつぼつ、針子稚魚のブースに移動させてます。

まぁメダカは買いますけど、飼うことが仕事じゃないので、のんびりやります(笑)

さてさて、針子の前の採卵の前の産卵&抱卵ですけど、新しいメンバーも含めてようやく、全てのメスが抱卵してくれるようになりました。メダカは産卵後も糸でくっ付いて尻びれのところにもこもこッと卵をつけたまま泳ぐので、なんだか「ご苦労様」って思ってしまいます。

とりあえず、このまま、水質が落ち着くまで、現状維持にして、追加のメダカや水槽は買わないことにします。昨日も実はカートに入れてしまうところまで完了してしまい、危うく購入するところだったですけど、ノウハウが身についていない今の状況で数だけ増やしてもとてもじゃないが世話が追いつかないので、ここはグッと我慢の龍仙です。

毎日展ウィーク終了&メダカのその後

先週火曜から日曜までの会期で毎日書道展中国展が開催されました。おかげさまで多くの観覧者にお越しいただき誠にありがとうございました。

今回は70回展ですが、師の年齢と同じ回数なので、少し思い入れがあります。龍仙的には今年は初の陳列部副部長(別名班長)とイベント担当の2役を頂き、何とかこなすことができて、一安心しているところです。

今回の初めての出来事といえば、イベント時の揮毫、イベント時の小講習、撤収作業、打ち上げの4つです。いろいろと仕事をさせていただけるので、書道とは別のお勉強をいろいろとさせていただけて、この年にして、少し成長させてもらってる気がします。

でもって、昨日から平常運転に戻ったわけですけど、日曜日を仕事でとられたので、ちょっと気怠いですね。とは言え、稼がないといけないので、教室は真面目にやってます。明日は午前中、川柳教室で、午後は緑井4丁目(通称アパート教室)です。

話は変わって、1週間前に室内に水槽を設置してメダカを泳がせてますけど、なかなか、水質が落ち着きませんねぇ…特に白く濁るのは未だすっきり取れてません。現在は濾過バクテリアと菌着床用の石のような岩石のようなものを投入して様子を見ています。

昨日よりは多少今日のほうがきれいになってる気がしますが、気がするだけかもしれません(笑)

てなことで、園芸の時同様、いろいろと初期投資でほぼ1万円使ってしまいました。たかがメダカですけど、息子が息子が来年から大学に行く予定なので、お金はかかるが、手はかからないということで、お父さんとしては、も少し手のかかる生き物がほしくなっているのかもしれません。

息子で思い出しましたけど、指定校推薦が取れました。大学名他は息子のプライバシーに配慮してここには書きませんが、地元私立大学です。私の時は指定校推薦などという制度はなく、今でいう一般入試とスポーツ推薦くらいでした。

一応指定校推薦の入試というものはありますけど、国語と小論文だけで、白紙で出すとか、当日欠席するとかがなければ、ほぼ、合格確定と聞いているので、合格発表までヘマしないよう厳重指導です(笑)

で、ここ最近というか秋が近づいてくると篆刻受注が増えてきます。昨年ほどではないですけど、今年もぼつぼつ注文を頂いています。ありがとうございます。

今日はこの後少し休んでから、動きます。

明日はイベント

気になっていた台風も広島はさほど影響なさそうで、明日にはいい天気になりそうで一安心しています。

というのも、明日は、毎日書道展中国展「書の未来へ」という学生と留学生を集めてのワークショップのエスコートリーダー&揮毫をやるので、お天気は多少なりとも心配なんです。雨だとやはり出足が悪いですからね。

ということで、明日は一日県立美術館の後、水茎会です。おそらく、水茎会では何もすることはないとは思いますけど、県立美術館のお仕事終了後に直接本川町古城園にスタッフと一緒に向かいます。

昨日は熱でお休みにした川柳教室の補講を午前中に済ませ、散髪に行って、また戻って、メルパルクで書道教室してました。

で、今日の午前中は明日のイベントの準備を済ませて、このあと、古城園教室に出かけます。

ここ数日は朝晩涼しかったのに、今日は激烈に蒸し暑いですね。おそらく2つの台風が南から風と湿気を持ち込んできてるんでしょうけど、熱中症厳重警戒レベルです。皆さんもお気を付けください。

さてさて、全然関係ないメダカですけど、数日前から、慣らし準備をしていた新しい水槽に今朝、一組黒と緋をセットで入れてみました。いない時は気づきませんでしたけど、フィルターの水流が結構きつかったので、流量を絞って、ようやく、元気にあちこちしてくれるようになり、餌もつついてくれたので、まずは一安心です。

あとは、屋外から室内に入れたので、夜に明かりがつきっぱなしにならないよう、ちょっと用心です。人感センサー付きなので、消し忘れはないですけど、夜中につけたり消したりして、メダカのストレスにならないよう気を付けつつ、用観察です(笑)

で、ついでということで、今朝も採卵をしようと思ったら、いつも10個くらい腹に抱えている2匹のメスのおなかに卵がついてないじゃないですか!なんか環境換えてしまったかなぁと考えて昨日新たに入れた人工産卵藻(スポンジでできたタコみたいなの)が原因かと思ってみてみると、やはり原因はこのタコスポンジでした。盛大に卵がついてました(笑)

おなかの卵を全部、くっつけたんですね。

ということで、卵のたくさんついたタコスポンジと昨日一昨日の卵を別の小さい水槽に移しました。卵水槽は自分の部屋に置いてあります。孵化したら、稚魚用の網籠に移します。

まだ、一番古い卵で4日前なので、孵化にはもう少し時間がいりますね。

で、悪いことに、新しいメダカを通販で買ってしまい、ついでということで、ミナミヌマエビも一緒に買ってしまい、慣らした後、水槽にレッツゴーします。

メダカの設備拡張はとりあえずここらへんで終了です。あとは、産卵、孵化、生育の具合を見ながらあまり大きく広げないよう注意します。

あーそれから、篆刻のご注文が7本ちょっと納期がタイトですけど、頑張って彫りまーす。ありがとうございます。

流れ星 メダカ 台風

皆さんのお盆休みはいかがでしたか?

龍仙のお盆休みはというと、あれやこれやと諸所の用事があって、比較的あちこちなお盆休みでしたけど、忙しくてしょうがないというほどでもなく、ゆっくりと過ごせました。

親戚の絶対数も減ってきているのと、遠方の親せきは今までにも増して疎遠となってしまうので、お盆、お正月の親せきづきあいも随分減りました。息子には申し訳ないとは思いつつ、現状を受け入れてもらうしかないです。

で、表題1番目の流れ星ですけど、お盆恒例ペルセウス座流星群を今年は2日連続で観測に成功しました。ちいちゃいのはシュッって感じで、大きいのはシューーって感じで、2日連続シューーが見えたので、なんだかイイことありそうで、うれしかったですね。

しかも、龍仙の自室の北窓を開けると、なんと、ベッドに寝たままで流れ星が見えるんです。でも、これに気づいたのは今の家に6年前に引っ越して以来今年が初めてです(笑)

で、表題2番目のメダカですけど、ちょっと前に1匹孵化して、その後、ご無沙汰だった孵化が今朝3匹ちっこいちっこいのが孵化してました。前に生まれたのは1cmくらいになってて、比べると、この短期間でこんなに大きくなるんだぁ的な驚きを頂戴しました。

でもって、この調子でメダカ増やしてみようと企んで、浮き産卵スポンジ藻を追加購入しました。成人メダカはいつの間にやら7匹から4匹になっているので、20匹くらいに増殖できればいいなぁなんて思ってます。

で、表題3番目の台風ですけど、今日は随分と久しぶりにしっかり雨が降ってます。台風の成れの果てが降らせてくれてる雨です。台風といえば、今年の台風の進路はそれはそれはとても変な感じです。

東から西に進路を取るという、生まれて半世紀では見たこともない進路が今年は盛沢山です。思うに、今までなら台湾付近でとっていた進路をグー――ッと北に上げると、納得もできる進路です。海水温が高いんですかねぇ…

ということで、最後のもがきで、アートサロンの作品を書こうと思ってます。

あっ書の未来への扇子も書かないと…

まぁ、4丁目教室に行くのは雨が上がってからかなぁ…

長野県現代書藝展の練成会終了で、筋肉痛?!

一昨日の山の日に、現代書道水茎会では長野県現代書藝展の出品練成会に参加しました。参加というよりほぼ主催者状態で、いろいろな段取りは龍仙の担当です。

いつも使っている集会所なので、勝手は心得てるんですけど、自分の作品も書かないといけない&事務手続きもしないといけない。ということで、ほかの参加者より書く枚数は少なめです。作品制作風景はこんな感じ

緑井集会所大ホールの端っこで作品制作 実は気晴らしで全く違う書体で書いてる最中です。

現代書道水茎会では書道展の出品の前にほぼ毎回、練成会をやってます。以前は持ち寄り作品を選んでただけでしたけど、やはり練成会をやると周囲に触発もされて、作品のグレードが上がるので、今は、毎回実施してます。

だいたい13時から20時の7時間ほど書くわけですけど、各自自分のペースで書いては、他人の批評に回ったり、壁に貼り付けて、みんなで投票してみたり、師が亡くなった後でも、楽しくやってます。

師が存命の頃は、絶対判断基準が師の基準だったので、何ら考えることなく、見せては書き直しで良かったですけど、今は書き直しては貼ってみて、他の会員の目を通してみる。とかく自分ではよくわからないことが多いし、自分の思い入れは客観性を危うくしてしまいます。

なので、水茎会の練成会は今年から互評方式です。その点水茎会の会員さんは遠慮なしなので、助かってます。

でもって、

昨日は、練成会の疲れや、この夏の暑さの疲れを癒すために、一日中エアコンの中で何をするでもなく、篆刻の印材を整えてました。それ以外は、だーらだーらを過ごして、久しぶりに昼寝をしました。それも午後ほぼ一杯の5時間昼寝です(汗)

昼寝から起きてトイレに行こうと立ち上がってみると、両足大腿筋から足の裏まで、ほぼ全体が筋肉痛ということで、転げないように、漏らさないように、階段を慎重に下りて用を足しました。

そんな、無理な体制で書いてるはずはないんですけど、なぜか、目いっぱいの筋肉痛!翌日出るということは、若返ったのか、はたまた、よほど酷使していたのか今となっては不明ですけど、随分と知らないうちに負荷がかかっていたようです。

で、完成作品はできませんでしたけど、これから、なんか完成させると面白くなりそうな書体を編み出して、喜んでます。今は、なんか行けそうだけど、未完成の感じがありありで、良い作品ではないですけど、面白い目を引く作品にはなりました。今年の作品では、文部科学大臣賞は無理ですね。面白さだけでは大臣賞は無理です。

技術的な問題はないんですけど、作品の品の良さがまだできてなくて、自己主張をし過ぎなので、たぶん1次選考にもかからないと思います(笑)

ということで、今日は篆刻を4本仕上げました。プロテクターなしだと右親指が辛いので、右はキツメ、左はユルメで両手にプロテクターして彫ってます。

今日はこれで終了ですね。