やっぱり、加水量が違う

今日も午後一で昼ご飯用のそば打ちで修行しました。

昨日と同じ粉で、同じく十割を打ちました。今回は最後の加水調整をやや慎重にやって、狙った硬さになり、茹でても切れず、腰があるけど硬くない、歯ごたえと喉越しの両方が良い状態の蕎麦になりました。

今までで一番いいコンディションでした。

実は、知人から頂いた伸し板が滑るので、手前にストッパーの木を付けました。おまえというか、ついでにまな板もストッパーを付けた2廻り大きなまな板にしました。

金額的には2000円掛かってないので修繕レベルのバージョンアップです。後はもう少し大きな麺切り包丁が欲しいのですが高いので、今は我慢です。

そば打ち体験会参加して道具を手配してから一日おきくらいに蕎麦を打ってますけど、全然飽きませんねぇ。食べる方もほぼどころでなく毎日マイ蕎麦食べてますけど、こちらもいっそ飽きる気配はないです。

根っからの蕎麦好きなんでしょうねぇ・・・性格的に好きな物や気になる物は、どこまでも追求してしまうので、まだまだ先は長そうです。

アパートの書道教室はさながらそば打ち練習場です(笑)

今朝も蕎麦打ち修行(笑)

今朝は息子がだるいので学校行くの行かないので、ひと悶着ありました。ただ単に行くのがだるいだけなので、余計な原因はないみたいですけど、親としては少し気になるところです。あまり口を出さないようにはしてるんですけど、ついつい、なんか言ってしまいますね。

さて、昨日は売上絶好調ということで、ちょっと財布の中が暖かいですけど、まぁこれも一時的なことと思います。

で、今朝の一悶着の後は今日の水茎会にもっていくそばを打ちにアパート教室に行って鹿児島の新そば粉と北海道のそば粉ミックスで十割そばを打ちました。

今回はズル玉にもならず、逆に捏ねに少し手間取りましたけど、なんとか蕎麦の形になるところまで持ってこれました。新そば粉は水分少なめででOKなんですけど、腰ではなく、硬さの調整がうまくいきませんねぇ。

水回しは随分と上手くなってきたような自己評価ですけど、いろんな粉で何度も打って経験を積まないと、微調整ができるところまではたどり着けません。手順は間違わなくなってきたくらいではそば粉の声は聞こえてきませんね。ただ、うまい下手にかかわらず、そばを打つと大好きな蕎麦の香りが目の前から出てくるので、この上もない幸せになります。

このあと、水茎会があるので、3時過ぎに出かけます。今日の水茎会は特にイベントはないので、長野展の作品構想でも相談しますかねぇ・・・

早速書き忘れ

昨日は然して忙しかったわけでもないのに、ブログ書き忘れました。まぁ毎日書かないといけない訳でもないのでお許しを

で昨日は、期日前投票に行ってきました。投票当日は東京出張なので棄権にならないようさっさと投票に行ってきました。どこのどなたに投票したかは選管法に触れてはいけないのでここには書きませんが、息子の就職まであと4年は現政権に頑張ってほしいもんです。

選挙のあとは例によって自分打ちの蕎麦をいただき、メルパルク教室に行って楽しく生徒さんと歓談の教室でした。

帰りは車を停めさせて貰っている筆匠古城園で書道用品も買わず、ひとしきり油を売って、自宅へ戻りました。

帰ったら、また、自打ちの蕎麦をいただき、ストックがなくなったので、夜な夜な蕎麦打ちです(笑)

前回と同じ粉で水を少な目で打ってみてほぼいい感じの固さに仕上がりました。前2回はズル玉(伸しやすい蕎麦玉)でゆでたときに切れやすかったので、うまくいったと思っている今回は果たしてどうなのか?今日のお昼が楽しみです。

そうそう、長野で大変お世話になっていた書道評論の第一人者田宮文平先生が亡くなられたそうです。82歳と伺っています。

今日は現在教室で蕎麦ではなくこの記事を打ってるんですけど、誰も来ませんねぇ(笑)なのでのんびりと記事に専念中です。

午後は古城園教室なのでまた出掛けます。

書道ブログと言うより蕎麦ブログですね(笑)

午前はアルパーク教室

火曜日の第2第4は午前中アルパークの中国新聞文化センター教室ということで、自宅を約9時に出発、現地に約10時に到着の段取りでいつも行っています。今日は出発が少々遅れ気味で、到着は予測通りの約10時でした。

教室は2人休みでちょっと涼しげな教室でしたけど、随分とおしゃべりして教室終了しました。

帰ってからは、とりあえず昼ご飯で3日前のやや失敗お蕎麦をいただき、その後は、4丁目教室(近所のアパートを借りている)にゴミ袋を持ってお出かけ。まずは、気になっている鹿児島産新そばの十割蕎麦打ち第2弾ということで、前回水分が多かったので、今回は10㏄少なめにしましたが、それでも、もう少し多かったです。そば粉300gに湯(水)140gでしたが、それでもまだ多かったですね。

新そば粉の水分含有量は案外に多いんだと再認識した本日の蕎麦打ちでした。早速帰って食べたかったのですが、昨日から継続中の断捨離の続きをしないといけないトラップにかかっているわけで、例によって、一空きの袋で2個分の可燃ゴミを捨てちゃりました。といっても、すぐにゴミブースに出せないので、いったん徒歩で2分もかからない自宅に持ち帰り、指定の日にゴミ出ししてます。

で、持ち帰るゴミと一緒に打ちたての蕎麦を持って帰り、早速に茹で(広島では「湯掻く」と言います)て水にさらしていただきました。

まず、一箸目は何もつけずに「ズルっと」すすって上手くできているかどうかをチェックしつつ、お蕎麦の香りと触感を味わいます。一箸目がおいしいと、二箸目も何もつけずについ食ってしまいます。今日は三箸目もめんつゆなしでおいしくいただきました。打ちたての蕎麦って、ごはんの替わりになりそうなおいしさがあるんですよ。

ちなみに今日の蕎麦の出来栄えは55点くらいかなぁ…次はもう少し水分を減らして挑戦です。

そうそう、そういえば今日から大き目のこね鉢(ステンレス+テフロン)を使って打ちました。もうなんというか、飛び散る粉の量が少なくて助かってます。延し板もいただいた餅取り台に板を打ち付けて大き目の板を自作して、延しの作業もずいぶん楽になってます。残るは番手の違う篩と、一回り大きな麺切り包丁、90cmの麺棒、駒板のちょっとイイのが欲しい今日この頃です。これが揃えば、蕎麦打ちの道具はほぼ二式揃うことになります。

ちょっと買い物し過ぎなのと、粉を取り寄せる費用が掛かっているので、道具はオークションで出物狙いです。

粉はこれから晩秋にかけて、新そば粉が順次出そろってくるので、食べ比べが楽しみです。

明日は、メルパルクの書道教室だけで、15時からなので、出かける時間になるまでは、篆刻の準備と、アパート教室の断捨離&模様替えをしようと思ってます。

もう一個、車で使っていたブルートゥースのハンズフリーが壊れたので、急遽買いました。今度は、骨伝導タイプで耳の穴が塞がらないヤツです。不思議なデザインのハンズフリーイヤホンです。

昨日は断捨離掃除でくたびれて

昨日は七夕ということで、毎日書道展の入賞公開日でしたけど、朗報は受け取れましたでしょうか?

龍仙は会員賞対象ですけど、まぁ取れるわけもなく、あの字で取れたらとてもとても申し訳ないです。もっと自己満足できる作品で晴れて受賞と行きたいところです(汗)

実は受賞のお知らせは「7日までは公言してはいけませんよ」言う注釈付きで本人にはもっと早く、先週の火曜日あたりに通知がいっているはずです。

龍仙的にはもう少し修行をしてから受賞したいです。

ということは知っておきながら昨日は特に何もすることがないので、自分の時間を過ごしましたが、午前中は昨日届いた鹿児島の新そば粉でそば打ちをしました。

新そばを打つのは初めてなので、水分の量を少し多くして若干ゆるい蕎麦玉になって、龍仙的には失敗です。蕎麦打ちは近くに借りているアパートの書道教室で教室がない時にやってるんですけど、蕎麦関連の道具が増えてしまい、随分ごちゃごちゃしてきたので、昼からはかねてより気になっていた、過去の個展の駄作処分の断捨離断行しました。

場所を取っているのは第3回個展の時の浮雲(着物生地を板に貼り付けたオリジナル軽量額)が大きな段ボールに3箱、あとは個展の時に使った装飾用の雑貨です。

一空きの袋(コメ袋の中古)に2つゴミが出来上がりました。

捨てた色紙作品はおおむね70点、再生に回すボードは50枚、廃棄ボードは20枚、それ以外の数々のごみで正直くたびれました。本も昔の雑誌やら、蛍光灯のデスクライトやら、銀座でやった師匠の個展の残骸(残骸といってもかなりの量)やら、まぁいろいろです。エアコンつけててもしっかり汗かく断捨離でした。

あとは、滲みた紙やら、使わない生地の廃棄やら、墨、硯、印材などのオークション掲載やら、まだまだやること一杯です。

ゲームをアンインスト

暇つぶし、時間つぶし、で始めたスマホゲームですけど、今朝思うところあってアンインストール(消去)しました。

ゲームしてると無駄な時間を費やしているんじゃないかという思いに駆られるようになり。ゲームの面白さより、なんか別のことに時間をかける時期なんじゃないかと思ってしまった末の衝動的行動です(笑)

4年前くらいから始めた自宅前の小さい畑、去年から始めた淡水水槽、で、ついこの前始めた蕎麦打ち、と、趣味が増えすぎてしまい。本業の書道を入れると若干時間不足感が否めない状況になっているのが前述の気持ちの原因ではないかと推測しています。加えて、7回目となった粋仙会書作展の出品者数が少なくなっている状況も、気持ちの後押しをしているんじゃないかと・・・

でもって、ゲームの替わりに真面目にブログ書くことにしました。

毎日とはいかないかもしれませんが、近況報告やら、趣味のことやら、グダグダブログを再開することにしました。読みたくもない下らない記事も多くなると思いますが、つまみ読みでよろしくお願いします。

ついこの前21日遅れの梅雨入りでしたけど、昨日はどうも真夏の様相で、広島の気温は30度超で、もう一雨来ると梅雨が明けそうな暑さになってきました。

で、初の夏越しとなる玄関の西日が差し込む水槽が気になって手を付けてみると「ぬるい!?」ということで水温計を見ると「30度越えてる!!」で急遽ガラスの蓋を取り払って、遮光といっても段ボールを置いただけ(笑)ですけど、かっこだけでも遮光して、風通しを良くして水温が下がるのを待つ始末です。

グッピーは水温差に強い、もともと熱帯のお魚なのでそこまで気にする必要はなく、今回もお星さま☆になった方はいなかったのですが、さすがに水温が30度越えてると飼い主としてはビビります(笑)

自宅前のちいさな畑、通称「前小畑」もこの暑さで朝夕の水やりが必要になってきました。今は小松菜、チンゲン菜、トウモロコシ、キュウリ、ミニトマトとなぜかこの時期に目を出していたジャガイモを植えています。

菜っ葉類は虫との戦い、トウモロコシとキュウリは順調、トマトは連作障害臭い草勢、ジャガイモはこの夏を乗り切れるか疑問(笑)ですけど、今のところすくすく育ってます。

で、今日は日曜で久しぶりに何も予定が入っていないので、アパート教室でそば打ちと断捨離をしようかと思ってます。断捨離の一環で今更のヤフーオークション出品デビューを企んでいるのですが、初めの一つ目が「これでダイジョブかいな???」的な状況で未だ出品できていません。

出品予定は、印材、硯、水滴、日常遣いのちょっと良いもの、額、などなど、書道周りのモノになるかと思います。時間があるときは、篆刻でもして、メルカリにでも出品しようかと思ってます。

ここで、問題なのは、支払い決済の方法です。今はやりのペイペイ、メルペイ、Rペイなど、いわゆる電子マネー決済の方向にどんどん進んでいるのにもかかわらず、各支払い相互の互換性が今のところないのと通貨に戻すことがなかなか難しいのはちょっと考えモノですが、龍仙的にはオークション、ショッピングなどは日用品までネットで済ませる傾向が高いので若干の不便はあっても、問題はないかと・・・

いつもの脱線しっぱなしで申し訳ないです。話を戻して、断捨離ですけど、今までの作品も含めて、駄作はすべてゴミ箱へベリベリポイしてます。

数年たって自分の作品を見ると、中には見るに堪えないものや、なんで良いと思ったかわからない普通の作品も多くなるわけで、その時の思い入れが薄れて行くに従って、見る目も客観的になってきます。

強もこれから、作品の切り裂き魔王になってきます。

・・・随分とダラダラブログを書いていないので、書けること一杯で超ダラダラですけど、今日はこの辺で・・・ではでは。

グッピーからお蕎麦へ

 久しぶりにくだらないマイブームネタです。

もう直ぐ1年になろうかという、めだかから始めた淡水水槽ブームですけど、グッピー水槽も落ち着き、繁殖もうまくいくようになって、今は水槽のメンテナンスと餌やりだけしてます。

だけと言いつつ、水槽のメンテナンスは意外と手間で結構な時間を要します。

平成最後のマイブームが落ち着いたところで浮上してきたのが「そば打ち」です。令和最初のマイブームは食べるの大好き「蕎麦」でございます。

以前から蕎麦は好物で、いろんなところで蕎麦を食べて、ウマいだのマズいだのと偉そうなことを言ってたんですけど、ついに蕎麦を作る(打つ)領域に足を踏み入れました。

その内蕎麦を栽培するのんじゃないかと自分でも心配してますが、当面はそば粉を買って蕎麦を打つのに専念してます。

てな感じで、目下蕎麦打ちに熱中していて、現在、十割蕎麦(江戸風)打ちを楽しんでいて、2日に1回はそばを打ってます。

ということは、ほぼ毎日、三食の中のどこかに蕎麦が入ってくるわけで、蕎麦好きにはこの上ない幸せな今日この頃です。自分で打った気持ちが入ってて、おいしいと思うのは否定はしませんが、やはり生蕎麦に勝るものはなしです。

ただ、とにかく、日持ちが悪いので、三日目を過ぎると冷蔵庫保存とはいえど、香りが変わってきます。なので、たくさん打たないことにしてます。大盛3人前の450gくらいですかねぇ…

打ち方はまだ安定していないので、レシピは後日ということにしますが、興味半分で参加したそば打ち体験会が完全に引き金になってます(笑)

でもって、気になるイニシャルコストは2万円くらいですかねぇ…

問題はランニングコストのほうです。

十割蕎麦の材料はというとそば粉、水(湯)、打ち粉とシンプルに3種類で水は水道水を沸かして使うので気になることはない程度のコストで、打ち粉もそこそこかかりますが、蕎麦本体のそば粉に比べると約半額で使う量も知れているので、やはり、そば粉の価格ということになります。

困ったことに、通販で買えるそば粉もピンキリで中国産は案の定激安、モンゴル産はそこそこ安、北米産は日本産よりは安いという程度です。ただ、蕎麦の風味を考えるとやはり国産にこだわってしまいますね。

国産物は1㎏パックで見てみると安くて1300円、高いものになると2000円を超えてきます。これに送料がかかるので、少しまとめ買いを強要されます。1㎏で約10人分なので、一食200円~300円かかりますね。市販の半生蕎麦とさほど変わりませんけど、自分の手で打つ喜びと、風味の良さは、比べ物になりませんね。

お店で手打ちのざるそば(盛りそば・蒸篭)を食べると平均1000円近くかかるので、お店の味が家で出せれば元は取れるのかなぁなんて都合よく考えてます。

今は修行中というか試行錯誤中なので、水茎会の口の悪いグルメさんたちは、強い味方です。マズいのは「マズっ」と一刀両断です(笑)

これから夏までは、蕎麦打ちと長野県現代書藝展の作品づくりで、楽しく過ごしたいですね。