第2回ヤフオク商品発送完了

土曜日にオークション終了にしていた第2回ヤフオク出品の品物を、昨日、発送完了しました。第1回に比べると随分早いです。応援の到着メッセージもいただいたりして、なんだか、ほんわか、しあわせです。

今日は火曜の第5週ということでアパート教室があるかもしれませんが、生徒さんはおそらく来ないので、蕎麦でも打とうかと…(笑) あっ、その前に長野の出品票書かないと(汗)の前に、まだ、字面も決めてないです(大汗)

それはさておき、断捨離放出と銘打ったヤフオクもなんだか半分本業みたいになってしまい、自分で勝手に忙しくやってます。来年度から高等教育の無償化で息子の大学の学費も随分と負担軽減されるので「頑張らない」がモットーの龍仙も、もう少々頑張ります。

ということで、お試しも含めて、オッカナビックリでやってたヤフーオークションに本番スイッチを入れようと思います。出品点数を少し増やして、ヤフオク宅急便コンパクトで送れない大型の硯や書道用の額縁も出品して本格的断捨離放出に入ります。で、大型の硯がどれくらいあるか引っ張り出してみたら、5㎏超が7面ありますね~とにかく重いです。どうやって送るのがベストか思案中です。

あと、断捨離はいいんですけど、少しは残しておきたいので、いいものを厳選して残しておこうと思います。あとは、骨董的なものも多いので、メンテナンスの時間が少しほしいですね。

その一方で、これからの取り組みとしては転売で稼げるかどうかですね。今は、自分が持っているものを放出していますが、新しく、硯などを仕入れて、少し手を加えて高く売れるかどうかです。世の中では転売商法などと持て囃(はや)して、メルカリなどでもよく見かけますし、ヤフオクでも無在庫チーム転売と思しきものも見かけます。特に龍仙が主に扱う中国文物の硯や印材はバイヤー含めて巻き込まれそうになります。

この際、ついでと言ってはなんですが、断捨離放出が終わったら所蔵品リストを作ろうかとも思ってます。思うのは勝手で随分先になりそうです(汗)

そうそう、全然関係ないですけど、マイデスクの前のペン立て時計、ついに壊れました。何度も勝手に再起動します(笑)。なので、電池を抜いて、時計じゃない面を手前に向けて、Amazonで新しい温湿度時計を手配しました。ここんところの暑さでスローダウンを強いられているので、室温管理と時計は見えやすいところ複数設置すべしです。「なんだか熱いなぁ…気温確認」「蒸し蒸しするなぁ…湿度確認」「教室出発まであと何分…時計確認」と自分の感覚を数字で確認するのには必須アイテムです。数字を見て暑くなったり、寒くなったりでは生きていけませんよ。あくまで自分の感覚を信じて数字を確認することが重要です。というか、なんか研究してるみたいですね(笑)

第2回ヤフオク出品結果

第1回は書道関連だけでしたが、今回の第2回は時計とか書道とは関係ないものも出品してみました。結果は完売です。第1回に続いて異様な落札率です。自分が想像していたものよりはるかに良くて、未だに何が良いのかわかってません(笑)

落札していただいた方々に感謝ですね。ありがとうございます。そうそう、ヤフーのIDはhirosayjpです。会社勤めをしていたころに作ったIDで主に社用で使っていたので、前職の会社名にJPがついています。もう20年くらい使ってますねぇ…

で、20年目にして初出品もどうかと思いますけど、手順も大分慣れてきて、売上金で梱包資材買ったり、あれこれで、発送にかかる時間が随分節約できるようになりました。今朝も落札品13点の内8点7梱包を近くのファミマに持ち込んで、少々レジを占領してました。

セブンイレブンとファミマとヤマト営業所の3つで比較すると、セブンイレブンは手続きに口頭のやり取りがあるので、ミスが発生しやすいのと人が多いので、大量持込だと迷惑がかかる。ヤマトは何かと融通は効くがネコピットが何か今一でQRコードの読み取りにちょっと熟練がいります。その点ファミマはファミポートで配達時間などを指定して、レシートみたいなのがでれー―ッと出てきたのをもって、レジで配送票を出してもらって箱に貼り付けて終了なので、レジでの時間が一番短くて済むんです。

本当はヤマトに集荷に来てほしいんですけど、ヤフオク限定の配送方法なので、集荷では無理でーすとあらかじめ断られてしまっています。

ヤフオクのスマホアプリを使えば、昔に比べて随分管理が楽ちんになってます。あと、最近良くも悪くも流行っている○○ペイのpaypayへ売上金を直接チャージできるのも龍仙的には便利です。

○○ペイもどこに収束していくのかまだわかりませんけど、置いていかれないように使ってみてます。今はペイペイのポイント大量付与攻勢でなんだか得した気分になってますけど、これから数年は○○ペイの行方を注目しておきたいところですね。

とちょっと話題がそれたので、元に戻して、第2回ヤフオク出品結果の続きですけど、第2回出品分は完売!で、気になる売り上げはというとなんと、10万円超えました。(パチパチぃー)

1点の落札額が5桁を越えたのが2つあって、実は時計が貢献してます。

ということで、今日もむし暑そうですけど、落札商品の支払い状況を見つつ、第3回出品の作業をしていきます。

実はオークション終了を待っている間に、画像は撮影済みなので、うちのテンプレにコメントなど入れて、流れ作業で出品していきます。今回は書道関連だけで、10点くらい予定してます。第2回ほど行かないと思いますけど、断捨離の一環なので、着実に出品していきます。

ちなみに、龍仙の出品時の送料は、基本出品者負担の送料無料で、コスト的にはヤフネコ!コンパクト便でヤマトへの支払いが全国一律380円(税込)、専用の箱が65円(税込)、ヤフネココンパクト専用内容物固定フィルムボードが70円で合計515円が最低でかかります。

宅急便コンパクト専用フィルム付き台紙 (取扱:LOHACO)

ヤフネコ!コンパクトの良いところは、安いのもさることながら、重量制限がないところです。専用の箱にないるものなら、鉄の塊でもイケるようです(笑)

ヤフオク!宅急便コンパクト専用ボックス(取扱:LOHACO)

あと、集荷をしてもらえない代わりに、ヤフーオークションに自動的に荷物の番号やら状況が反映されます。ちょっとタイムラグはありますけど、余計な仕事がない分とても便利です。

専用箱には入らない大きさのものは通常の梱包で60サイズで全国一律600円で送れます。80サイズは700円だったかな?これも全国一律は魅力的です。最近は荷物を送ると普通に1000円以上かかりますからねぇ…

そういえば、昨日グッピーが1匹茹で上がって☆になってました。水温はまさかの34度!そりゃ茹で上がるわなぁ…ごめんなさい。前回お天気の良い時に30度を超えていたので、水槽に直射日光が当たらないように遮光したんですけど、外部フィルターには遮光しておらず、ボディの黒が湯沸かしのように水温を上げていたみたいです。

とりあえず、保冷剤突っ込んで緊急対応し、サーキュレーターの風が水面に当たるよう、ガラスの蓋を撤去してます。蓋を撤去すると水のしぶきが上がるのと、脱走して干物になる奴が出てくるので、水位も少し下げてます。こんなんでこの夏を乗り切れるのだろうか???!!?

ということで、これから作業に入ります。

画像が悪いと喰いつきも悪い

またもや、オークションネタで申し訳ない。

今回の出品での反省は「画像が悪いと喰いつきも悪い」ってことです。今まで出品したオークションの品物はほぼすべて落札していただいているという、存外の経過ですけど、今回、硯の出品で画像の悪い(暗くて見えにくい)で2つ出品してみたところ、案の定喰いつきの悪さは最悪です。入札者もいないので、一旦出品を取り消して再度次回出品します。

それから、今回は大きな筆も出品してるんですけど、どうも、出品カテゴリーを間違えたようで、食いつきが悪いなぁと思いつつ、ただ、こちらは入札者が存在するので無下にオークション取り消しもできず、何か対策はないかということで、実行したのが多少のオプション料を払って、上位に表示してもらう方法を取りました。すると、効果は抜群でウォッチリスト、入札共に息を吹き返しています。

たかが、オークションですけど、たくさんの方に見ていただいて、多くの方に入札していただくためにはそれなりのノウハウもあるんだなぁと思った次第でございます。

てなことで、画像は大事!!という理屈に基づいて、机に非常設簡易スタジオを作成し撮影することにしました。証明はデスク上なので、篆刻の時に使う照明やら水槽用の使わなくなった照明やらをごちょごちょっとつけていい感じです。

後思いついたのは、売れそうもない商品はおまけでつけるか、セット販売で豪華に見せるかどちらかで断捨離販売していこうと思ってます。あとは、オークションに出ているコ汚い商品で手入れすれば売れるかもってのを安く落札して高く売るいわゆる「ネット転売商法」も少し手掛けてみようかと思います。

すでに、ピカピカの品物は転売しても利益はほぼ出ないので、そこはひと工夫必要です。低額入札で放置して落札できればラッキーぐらいでやるのもいいかと思います。ただ、中国人がオークションにはたくさん暗躍しているので、取引には注意が必要です。

自分たちが損しないように数人でサークルを作って1円出品し入札者が出たら出品者じゃない別のサークルメンバーが入札して売れそうな金額まで吊り上げるといったことをしている輩(やから)がいますねぇー(憶測)。こういった人たち国際郵便制度の盲点をついて、中国発送で安く送料を抑えて利益を稼ごうとします。出品は日本国内発送は海外というパターンが多いです。なので、海外からの発想には十分注意が必要です。届くまでに10日は優にかかります。

今のところ中国人とのトラブルはないので、大半の方は問題ない方々なのでしょうが、書道はとかく中国系統の文物が多く、お国柄で、強引に主張する方も多いので、負けないように日本人らしくないはっきりモノを言うこともオークションでは必要です。

あと、お決まりのナイジェリア詐欺もやってきます。

ナイジェリア詐欺とは、オークションに出ている商品を高額で買い取るので、直接取引してくれないかというメッセージを送ってきて、言葉巧みに商品だけ先送りにさせて、代金払わずトンズラするという詐欺です。

龍仙のところには、4件来ましたね。対応方法はというと。

「直接取引は致しません。」とはっきり断るだけです(笑)

英語などでも来るので、その時は「英語はわからないので日本語でお願いします。」と返事します。

機械翻訳っぽい日本語の時は特にはっきりと明快に 「直接取引は致しません。」 と断るべしですね。ヤフーオークションの規定でも直接取引は禁止になっています。というか、理由は簡単で直接取引じゃぁヤフーが儲からないからです。

龍仙は規則順守の真面目な日本人なので、ルールは守らせていただいてます。誰もいない交差点の赤信号を渡ったりはしません。

今日は朝一で長野県現代書藝展学生展の出品の段取りをして、夕方から学生展じゃない方の出品券とりまとめ作業を水茎会で行います。蕎麦打ちはどうしよっかなぁ…時間的には余裕であるんだけどなぁ…

結構大変ヤフーオークション

断捨離の一環でヤフオクを始めて、出品作業はようやく手順が安定してきたんですけど、落札品の配送が結構大変です。初回のオークション出品はおかげさまで落札率92%の大成功で、思いのほか梱包や発送手続きで、我が家付近にある3つの受付セブンイレブン、ファミマ、ヤマトの営業所のどこから発送するのが良いのかを見極めるのに右往左往してみたり、落札品持込からヤフオクのシステムへの反映までのタイムラグでやきもきするやら、慣れるまでもうしばらくかかりそうです。

落札者のクオリティの違いが結構あったりして、落札者の負担にならないよう配慮するのが思ったより難しいですね。龍仙は基本ビビりなので、失敗をしないよう最善を尽くそうとして自爆するんですけど、今回の人生初体験は自爆する間もなく何とか進んでます。

初回落札者分の発送はあと1件を残すのみで、落札者からの支払い手続き待ちで止まっていて、最初の催促はかけたんですけど、次の催促のタイミングを見計らっているところです。

気になる売り上げはというと、4万5千円くらいです。そこからシステム利用料と送料、梱包資材などもろもろ差し引くと大体2割減の3万円後半くらいですね。

まぁ売上といっても、断捨離処分で捨ててしまうには惜しい品物ばかりなので、赤字にならなきゃOKってところです。

ただいま第2弾開催中です。

大きな筆も新たに出品しました。

全長約60cmです詳しくはヤフオク

今日は午後からメルパルク教室です。雨は上がったので足もとは良くなりましたけど、湿度が超高いのであまり気持ちよくはないですね。連日の雨で、水やりがない代わりに、野菜の病気やら、トマトの実が裂けるやら、日照不足でキュウリの成長が悪いやらで降り過ぎも考えもんです。

あとは、荷物の送り間違いがないか、ドキドキしてます(笑)

出張は15000歩超

昨日は東京出張で今ホテルで出発の準備完了ででろってます。

で昨日は、歩きに歩いて15000歩超!

東京駅〉国立新美術館〉ミッドタウン〉交通会館〉芝ホテル〉2次会〉ホテルという経路で東京での龍仙の趣味である電車の乗り換え三昧です。

楽しかったのは言うまでもないんですけど、歩きましたねぇ。東京の電車はオリンピックパラリンピックに向けてわかりやすい工夫がされてますけど、路線数の多さは複雑にならざるを得ませんネェ。

も少ししたら都美に出かけて、昼には帰路につきます。

冷たいシャワー 今日明日は東京

昨日無事終了した人生初のヤフオク出品は予想の売り上げを大幅に上回り12点出品11点落札して頂きました。

売れ残ったのは、案の定、小さい紫檀の飾り台でした。硯と印材はお見事の完売です。既に一つ発送済みですけど、残り10個は火曜日発送予定です。

何で火曜日かというと、今日明日と東京出張なんです。御用はというと毎日書道展の観覧と懇親会への出席です。

で、今新幹線中で広島の災害警告メール受けてます。入力中にポップアップしてくれるので、なかなかの優れもの警告メールです。

ヤフオク出品は何が良かったのかイマイチ分かってないですけど、第2弾は専門外の時計2つ、専門内は硯印材は出すとして、墨と額はどうしようかと思案中です。

多分当分出品は続きます。

夕べは、遅くまで梱包作業してシャワーでも浴びようかと風呂場に行ったら、温水器故障のようで、冷水で頭だけに洗いました。

ヤフオク初出品ドキドキで順調

今週の初めに人生初のヤフーオークション出品を成し遂げた(大袈裟)わけですが、12点出品で9点入札があり、極めて順調です。自分がよくやる検索条件で検索してもトップには表示されない(コストをかけてない)のに、皆さんとても根気よく探されているようで、入札率は驚異の75%!!

送料無料でヤフネコ!コンパクトで発送可能なものは1000円スタート、通常の宅急便かゆうパックでないと送れないものは1500円以上スタートで設定しています。現状はこんな感じ

明日の8時あたりでとりあえず第一陣は終了となります。

オークションサイトはこちら

今回の出品は印材飾り台1点、印材5点、小さい硯6点の12点です。印材飾り台は物は良いのですが、需要がほぼないので、よほどのコレクターか趣味人でないと入札はないだろうと思っていたその通りで入札していただけていませんね。

未入札の残り2点は、裏が気持ちの悪い緑端と、写真写りの悪い芙蓉石の印材です。どちらも質は悪くないと思うんですけど、見た目の問題ではないかと…

新しいことを始めると、無駄にドキドキしますね。ドキドキしている原因はもう一つあって、クレーマーっぽい落札者はいないかとか、ちゃんと送れるかとか、不安は尽きませんけど、やってみないとわからないことも多いので、この際教えてもらうつもりでやってみてます。

ちなみにヤフーオークションの落札歴は随分と長く落札での評価は現在270全て非常に良いなので、出品で汚点を作らないよう気を付けないといけませんね。目下の不安は終了日時の設定ミスです。

オークション終了は前述のように 明日20日の8時あたりですが、発送などの作業が始まるであろう21日は、東京出張で22日の深夜に帰ってくるんです。ということは発送業務は23日以降になるので、その点のお詫びを最初にしておかないといけない感じがします。

おまけに、同梱となると、余計にお知らせごとが増えてしまいます。スムーズに取引が完了するまで気が抜けませんね。まぁ慣れればドってことはないとは思いますけど、まだまだ慣れには程遠いのでお勉強です。

今後はというと、印材は今までに収集したものが200個近くあるので、順次放出していきます。硯も実際に使っていないもので鑑賞2番手のものや、大きくて持ち運びが大変な硯を放出していきます。墨も未使用で霧箱入りの国内でよくよくねかせてあるものが結構あるので、これも放出対象です。もう一つ作品が張り付けてありますけど、作品ではなく実は額を売るという荒業に挑戦しようと思っています(笑)。あとは、海外旅行の際の雑貨類を数はないですけど放出予定です。

で、今日は、夕方に岩国教室です。夕方といっても小2時間かかるショートトリップなので、雨が降っているのを考慮して3時過ぎには出かける予定です。

鹿児島産新そばは置いといて…

連日蕎麦打ち修行に励んでいる龍仙ですが、とりあえず新そば粉を打つときの水分は1割見当少な目から様子見ということが分かったので、一番最初に練習で打った日本企業指導で内モンゴル産のお安いそば粉で十割蕎麦打ってみました。

しかもいつもの倍量打ちです。倍量といっても600gくらいなので、1㎏打ちまでは延しの修行が不足してます。

で、出来はというと、程よく十割で打てて、茹で切れも起こってません。今日のお昼も一人でこっそり(笑)大盛を頂きました。鹿児島産に比べると、若干のど越しが悪いですけど、まずまずの出来栄えです。

多めに打つと2日は蕎麦が主食になります。龍仙的には飽きもせずというより、願ったり叶ったりなので、母には悪いなぁと思いつつも、3日に一回くらい蕎麦の押し売りをしてます。

でもって、一昨日から始めたヤフーオークションの出品ですけど、硯と印材で12点ほど出品して様子見してます。現状はというと入札があったのが半数の6点、閲覧もウォッチリスト登録もまずまずといったとことです。

土曜日の8時台に12点とりあえずの終了時間を迎えますので、果報は寝て待て!!ということですね。10000円くらいにはなりそうです。

ただ、今日ふと疑問に思ったのは、オークションの売上は何所得??ということです。基本的には動産譲渡なので譲渡所得の対象なんですけど、日用品の売却、生活不用品の売却なら、課税なし=申告無しでOKのようですが、龍仙がオークションに出品しているのはいわゆる骨董、美術品の類で、これには該当しません。

一方で骨董、美術品で1点(組)の売却代金が30万円以上なら、譲渡所得として必ず申告すべしということなのですが、これにも該当しない。

譲渡所得としての非課税枠50万円の範囲内であれば申告するけど課税は無しということになるらしいのですが、50万円超えるかどうかも不明、もしかしたら 売却合計が超えるかもしれない。

といろいろ調べていくうちに、「これって、個人所有物の譲渡で事業用資産の売却じゃないよねぇ??」ということに気づいてしまい、美術品、骨董品の売却以前に事業資産の売却なんじゃないかと…ってぇことは普通に売上計上&かかった費用は仕入計上でいいってことのようです。

ただ、同じオークション内で、パンツを売ったり園芸用品を売ったりするのは事業外譲渡所得で別管理しないといけないわけで、おまけにヤフーオークションの決済はほぼペイペイに移行するようで、オークションの売却代金やシステム利用料を管理するヤフーウォレットの残高管理もせにゃならんということで、経理的には随分と面倒なことになりそうです。

ということで、経理の勘定科目の補助科目追加が5つです。間違わないようにしないといけませんね。きちんとやらないと税務署の格好の餌食になります。

慣れるまでしばし慎重にやります。

今日は午前中の川柳教室で教室は終了、午後は暑さに負けてエアコンとつけて2F の自分の部屋であれこれしたり、水槽の温度が上がらないようひと工夫したり、夕方は水やり&キュウリの初物収穫で、仏壇に河童神社よろしくキュウリの初物が上がってます(笑)

久しぶりの青空に初蝉

今日は海の日で教室はお休みです。空は青空で雲は高くて秋の空みたいです。長雨後の晴れなので、今日は蒸し暑くなりそうです。

蒸し暑さを強調してくれるのが、初蝉の鳴き声です。ジーージーーと鳴いているので、アブラゼミですね。あの茶色い迷彩柄のヤツです。龍仙が子供の頃は専らアブラとミンミンでしたけど、最近はクマを多く見かけるようになりました。ニーニーやヒグラシが鳴き始めるといよいよ季節替わりだと思ってましたけど、最近そうでもないようで、季節の移り変わりを自然から読み取るのもなかなか難儀になってきました。

今朝は蕎麦打ち修行はせず、ちょっとほったらかし気味の野菜小畑に虫よけの木柵希釈液と発育促進剤の混合スプレーを念入りに丁寧に散布しました。

虫がつくのは主に、小松菜とチンゲン菜ですね。キュウリは長雨でうどん粉病になりかけてました。こちらは葉を食べるわけではないので、消毒薬を散布しました。

これから8月にかけては種まきするものが少なくなるので、畑を少し休ませようかとも思ってます。連作障害が起きないよう用心して畝ごとにローテーションしているのですが、それでも、土がくたびれるわけで、施肥と堆肥投入で土の復活も必要ですもんね。

そうそう、薬剤撒布用の蓄圧式スプレー(4L)が一つ壊れてました。加圧したまま放置していたので、ねじ込み部分に亀裂が走って蓄圧不能になってました。

書道サイトのブログとは思えない園芸ネタ三昧になってますね。

7月に入ってからは専ら蕎麦打ち修行の時間が多いのと、発見することが多いので、ついつい、蕎麦ネタも多くなり書道ネタ飢餓状態の読者もいらっしゃるのではないかと思いつつ、隠れて、いろいろ臨書してます。

いつしてるかというと、教室の指導の合間を見て、こまめに臨書してます。臨書嫌いの龍仙がなぜ臨書をマメにしているかというと、古城園水茎会で臨書の見本を書かないといけないのと、日展に出品の暴挙に当たり、傾向分析の結果、古法帖の臭いがないと入選すらままならないと分析したからでもあります。

現在の臨書は、于右任と王義之の尺牘です。現代に近いものと、古来より良いとされているものをわざと並行でやってます。並行でやる理由は頭と、手をいじめるためです。ただ、于右任を臨書していると栗原蘆水の亡霊が手に移りそうになり「やばい」とおもったら、王義之に切り替えてます。

師匠が他界して早1年を超え、書作品の引き出しが枯渇しないよう自分なりの新しい引き出しを作りながら、今までの引き出しにも新しい技術なり書風なりを補充していかないと「最近進歩がないね!?」と言われてしまいそうです。

今までの書で「龍仙流」が一つはあるような気がしますが、一つではさみしいので、もう少しバリエーションを身に着けたい。そのために、いろんな展覧会に出して、その展覧会の傾向に似せて書く修行もアリかなぁなんて思ってます。ただ、出品料もかかるので、折り合いをつけながら出品していこうと思います。

ということで、手始めは、長野の他部門への2点目出品と日展出品ですね。

十割蕎麦細麺バージョンに挑戦

昨日そばを打ってまだ1人分あるにもかかわらず、今朝は北海道産そば粉の残りの粉の分量から加水量を割り出して、素麺まではいかないですけど、十割で細麺を打ってみようということで修行に励みました。

結果からいうと、大成功!!

実は先日受講した蕎麦打ち体験の先生が出してくれたのが、二八の細麺で、のど越し抜群の江戸蕎麦だったので、ちょっと細麺にチャレンジしてみたかったんです。細麺にするには、いつもより薄く延さないといけないので、捏ねの時の玉の緩さ硬さが重要です。いつもよりほんの少し緩めと言っても、勘に頼るしかなく粉重量の約半量やや少なめのお湯を準備して、最後は洗浄瓶から湯冷ましの水を加えながらまとめるタイミングを見計らいます。

慎重にやり過ぎると、水分が飛んでいくので、加水量は時間も見ながら、手の感触を最大限に研ぎ澄ましてやらないとうまくいきませんね。ちなみに洗浄瓶で加水するときは龍仙の場合は一押しで概ね5㏄です。口が細いので、水回しの時間が短縮できます。

てな感じで、ほぼ毎日のようにそばを打っている龍仙ですが、今日でそば粉も5袋目終了=5㎏=50人前を打っている計算になります。そんなに打ったかなぁというのが正直な感想ですけど、準備、蕎麦打ち、片付けの要領も良くなり準備から片づけ終わるのに1時間かからなくなりました。

それで、アパート書道教室の冷蔵庫はそば粉がいっぱいあります(笑)6㎏あります。鹿児島産新そば、モンゴル2種、アメリカと日本のミックスです。明日福島県産が届くので8㎏になりますね。

それにしても、毎日食べても飽きの来ない、マイ手打ちそばです。

来週は選挙投票の日に東京出張なのですが、この連休は時に大きな行事もなく、篆刻の注残消化と、印材磨き、オークションの出品準備なんぞをやろうと思ってます。