長野県現代書藝展の審査会に行ってきました。

9月8日から10日までの3日で長野県現代書藝展の審査会に水茎会のメンバー3人と一緒に行ってきました。

初日、中央本線の中津川―木曽福島間でまさかの人身事故発生の情報で、これは、トラブル発生かと思いきや、名古屋駅で待っていたのは定刻出発のしなの9号長野行きでした(笑)前の2本は運休したようでした。

木曽福島に到着したら、今度はレンタカー借りてひとしきり木曽谷道の駅巡りしました。木曽漆器の上等なものがいいお値段で展示してあったりで、ほしいなぁと思いつつも、木曽谷の蕎麦たちを買っていました。

蕎麦大好きなので、都合、7種類買いました(汗)が、お蔭で帰りの荷物は何とも言えない重量感、キャスターが突っかかって仕方なかったです。

都合4件の道の駅に寄って、権兵衛トンネルを抜けて伊那谷へ毎年の見慣れた風景にちょっとばかりの安堵感を覚えつつ、宿泊と宴会のあるホテルへ向かいました。

ホテルに着くと、ほかの先生方はもうすでに到着されていて、広島チームは最後でした。宴会はいつもながらの楽しい宴会でそれぞれに会話を楽しみながら、さらに仲良くさせてもらいました。竹本先生の話題はさほど出ず、不祝儀の挨拶もそこそこに、「藤井さん後はよろしく頼むよ」と頼まれるばかりで、やるしかないなぁなんて改めて思いを巡らせました。

翌日は審査会で、ほぼ一日中審査会場に缶詰で、龍仙はインターネットに上げる題材集めでビデオ撮影してました。撮影していると、漢字部の審査が始まり撮影場所を移動して漢字部の会場へ行ったところ、竹本先生の名代で「撮影が大丈夫なら審査もお願い」ということで、撮影しつつ、審査の白手袋借りて、審査挙手をさせてもらいました。

一般公募では絹谷さんと島田さんが秀作賞に入りました。

午前は公募審査のみで、午後は田宮文平先生の単独審査による学生部と委嘱会員と審査会員の審査で、広島チームから田宮文平賞が出ました。自分ではないですけど、とても嬉しかったですね。清水蘭舟さんおめでとうございます。11月の授賞式でもう一度長野行きですね。うらやましい。

審査終了後は少しホテルで休んで、審査会の打ち上げで、これまたにぎやかに過ごしました。前回は田宮先生の右に座らせてもらいましたが、今回はご招待の毎日書道会の西村常務理事の正面に座らせてもらい、くだらない話も含めて、少し覚えてもらった気がします。その後は、重要ポストの先生方のところへ行っては褒められたり、叱咤激励されたりで、とても実のある打ち上げでした。

偉い先生方は、そのあと、諏訪野町へ繰り出すようでしたが、広島チームはすでに、くたびれていたので、ホテルへ直行!の前にコンビニ寄って飲み物などを買ってさっさと寝ました。あっ寝る前にヤフーオークションの落札作業をしました。

翌朝は朝6時半に朝食を取り、さっさとホテルを後にして、いけなかった道の駅へレッツゴーしました。久しぶりにナビを頼ってしまい、あっちが近いような気がするんだけどなぁと思いつつ、ナビ通りに行くと朝の通勤時間帯ということもあって、まぁくねくねと曲がらされました(笑)

目的地に着くと案の定まだやってないということで、高遠城はここなのねと横目で見つつ、帰りは、ナビに頼らず龍仙の犬運転で「夜明け前」の酒蔵、小野酒造向かいました。上手く発見するも、少々遅くて通過してしまい、ファミマでUターンして、10mほど折り返しで到着。龍仙はお酒買わないので、高岡、清水の両名は結構宅配を頼んでました(笑)

帰り際に酒かす御豆を頂き、今度は塩尻経由で木曽福島へ。

木曽谷に入ると、パラパラと雨が降ってましたが、さほどひどくもなく、

疲れたけど楽しかったなぁと話をしながらも、この2日間で食べ過ぎということもあり、昼ご飯は各自コンビニで済ませましょうということになり、コンビニに寄りました。問題はその後です。この前広島で降ったような瀧雨に打たれ、木曽福島駅に到着した時にはピークで荷物を降ろすだけでじゅっぽり濡れてしまい、濡れたままで、駅横のレンタカー屋さんに車を返して、さらにずぶ濡れ(笑)

雨男藤井と雨女高岡は健在でした(笑)

てな感じで無事広島に到着し、メダカとエビちゃんの様子を見つつ、荷物を開いて、事後整理して寝ました。

今回の長野は竹本先生が亡くなってから、初めての審査会でしたが、長野の方も他の遠方の先生方も、随分と気を使っていただきありがとうございました。

他の社中もご多分に漏れず世代交代の時期が迫っているようですけど、水茎会としては、これからも、続けられるだけ続けようと改めて思った次第です。

毎日展ウィーク終了&メダカのその後

先週火曜から日曜までの会期で毎日書道展中国展が開催されました。おかげさまで多くの観覧者にお越しいただき誠にありがとうございました。

今回は70回展ですが、師の年齢と同じ回数なので、少し思い入れがあります。龍仙的には今年は初の陳列部副部長(別名班長)とイベント担当の2役を頂き、何とかこなすことができて、一安心しているところです。

今回の初めての出来事といえば、イベント時の揮毫、イベント時の小講習、撤収作業、打ち上げの4つです。いろいろと仕事をさせていただけるので、書道とは別のお勉強をいろいろとさせていただけて、この年にして、少し成長させてもらってる気がします。

でもって、昨日から平常運転に戻ったわけですけど、日曜日を仕事でとられたので、ちょっと気怠いですね。とは言え、稼がないといけないので、教室は真面目にやってます。明日は午前中、川柳教室で、午後は緑井4丁目(通称アパート教室)です。

話は変わって、1週間前に室内に水槽を設置してメダカを泳がせてますけど、なかなか、水質が落ち着きませんねぇ…特に白く濁るのは未だすっきり取れてません。現在は濾過バクテリアと菌着床用の石のような岩石のようなものを投入して様子を見ています。

昨日よりは多少今日のほうがきれいになってる気がしますが、気がするだけかもしれません(笑)

てなことで、園芸の時同様、いろいろと初期投資でほぼ1万円使ってしまいました。たかがメダカですけど、息子が息子が来年から大学に行く予定なので、お金はかかるが、手はかからないということで、お父さんとしては、も少し手のかかる生き物がほしくなっているのかもしれません。

息子で思い出しましたけど、指定校推薦が取れました。大学名他は息子のプライバシーに配慮してここには書きませんが、地元私立大学です。私の時は指定校推薦などという制度はなく、今でいう一般入試とスポーツ推薦くらいでした。

一応指定校推薦の入試というものはありますけど、国語と小論文だけで、白紙で出すとか、当日欠席するとかがなければ、ほぼ、合格確定と聞いているので、合格発表までヘマしないよう厳重指導です(笑)

で、ここ最近というか秋が近づいてくると篆刻受注が増えてきます。昨年ほどではないですけど、今年もぼつぼつ注文を頂いています。ありがとうございます。

今日はこの後少し休んでから、動きます。

長野県現代書藝展の練成会終了で、筋肉痛?!

一昨日の山の日に、現代書道水茎会では長野県現代書藝展の出品練成会に参加しました。参加というよりほぼ主催者状態で、いろいろな段取りは龍仙の担当です。

いつも使っている集会所なので、勝手は心得てるんですけど、自分の作品も書かないといけない&事務手続きもしないといけない。ということで、ほかの参加者より書く枚数は少なめです。作品制作風景はこんな感じ

緑井集会所大ホールの端っこで作品制作 実は気晴らしで全く違う書体で書いてる最中です。

現代書道水茎会では書道展の出品の前にほぼ毎回、練成会をやってます。以前は持ち寄り作品を選んでただけでしたけど、やはり練成会をやると周囲に触発もされて、作品のグレードが上がるので、今は、毎回実施してます。

だいたい13時から20時の7時間ほど書くわけですけど、各自自分のペースで書いては、他人の批評に回ったり、壁に貼り付けて、みんなで投票してみたり、師が亡くなった後でも、楽しくやってます。

師が存命の頃は、絶対判断基準が師の基準だったので、何ら考えることなく、見せては書き直しで良かったですけど、今は書き直しては貼ってみて、他の会員の目を通してみる。とかく自分ではよくわからないことが多いし、自分の思い入れは客観性を危うくしてしまいます。

なので、水茎会の練成会は今年から互評方式です。その点水茎会の会員さんは遠慮なしなので、助かってます。

でもって、

昨日は、練成会の疲れや、この夏の暑さの疲れを癒すために、一日中エアコンの中で何をするでもなく、篆刻の印材を整えてました。それ以外は、だーらだーらを過ごして、久しぶりに昼寝をしました。それも午後ほぼ一杯の5時間昼寝です(汗)

昼寝から起きてトイレに行こうと立ち上がってみると、両足大腿筋から足の裏まで、ほぼ全体が筋肉痛ということで、転げないように、漏らさないように、階段を慎重に下りて用を足しました。

そんな、無理な体制で書いてるはずはないんですけど、なぜか、目いっぱいの筋肉痛!翌日出るということは、若返ったのか、はたまた、よほど酷使していたのか今となっては不明ですけど、随分と知らないうちに負荷がかかっていたようです。

で、完成作品はできませんでしたけど、これから、なんか完成させると面白くなりそうな書体を編み出して、喜んでます。今は、なんか行けそうだけど、未完成の感じがありありで、良い作品ではないですけど、面白い目を引く作品にはなりました。今年の作品では、文部科学大臣賞は無理ですね。面白さだけでは大臣賞は無理です。

技術的な問題はないんですけど、作品の品の良さがまだできてなくて、自己主張をし過ぎなので、たぶん1次選考にもかからないと思います(笑)

ということで、今日は篆刻を4本仕上げました。プロテクターなしだと右親指が辛いので、右はキツメ、左はユルメで両手にプロテクターして彫ってます。

今日はこれで終了ですね。

幾分、涼しい朝

今朝は久しぶりに朝の気温が25度を切ってます。とは言え、体感はもう少し高いような気もしますが、先週からの猛暑の朝に比べれば、随分と涼しくなってます。と言っているうちに、ぐんぐんと気温は上昇してますね。今日も暑いんだろうなぁ…

さてさて、今週末は土曜の教室がない代わりに長野展の練成会があります。

場所は例によって緑井集会所の大ホールです。

今回は漢字で出そうということで、漢字作品を書くんですけど、そこはほれ、長野に出すわけで、普通に書いては申し訳ないということで、2✕8に2行で28文字というへんてこにチャレンジします。

構想はもうできているので、あとは楽しく書くだけです。

師匠が亡くなって初めての長野展で、師匠お得意の正統派漢字からは少し外れますけど、いつものごとく何をやっても許してもらえるものと勝手に思い込んでます。そうは言っても、これからは新しさもさることながら、気品というか、美しさというか、クオリティというか、新しくともいい作品を書いていかないといけません。

ちょっとばかしプレッシャーにはなりますけど、誰も止めてくれない(笑)ので、自制装置を作っていかないといけませんね。

今日は昼からメルパルク教室です。

暑いので、夏休みを取られる生徒さんも多いので、人数の期待はできませんけど、ぼつぼつ行ってきます。

それまでは、篆刻の印稿を考えます。

メダカが生まれた。ちっこい(笑)


今朝は台風接近ということで、
久しぶりの雨です。
台風的な暴風雨ではないですけど、
水やりしなくてよいので、
ほっと一息ついてます。

1週間以上雨らしい雨が降ってなかったですからね~

今回の台風は都市伝説級のへんてこ進路で、
関東から九州へ抜けるという、
50数年生きていて初めての進路です。

それほど日本付近に居座っている高気圧が
強いってことなんでしょうけど、
ここ数年、初めての体験が多くて、
今更の初体験は困りもんです。

これからは過去の経験に基づいて…
などという想定外という言い訳が増えてくるんでしょうね。
かといって、最悪に備えるインフラ整備は予算的に不可能なわけで、
国家100年の計ではないですが、
地道にやるしかないんでしょうね。

で、今朝のトピックは
メダカのおこちゃまが孵化してました。
色的に黒メダカっぽいです。
この前もらったメダカには
赤メス、黒メス、背銀筋オス、普通オスメス数匹、桃色オスの5種類で、
繁殖させる予定ではなかったんですけど、
メスが、卵を尻びれのところにくっつけて泳いでいるのを見ると、
なんか、繁殖させてみよっかな?的な
完全な興味半分で浮かせる赤ちゃんメダカ用バスケットと、
卵採取用の浮草もどきを買ってみました。
買って、浮かせた翌日から、
浮草もどきに産卵するようになり、
産卵した卵を採取する道具がないので、
手で、優しくつまんで、
浮きバスケットの中へ移して数日経った今朝、
最初のそれはそれはちっこいメダカが生まれてくれました。

我が家で、生き物をしだてることに興味があるのは
龍仙だけなので、勢い、
龍仙がすべての世話をしなきゃならんわけですけど、
育てるときの最大の喜びといえば、
植物は芽吹きと収穫、
動く生き物なら生命誕生
です。

メダカは犬や猫のようになつくことはないですけど、
人影が見えると、浮いてきて餌を待つくらいにはなります。
それだけでも、かわいいですけど、
1cmに満たない、赤ちゃんメダカは
なんか愛おしくなります。

生まれて2,3日は
卵の栄養で成長するそうですが、
なんか、赤ちゃんメダカ用のえさをやってみたくなって、
試しに少し、餌を浮かせてみましたが、
やはり、無反応(笑)
元気に泳ぎ回ってます。

卵採取するようになってから、
まだ4日くらいなので、
孵化に約10日(250℃日)かかるのを考えると、
右記バスケットに入れている、
以前からあった、水草についていた卵からの
孵化なのかなぁなんて思ってます。
ただ、ここ数日は気温も水温も高かったので、
時間短縮孵化したのかもしれませんけど、
可能性は低いです。

右記バスケットを設置する前は、
水草に産卵しても、
腐ったり、無精卵だったりで、
白くなってしまうのが多かったですけど、
浮き水草と浮きバスケットにしてからは、
採卵してバスケット内に移しても、
白くなる卵はグーンと減りました。

ちなみに、今は、
一日10個くらい卵を採取してます。
稚メダカも1cm越えたら、バスケットから出してやろうと思ってます。
稚メダカが順調に大きくなることを祈るばかりです。

ということで、
ただいま台風接近中というか、
ほぼビンゴしてるんじゃないかと思いますが、
今回は避難しなくてもよさそうです。

そうそう、
締め切り間近の長野県現代書藝展ですけど、
今回は師匠追悼の意味を込めて、
できるだけ漢字部門での出品をしようということになり、
龍仙もかなり久しぶりの漢字部出品にしました。

唯の漢字作品じゃ面白くないということで、
今年も一捻りします(笑)
実は昨日その作品の準備をしました。
後は書くだけです。
上手く書けるかなぁ…

ちなみに、
毎日アートサロンは17名全員に書き直し要請がかかり、
8月20日までに書道芸術院に送らないといけないので、
長野が片付いたら、1週間で書き上げます。

昨日は月曜メンバーたくさん出席




龍仙の教室で、特に大人の方は、
毎回2000円の来た時払いの方がほとんどなので、
みなさん自分のペースで休みを決めて
来ていただいてます。

時にはだーーれも来ないということも、
年に1、2回はありますけど、
ありがたいことに、入れ代わり立ち代わり、
どなたかがいらっしゃいます。
お越しいただいている方に感謝でございます。

で昨日の古城園教室はいつになく、
机が埋まるくらいお越しいただき、
龍仙のお財布も満足してました。
今後ともよろしくお願いします。

昨日の教室の内容はというと、
軸装用の近代詩、漢字半紙、粘葉本和漢朗詠の漢字部分、
梅雪かな帖、実用書道と
大きいものはないですけど、
欲もこれだけばらばらになってるもんだと、
吾ながら感心しつつ、
心の底では、もっと勉強しないとまずいかも(汗)
と、こっそり思っている今日この頃です。

入門レベルならドってことはないですけど、
生徒さんも徐々に上手になってくるので、
その腕と目にかなう手本をその場速攻で書くのは
なかなか、度胸と修練がいりますね。

龍仙の場合は、
「次、なんにします?」から始まって、
その場で次の課題を決めていき、
その場で手本を書いていきます。
しかも、生徒の道具を使って、
生徒の座っていた場所に座って
目の前で、用筆の解説をしゃべりながら
手本を書きます。

最初は解説しながらなんてできませんでしたけど、
今は平気です。
やればできるもんです。

今朝の体重報告です。
今朝の体重は63.6㎏で変化なし(笑)です。
汗な停滞期ですね。
出口が見えるまでは、
いつもと同じように、
カロリー制限意識を持ち続けます。

ダイエット食というか、
白米がない食生活に慣れてしまって、
殊更に白米が欲しくなくなりました。
禁煙と似たような感じですね。
ある種の白米中毒だったのかもしれません。

4日前から始めている、
イヌリン10g摂取ですけど、
とにかくガスがよく出ます(笑)
日本語で言うと「屁」とか「おなら」と言います。
教室で出そうになった時は
少し慌てますけど、
おなかが痛くなることはないので、
今のところやり過ごしてます。

そのうちガス量も少なくなるとは書いてありましたけど、
気休めかもしれませんね。
信じる者は救われるということで、
こういうことは能天気第一主義の龍仙です。

ダイエット経過時系列報告(朝体重)
ピーク 4月16日 71.2㎏
1日目 4月17日 70.6㎏(-0.6)(約200kcal)蒟蒻畑3個、特製悪魔スープ
2日目 4月18日 69.7㎏(-0.9)(約150kcal)蒟蒻畑2個、特製悪魔スープ
3日目 4月19日 68.5㎏(-1.2)(約250kcal)アミノサプリ2本、蒟蒻畑1個、特製悪魔スープ、教室あり、スクワット多め
4日目 4月20日 68.4㎏(-0.1)(約300kcal)饅頭一個、パン一個、こんにゃくやきそば2、特製スープ、岩国教室
5日目 4月21日 68.5㎏(+0.1)(約250kcal)教室3つ、ミートソース蒟蒻、こんにゃく焼きそば、饅頭1個
6日目 4月22日 68.6㎏(+0.1)(約800kcal)パン1個、ざるそば、ケーキセット、刺身蒟蒻1玉
7日目 4月23日 67.8㎏(-0.8)(約150kcal)お餅1個、刺身蒟蒻1玉
8日目 4月24日 67.9㎏(+0.1)(約450kcal)サンドイッチ、刺身蒟蒻1玉、饅頭1個、高菜煮、ブラックアイス、揚げ菓子少々
9日目 4月25日 67.7㎏(-0.2)(約450kcal)温野菜、野菜入蒟蒻焼きそば、パン1個、野菜の煮物
10日目 4月26日 68.0㎏(+0.3)(約450kcal)たらこ蒟蒻パスタ、饅頭1個、刺身蒟蒻小2個、野菜の煮物、茶菓子
11日目 4月27日 67.3㎏(-0.7)(約650kcal)はっさく大福1個、焼肉丼(半めし)、蒟蒻玉小1個、卵パン1個、揚げ菓子少々
12日目 4月28日 67.2kg(-0.1)(約320kcal)おにぎり1個、なます少々、悪魔スープ、卵パン1個
13日目 4月29日 67.7㎏(+0.5)(約900kcal)牛丼、ビスケット3枚、桜餅1個、刺身蒟蒻中玉3個、小アイス
14日目 4月30日 67.3㎏(-0.4)(約450kcal)白和え、アスパラサラダ、蒟蒻中玉2個、駄菓子、卵
15日目 5月1日  67.6㎏(+0.3)(約550kcal)蒟蒻小玉2個、スコーン一袋、ヤマメ3匹、なます多め
16日目 5月2日  67.4㎏(―0.2)(約1150kcal)あんパン、、ヤマメ2匹、スコーン、駄菓子、刺身蒟蒻、葉野菜、クリームコロッケ2個
17日目 5月3日  67.1kg(-0.3)(約700kcal)天ざる、甘いコーヒー、枝豆蒟蒻、カニコロッケ1個、豆ごはん少々、葉物サラダ小ボール
18日目 5月4日  67.7kg(+0.6)(約400kcal)枝豆蒟蒻2丁、豆ご飯少々、サヤエンドウ、うまい棒一本、アンパン半分
19日目 5月5日  67.2kg(-0.5)(約600kcal)豆ご飯少々、唐揚げ2個、福島蒟蒻、グラックアイス、すじ煮込み、蒟蒻ミートソース
20日目 5月6日  67.2kg(±0.0)(約350kcal)なます、葉野菜、蒟蒻、あんパン半分、ビスケット三枚
21日目 5月7日  66.9kg(-0.3)(約650kcal)御仏飯、アスパラ、焼きそば、なます、ビスケット3枚、蒟蒻、レタス、コーヒー3杯
22日目 5月8日  65.8kg(-1.1)(約350kcal)蒟蒻1玉、葉野菜、コーヒー3杯、ささみサラダ、もずく、豆腐1丁、ポトフ1皿
23日目 5月9日  66.2kg(+0.4)(約550kcal)豆腐半丁、チョコ1個、キャラメル4粒、蒟蒻、麻婆豆腐、ささみサラダ
24日目 5月10日 66.0kg(-0.2)(約550kcal)御座候1個、蒟蒻、ささみサラダ、コーヒー3杯、餃子5個、アジ1匹、キャラメル5粒
25日目 5月11日 66.0kg(±0.0)(約950kcal)蒟蒻焼きそば、葉野菜、野菜炒め、ささみサラダ、カボチャ少し、菓子多め、豆腐半丁、コーヒー2杯
26日目 5月12日 66.4kg(+0.4)(約650kcal)刺身蒟蒻、ささみサラダ、ミートドリア、破竹の煮物、サラダせんべい2枚、コーヒー1杯
27日目 5月13日 65.9kg(-0.5)(約550kcal)コーヒー、ささみサラダ、刺身蒟蒻、破竹の煮物、刺身、卵豆腐、チョコ少々
28日目 5月14日 66.3kg(+0.4)(約600kcal)刺身蒟蒻、おにぎり1個、トウモロコシ1本、ささみサラダ、ビスケット3枚、せんべい2枚
29日目 5月15日 66.0kg(-0.3)(約550kcal)刺身蒟蒻、サンドイッチ、ミルキー6個、豆せんべい1枚、うどん少々、ささみサラダ
30日目 5月16日 65.9kg(-0.1)(約600kcal)ミックスサンド、刺身蒟蒻、ささみサラダ、豆腐半丁、フルーツゼリー2個、せんべい2枚、ミルキー2個
31日目 5月17日 65.5kg(-0.4)(約900kcal)刺身蒟蒻、たまごサンド、柏餅、チョコ1個、コーヒー、コロッケ2個、パスタサラダ少し
32日目 5月18日 65.0kg(-0.5)(約750kcal)刺身蒟蒻、豆腐1丁、コーヒー、葉野菜、コロッケ1個、なます、大根の煮物、アスパラサラダ、せんべい4枚
33日目 5月19日 65.4kg(+0.4)(約600kcal)刺身蒟蒻、あらめの煮物、葉野菜、唐揚げ2個、ささみ、揚げ出し豆腐1丁、スープ餃子
34日目 5月20日 66.3kg(+0.9)(約1200kcal)豚しゃぶ定食、サンドイッチ、刺身蒟蒻、煎餅4枚、饅頭1個(竹本龍汀心筋梗塞)
35日目 5月21日 65.4kg(-0.9)(約400kcal)コロッケ1個、餃子スープ、ささみサラダ、刺身蒟蒻、葉野菜、饅頭1個
36日目 5月22日 65.8kg(+0.4)(約400kcal)そうめん、コロッケ1個、刺身蒟蒻、葉野菜、饅頭1個(竹本龍汀没)
37日目 5月23日 65.0kg(-0.8)(約350kcal)おむすび1個、おかずいろいろ、ミルキー4個(師通夜)
38日目 5月24日 65.5kg(+0.5)(約900kcal)お弁当1個、饅頭1個、ミルキー3個(師葬儀)
39日目 5月25日 65.2kg(-0.3)(約500kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、塩パン1個、かぼちゃの煮物、なます、オクラ
40日目 5月26日 64.8kg(-0.4)(約550kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、かぼちゃの煮物、ブロッコリーサラダ、牛肉ネギ炒め、アイス小
41日目 5月27日 64.5kg(-0.3)(約400kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、ブロッコリーサラダ、アイス小、唐揚げ3個
42日目 5月28日 64.4kg(-0.1)(約350kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、ブロッコリーサラダ、饅頭1個、ささみサラダ、豆腐半丁
43日目 5月29日 64.0kg(-0.4)(約450kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、饅頭1個、麺つゆささみ、蒟蒻カルボナーラ、ミルキー3個
44日目 5月30日 63.5kg(-0.4)(約800kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、麺つゆささみ、肉じゃが、ブラックアイス、チョコパン
45日目 5月31日 63.1kg(-0.4)(約900kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、牛乳、肉じゃが、じゃがバタ、クッキー3枚
46日目 6月1日 63.5kg(+0.4)(約600kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、牛乳、オムレツ、ツナ缶(油なし)
47日目 6月2日 63.1kg(-0.4)(約1050kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、ツナ缶(油なし)、野菜炒め少し、コロッケ、スナック菓子2つ、イヌリン開始
48日目 6月3日 63.1kg(±0.0)(約1050kcal)チョコパン、スナック菓子、刺身蒟蒻、葉野菜、ツナ缶(油なし)、餃子
49日目 6月4日 63.6kg(+0.5)(約550kcal)刺身蒟蒻、葉野菜、麩の煮つけ多め、ブロッコリー、鶏肉玉ねぎ炒め
50日目 6月5日 63.6kg(±0.0)

肩こりにはこの1冊!

なんか、悪いサイトのキャッチコピーみたいなタイトルですけど、
ほんと、この本はいい感じです。
御幼少の頃より肩こりに悩まされ続けている龍仙ですけど、
この本はなんか本物っぽいです。

一通り試してみましたが、
筋肉が柔らかくなっているのを実感できます。
指の届く範囲のコリなら、
坂戸孝志博士の「緩消法」なるもので
筋肉は柔らかくなりこりがほぐれていきました。

いろいろとコツはありそうですけど、
動作は簡単、指をあてて、筋肉をゆっくりと動かす。
ただ、それだけです。
詳しいことは

を買ってみてください。

パソコンも仕事のうちの龍仙には、
朗報の一冊です。
パンツ(帯)を履いた状態だとこんな感じです。

さてさて、
龍仙の年内の教室は
28日の古城園教室で完了となります。
おそらく、参加者は数少ないと
予想はしていますが、
信州安曇野から取り寄せたお蕎麦を、
配布しないといけないので、
休んでいる場合ではないんです(笑)

今年も昨年と同じく、
10袋(1箱)30人前を一括購入
3人で山分けです。

師匠には生わさびをつけて、
28日到着のお歳暮で毎年恒例にしています。
御歳暮も期待して待ってもらえると、
送り涯もあろうというもんです。
毎年長野の審査に行ったら、
必ず買って帰ります。

師匠に送ったのはこちら

年が明けたら、自分用再購入もしようかと思ってます。
ちなみに、風味は落ちますけど、
賞味期限を少々過ぎても、
十分おいしいです。

ということで、
今日は15時からメルパルク本年ラスト教室です。
といっても、いつも通りですけど(笑)

そうそう、
最近あくびが頻繁に出ます。
甘いものたべーの&よく寝るーの&高血圧症なので、
低血糖、寝不足、低血圧とは考えにくく、
脳の酸欠なんだろうと思いますけど、
それにしても、
よく出ます。
もしかしてプチ脳血栓?
なんて、悪い方へは考えない龍仙です。
と書きながら、あくびが出てしまう今日この頃です(笑)

今年の年末年始は、、
「は」じゃないですね「も」ですね。
今年の年末年始も、
全くどこにもいかない、
自宅でごそごそやる年末年始です。

この年末年始に何とか仕上げたいのは、
書道の作品ではなく、
例の書道マイデジタル図書館のコーディングとテストです。

つい先日から、
コーディングと走行テストを再開しているんですけど、
画像登録の前段階の処理のところで、
どれがベストなのかを
一昨日から少しお悩み中です。

ページに汎用性を持たせて、
無駄なコーティングを減らそうとすると、
後で保守メンテしにくくなるし、
自分のスキルとの戦いというか、
折り合いというかそんな感じの状況です。

今回のサイトは、
若干の金銭をいただく仕組みなので、
いつもより、余分な気遣いをしてます。

龍仙の老後の収入は
これで決まりますね(笑)

2月の個展もよろしくお願いします。

ん~なかなか突破できない





明日から長野へ出張なのと
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の改善策もかねて
おいしい長野の食べ物を満喫するべく、
お盆明けから減量に入っているんですけど、
例によって63㎏切ったあたりから、
質量が動かなくなりました。

増えもしないんですけど、
減りもしない。
63㎏と62㎏の間を行ったり来たりしてます。

ただ、質量の変化がない代わりに、
腹周りは見た目に細くなってます。
服を着ても腹のでっぱりはほぼないです。
ベルトのバックルからはみ出した長さも
5cm以上長くなり。
ダイエットは実感できてるんですけど、
いかんせん、質量変化に乏しいんで、
やりがい半分になってます。

書家は何といっても、
長生きしないと、
それなりの地位も良い字も
ありえないので、
今時分に肝臓を健康な状態に戻しておかないと、
早く死んでは今までの努力は
シャボン玉のごときになってしまいます。

長期入院もしたくはないし、
龍仙らしくないですけど、
今回は目標58㎏切るところまで、
必達と決めて、少し頑張ってみます。

おそらく、長野出張で、
2㎏弱は太るのではないかと思いますが、
そこから、また再度トライするしかないです。

ところで、
おにぎりせんべい1枚と、
こんにゃく畑1個のカロリーは
ほぼ等しい25kcalって知ってました?

1gあたりだと、
圧倒的にこんにゃく畑が少ないんで、
甘いものが欲しい時や、
小腹が空いたら、
まずこんにゃく畑ですけど、
さりとて、1袋12個の内、
8個食べてしまうと、
茶碗1杯のご飯とほぼ同じカロリーなので、
あまり、ガツガツも食べられません。

カーボンオフ(炭水化物排除)ダイエットも、
最初はいい感じですけど、
止まってからがしんどいですね。
ここで、何かしないと、
次のステージには行けそうもないです。

いろいろお金をかければ
それなりの成果はあるんでしょうけど、
一番お金のかからない方法
そう!それは!
食べない!!(笑)
龍仙の場合はこれに限ります。

この前、まるで1日
何も食べないことがあったんですけど、
案外とやり過ごせましたよ。

禁煙の時とは比べ物にならないくらい、
楽に我慢できました。
というか、あまり我慢しなくても、
なんか、できました。

食べる量を減らすと、
カラダがそれに慣れてきて、
少量を無駄なく吸収し始めるので、
ここで、大食いをすると、
てきめん質量に反映してしまいます。
食べた以上に体重が増えてる感じです。
その、ため込む先はというと、
皮下脂肪、内臓脂肪、
そして肝臓です。
お酒をほとんど飲まない、
龍仙の場合は、
肝臓の蓄積感度が高いらしく、
脂肪肝からの肝炎に
なるんだそうです。

減量は健康的なんですけど、
お財布には何かと不健康です。
サプリ購入とかじゃなく、
着るもののサイズが合わなくなります。

会社勤めをしていたころの服は
未だ着られませんけど、
それまでのつなぎに、
いろいろと衣服の購入が増えます。
ごまかしながら、
少しかっこ悪いですけど、
ベルトで絞めて急場をしのいでます。

そりゃそうと、
明日から長野はいいんですけど、
台風ですよ台風!!
明日は九州付近、
あさっては本州縦断という予報で、
龍仙たちは帰りに台風の正面に
立ち向かって帰らないとならんようです。

車の中にいれば
雨も気にはならんですけど、
休憩のSAでは、
風雨は鬱陶しいだけです。
広島に着いても雨だと、
荷物はそれなりに、
邪魔くさいですしね。

上手くやり過ごせるよう、
祈るばかりです。

龍仙(雨男)と同僚の女性(雨女)の先生が
一緒に行動すると、
ほぼもれなく雨が降ります。
長野行きも、
毎回ではないですけど、
よく雨が、というか、
嵐にような豪雨にどこかで遭遇します。

今年の長野行きも、
漏れなくの方に入りそうです(笑)

微微とですけど進行中





少し間が空きましたけど、
そろそろブログ更新しないとと思って、
ただ今更新中です。

で、更新中といえば、
例の書道マイデジタル図書館サイトの制作ですけど、
少しずつ進行中です。

少し進んでは、
計画にはなかった不足機能を追加したり、
余計な便利機能を思いついてみたり、
やっぱり元に戻して見たりと、
ぼっち開発ならではの
寄り道大作戦状態です(笑)

表示だけのドキュメント関係はほぼ出来ていますが、
まだ詰めが甘いところもあるので、
一通りで来てから、
再度お直しをかけます。

で、現在は文字情報登録系のページを
ゴリゴリやってます。
慣れては来ているものの、
慣れた分、いろんな方法を思いついてしまい、
時々どツボにはまってます(笑)

特にPHPで処理するのか、
JavaScriptで処理するのか、
は未だに迷いますね。
あぁ~ごめんなさい。
宇宙語ですね。

例えるならば、
日本語なんだけど、
漢字で書くか、
平仮名で書くか、
カタカナで書くか、
の違いに似ていると思ってください。

今回の開発の目玉は、
スマホで競書完成
と、
マルチデバイス対応表示ですけど、
なんとなく、いけそうです。
確認の手間はオンリーデバイスより
3倍も4倍も掛かりますけど、
デバイス(機種)の違いもさる事ながら、
ブラウザの違いも随分とあるようで、
とても勉強になります。

まぁ今さら勉強しても
もう老い先で役には立たんぞ
と、さみしさも感じながら、
大脳は心地の良いヒートアップ状態です。
誰に教わったわけでもなく、
パソコンの師は頼りになるグーグル先生です。
情報サイトは何かとガセネタも多いですけど、
ことプログラミング周りは、
バージョンさえ間違わなければ、
ほぼガセネタなしです。

みんな、自力で勉強しながら、
備忘的に記録しながら、
スキルアップしてるんですね。
中には、高度すぎて
????的なのもありますけど、
龍仙が初心者なだけで、
その方が悪いわけではないです。
例えて言うなら、
J-POPはわかるけど、
クラッシクは???って感じです。

ん~今日はなんだか下手くそな例えが多いですね。
YouTubeの武田鉄矢今朝の三枚おろしの
見過ぎかもしれません(笑)

年内完成を目指して、
亀より遅いナメクジの歩みでも、
目標の反対には向かっていないので、
そのうち到着すると思います。

完成してからは、
運用改良が残ってますけど、
これは随時バージョンアップということで、
対応するしかないですね。
配布アプリじゃないので、
バージョンアップはサーバーサイドで完了できて、
その点は楽です。

心配なのは、
プログラムが良く出来ていれば、
みんなに利用してもらえるわけではないということですね。
時代性や利便性、ターゲットユーザと機能のギャップなど、
要因は多々ありますが、
書道の先生自身がかゆいところに手が届くように作りこめば、
それなりに面白いものができるんじゃないかと、
楽観してます。

ユーザーがプログラム作ってるわけですから、
こうしたいああしたいは、
自分の力量との相談だけですんでしまうのが、
強みでもあり、パワー不足でもあります。

そろそろ、年賀状にも手をつけないといけないんですけど、
なんとなくのラフわんこはできて安心してしまい、
篆刻と図書館サイトに熱中してます。

そりゃそうと、
ここ1週間、カープ強いですね。
雨もよく降ってくれて、
水やりしなくてもいいのに加えて、
おまけに、気温も30度は超えなくなって、
過ごしやすくていい感じです。

今週末は恒例の長野出張です。
あの、モアイ像との再会となります(笑)
現地ではまたいろいろと言われそうですけど、
笑ってごまかしつつ、
かけるもんなら書いてみらっしゃい。!!
とタカをくくっている龍仙です。

偉い先生方は、
実績とプライドが邪魔して書けない。
習っている方は、
技術不足で書けない。
長野県現代書藝展へは
他の展覧会ではとてもじゃないが
出品できない作品を
隙間産業よろしく、
既存分野の隙間のど真ん中目掛けて、
作品制作してます。

正直、そろそろ、大臣賞欲しいなぁ(汗)

少し涼しくなった感





昨日も朝は涼しかったですけど、
今日は更に涼しくなって、
とても過ごしやすいです。

ヤフーお天気の最低気温は
1度しか違わないんですけど、
人間の皮膚感覚って、
なかなか繊細です。

さてさて、
昨日は山の日ということで、
レジャーにお出かけの面々もあろうかと思いますが、
龍仙は真面目に練成会参加です。

我ながら、真面目だなぁと
感心しているんですけど、
やってることは
こんな感じ

で、会場はというと
こんな感じ

真面目ですけど、
やってることは随分と変です(笑)
今回のテーマはモアイ像ということで、
書的にモアイを書いて、
その余白に謎文様を描いています。
そこには、なんと、モアイのつぶやきが、
隠し文字として隠れています。
それは……内緒です(笑)
画像からは
上の方に「モ」のような文字
左下には「クレ」という文字
右下には「シヨウ」らしき文字が
隠される前で見えてますね。

出来上がりは、
第23回長野県現代書藝展でご覧ください。

実はこの作品、
1枚に約2時間かかります。
モアイは2分くらいですけど、
文字を隠しながら文様で埋めていくのに、
2時間の大半を使います。

なんか適当に書いているんじゃないかと
思われそうですが、
モアイも線の表情や、
角度でかなり雰囲気が変わるので、
意外と真剣に書いてます。

こんな作品は書道じゃないなぁ
という悪魔のささやきが、
頭をかすめる中、
今回は前衛作品として、
出品します。

一応文字を入れているので、
近代詩文でも、出せないことはないのですが、
文字を隠しているので、
まぁどれにもはまらないときは
前衛ということですけど、
使うのは墨、画仙紙、筆と
ごくごく普通の書道用品です(笑)

第6回展から出品させてもらっている
長野県現代書藝展ですけど、
長野の先生方には大変申し訳なくも、
好き放題をやらせてもらってます。

総合書展なので、
いろんな分野の先生と
仲良くしてもらえるので、
なんでもチャレンジャーな龍仙が、
出していない分野は
刻字だけです。

漢字、仮名、近代詩、篆刻、少字数と
まぁええかげんにせぇよ(いい加減にしろ)と
いわれそうな状況ですけど、
みなさん、あたたかく、、、
いや、ほぼあきらめ特別扱いということで、
広島の作品たちを許してもらってます。

今年からは
漢字ではなく、かな部門で
広島から当番審査員がでます。
漢字部は師匠が毎度の当番審査員なので、
龍仙の出番はない、、、
というか、どの分野の審査員なのか
一向に定まらない!というのが本音でしょうね(笑)

龍仙は審査の方の仕事ではなく、
インターネット周りの現地お仕事があるので、
審査どころではないんで、
師匠からは「藤井君やる?」と
いわれてはいるものの、
「先生もう少し頑張ってください。」
と持ち上げつつ広島の役割を分業してます。

はてさて、審査会でどのような評価
いや、物議かなぁ、
まぁとにかく目を引くことには、
かなりの自信がありますが、
皆さんの笑い声が聞きたいところです。

でもって、
今回のモアイを真剣に取り組んでみて、
未だに結論が出ていないのは、
前衛と水墨画の境界線は
どこにあるんだろう???
ってことです。

文字をモチーフにはしていない前衛もあるし、
用具用材は、筆でなくとも、紙でなくとも、
墨でなくとも、構わないしわけだし。
一見して絵と見えるとだめなのか?
絵を意図として書いてはだめなのか?
料紙の柄としての絵ならよいのか?
ん~~いつものことながら、
確立された分野の隙間というか、
境界線の少し外側をつくのが
とても大好きな龍仙ならではの
お悩みです。

そうそう、絵で思い出しましたけど、
お盆過ぎたら、年賀状の図柄、
来年は犬なので犬の筆書きを
追い込んでいかないといけませんね。
9年前の寅年以来ずーーと続けている、
年賀状ALL手書き。
頑張らないのがモットーの龍仙ですけど、
今年の年末も頑張ります(笑)