水茎会のこれから

師匠が亡くなってもう5日経ったんですね。
妹が亡くなくなったの時もそうでしたけど、
なんか、亡くなった気がしないというか、
実体はないんですけど、
なんかそこら辺にいる感じがするんですよね。
呼んだら、出てくるというか、
なので、物理的にはさみしいですけど、
精神的にはあまり寂しくないです。

そうは言っても、事務局的には
師匠が創立主宰していた現代書道水茎会は、
今後どうするかを決めていかなきゃならないわけで、
創立者、主宰者がいなくなった会をどうするか・・・
いま考えているところで、
なんとなくまとまってきたので、
ここに書いておきます。

・水茎会はできるだけ存続の方向で検討
・会長や理事長などの役職は全廃して、完全な書道愛好会にする。
・対外総合窓口は藤井龍仙が対応する。
・展覧会(長野、書道芸術院、毎日、県美)は有志で出品継続する。
・古城園教室は展覧会出品メンバーの月会費で維持する。
・古城園教室の絶対的指導者は配置しない。
・古城園教室で手本や指導が必要な会員は、在籍会員へ相互個別でお願いする。
・美術館巡り小旅はその都度企画有志が参加する。
・教え子OB親睦的な機能は廃止する。

細かく書いてますけど、
展覧会など作品発表を中心にして書道を続ける方に絞り込んで
一旦圧縮してそこから再出発するイメージです。

この際、水茎会展も定期復活かなぁなんて考えてます。

あとは走りながら考えることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です