第7回粋仙会書作展 学生人気投票 結果発表!

昨日、夜な夜な、
第7回粋仙会書作展の搬出を終えました。
で、
今回新企画の学生作品人気投票の結果を発表します。
投票者数26人
得票総数50票
第1位 仙誉 薫  15票
第2位 西古寧々香 12票
第3位 名古屋珈帆 6票
第3位 片山 主水 6票

通りすがりの方からも
多くの票を頂きました。
ありがとうございます。

第7回粋仙会書作展 コメント集

Sさんから主催者へ:個性豊かな作品ばかりで、良かったです。

Sさんから主催者へ:表装手作りで感心しました。

Sさんから主催者へ:ウィンドウ内の反物の敷物がgood idea

Sさんから主催者へ:楽しませて頂きました。又、次回期待してます。

Yさんから西古さんへ:すばらしい。

Tさんから西古さんへ:ダントツで西古さん良かったです。

Nさんから井手さんへ:お人柄が分かるような、穏やかな作品に癒やされました!

Nさんから主催者へ:いつもありがとうございます。

Mさんから井手さんへ:私もかな人間なので素直な線にいいなぁと思いました。頑張って下さい。

Mさんから主催者へ:毎年楽しませてもらっています。島田様、村川様の対となる作品はいいですね。

S2さんから高岡さんへ:故竹本先生の教えをしっかりマスター出来ています。

S2さんから主催者へ:賛助作品も寄せていただき嬉しいです。

NNさんから松井さんへ:作品2点ゆっくりと拝見しました。この道何年くらいですか?対照的で素晴らしいです。

NNさんから主催者へ:書作展の日程(次回)わかりましたらお手数ですがお知らせください。

S2さんから松井さんへ:ダイナミックな線です。

S2さんから主催者へ:子供から大人まで幅広い年代の作品を鑑賞できてうれしいです。

Yさんから主催者へ:今年はなかなかの力作が多いと思いました。

T2さんから島田さんへ:大きな紙に堂々と書いてある大きな文字がとても印象的で素晴らしい作品だと思いました。

T2さんから主催者へ:皆さんそれぞれの個性がにじみ出ていてとても面白かったです。

T3さんから島田さんへ:素晴らしい作品です。先生の大きさがよく伝わります。『囲』が特に魅力的でした。

T3さんから主催者へ:この場所、良いですね。遅く来れますしゆっくり拝観できました。ご開催おめでとうございます。

S3さんから出品者のみなさんへ:「次はこんなのが書きたい!!」と次から次へと書きたい材料が湧き上がってくるように楽しい作品ばかりです。受動的ではなく自主的に学習されている姿に感動です。

S3さんから主催者へ:種々の要望に対応されている頭の中はどうなっているのでしょう。アイディア満載の作品展は素晴らしいです。

N2さんから島田さんへ:思い切りのよいダイナミックな作品に自分も頑張らねば!!!という気にさせられます。

N2さんから村川さんへ:とても活き活きとした見ていて元気になれる字を書いていて素晴らしいです。これからも元気に楽しく書いちゃってください。鶴の中に鳥が飛んでて良いです。☆

N2さんから主催者へ:・・・もうかりますかね?あれ・・・w

Oさんから主催者へ:発想が素晴らしいです。

NN2さんから主催者へ:いつもキレイです。

Kさんから主催者へ:楽しい作品いつもありがとうございます。一生懸命さが伝わり感動します。

T4さんから主催者へ:これからも頑張ってください。

 

多くの方々からコメントを頂きありがとうございました。粋仙会書作展は父の日の直後くらいに、毎年6月下旬から7月初めにかけて開催しています。期間は長めの2週間。来年もぜひお越しくださいませ。

第7回粋仙会書作展


粋仙会書作展の準備が整いました。
今回はいろいろと新しいことにチャレンジし過ぎて、
少々くたびれてます(笑)

年々生徒作品の質は上がってくるので、
表装もそれなりに向上させるのですが、
長く続けるには負担になる金額はまずいということで、
龍仙自作でいろいろと研究しています。

今回の新作は「軽筏(かるいかだ)」と「屏襖(びょうぶすま)」の2種と
研究中の小品軸装です。

軽筏はいわゆるパネル貼り込みですが、
従来のものより軽量化することにこだわってます。
前回商品化してあまり注文がなかった「浮雲」の反省を生かして、
作りはしっかりさせました。
半懐紙、半紙サイズまでは製作可能です。

もう一つの屏襖のほうも、
軽量化にこだわっています。
こちらのほうは半紙サイズ以上半切未満の額装をターゲットにしており、
自由にサイズが変えられます。
従来は大面積の額につきものの「重い」を解消するため、
日本古来の襖の制作方法をベースにしています。
屏風は襖の高級品と言えるものですが、
枠木や内部の仕様が複雑なため、
どこまで簡素化できるかがカギとなりました。

あと一つはまだ研究中ですが、
小作品の軸装も同時にやってみました。

いずれも、裂と本紙の裏打ちがうまくいかないと
何もできないので、今回は随分と裏打ちの練習をしつつ、
研究もしています。
軸装の鍵は糊ですね。

ということであさってより開催です。
緑井付近にお越しの際はお立ち寄りください。
ちなみに、龍仙は常駐しません。

それから、
今回から小学生の人気作品投票を始めることにしました。
前回から始めた粋仙大賞ですが、
龍仙が決めるのも盛り上がらなかったので、
皆さんを巻き込むことにしました(笑)

日付が違えば一人何回(といっても会期の日数分しかないですが)でも可能です。