第5回粋仙会書作展 畑紅仙 3点

芭蕉句

長年教室へお越しいただいていますが、初のかな作品挑戦です。最初は要領を得ずご苦労されたようですが、仕上がりは上々です。

 

徳潤心

徳は心を潤すと読みます。潤いのある優しい線で作品まとめるのは難しいのですが、うまくまとまっています。

ゆく春や…

初めての「かな」第2段です。伸ばす線のない、回転しながら流れる構成の難しいかなですが、筆も構成もよく動いています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です