ようやく、出口が見えたかも

ここんとこ、
時間を見つけては、
地味にこなしていた篆刻ですけど、
ようやく、出口が見えてきました。
残り5本というところまで来ました。

6月から定形外郵便料金の細分化で、
定形外の中に規格内と規格外の区分ができて、
篆刻の梱包は印箱含めて、
厚さ3㎝を越えるため、
規格外のくくりになるんです。

以前は定形外規格内の料金で
送れていたものが、
規格外の割高の料金になってしまうんで、
大体で言うと5割増しくらいになります。

ということで、
毎回郵便局の窓口に料金の確認をかねて、
提出しないといけないわけで、
ほぼ毎日何かを持って行っています(笑)

そんな地味な仕事の積み重ねで、
残り5本というところまで
ようやくたどり着けた次第でございます。

銀座ロングの出張からほぼ一か月
何とかなりそうです。

今回の篆刻承りのおまけで、
手書きが住所スタンプになるという、
商品を販売してみたんですけど、
思ったより好評でしたね。

他のはんこ屋さんと違うところは、
書家の手書きが住所印になるというところですね。

活字の組み合わせで、
ハンコにするのは今までもお安いのがありましたけど、
はがきに押せる小さめのスタンプで、
手書き風というのは、
意外とないようです。

ちなみに、
手書きデザイン住所ハンコは
1個(18mm×50mm)が4000円(税込)です。
〒、住所、氏名(号)、電話番号、ファックス番号など、
入れたい情報と縦横を教えていただければ、
1週間くらいでお届けできます。

ご注文は
http://suisenkai.com/?page_id=870

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です