WEB競書らしきものの作成開始





今日はお盆明けお初の教室で、
予想通りの閑散でしたけど、
来ていただける方は、
それはそれは貴重なので、
感謝感謝でございます。

表題の件ですが、
書道を習っている方なら、
「競書」というのを一度は
聞いたことがあるんじゃないかと思いますが、
雑誌の形態を維持しながら、
ウェブに一部をアップする形式の雑誌を
目にすることはあっても、
完全にウェブ上で完結しているのって、
ないですよね。

ということで、
以前、作りかけていた「葛籠(つづら)」から
一歩踏み出して、
個人の作品保管庫としてスマホで
人にも見せられて、管理も簡単な
「書道マイデジタル図書館」
なるものの制作を開始しました。

これと、もう一つの、
「字辞典」と合わせて、
龍仙の最後のアプリ制作になりそうです。
軌道に乗れば、事業化をしようと企んでいて、
設計はほぼ完了していますが、
作業量の膨大さに
お目目をぱちぱちさせてしまいました。

既存の書道雑誌を丸ごと飲み込めれは、
ベストなのですが、
最初からそううまくはいかないので、
まずは粋仙会とその有志で始めようかと思ってます。

教室全部でなくとも、
生徒さんの一部でも試してみようかな~
とおっしゃる先進性に富んだ
アグレッシブな先生がいらっしゃいましたら、
ぜひ、ご一報いただければと思います。

アプリ制作に先だって、
任意団体の協議会を発足させる予定です。
名前は
「日本書道デジタル推進協議会」
とかなり大きく出ました(笑)
現在会員予定者は7名ですが、
興味のある方は、これまたご一報いただければ
規約なんぞを送付します。

制作開始といっても、
サーバーの契約、
ドメインの確保、
データべースの確保、
SSL証明の取得、
それらの設定、
アプリのコードサンプル確保、
制作用のアプリの開発環境整備、
など、下準備が多くて、
一昨日から、ようやく
コーディングに入ったばかりです。

ここら辺になると、
?マークが何個頭の上にありますか?
状態でしょうけど、
詳しい解説は省略します(笑)

で、午前中の緑井教室に続いて、
これから、古城園教室に向かいます。

今日も少ないだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です