今朝はいい風が吹いてます。





今年もとても暑い8月でした。
皆さんのところはいかがでしたか?
今日で8月も終了で、
ここ至って、ようやく朝の風が
気持ちよくなってきました。
まだ、昼間はアちぃですけどね(笑)

さてさて、
昨日は古城園水曜教室最後の日でしたが、
案の定、No one came.
あってるかなぁ?日本語で言いたくなかったので、
つたない英語でごめんなさい。

でもって、
水曜日に移る前の火曜日の部屋に
置いていた荷物と机を撤収
マイWagonRに詰め込んで、
緑井4丁目の教室へ
運び込みました。

7月から教室は空いているけど、
これまたNo one came.
の緑井4丁目教室にも
緑井駅前教室からの流入ですけど、
教室第1号の生徒さんがいらっしゃいました。

書道教室は長いことやってないと、
なかなか生徒も集まらないので、
家賃払いながら待つしかないです。
まぁ今はネットに出しているだけで、
あまり積極宣伝していないので、
集まるわけもないですけどね(笑)

工房&書斎&アトリエ&教室
の4丁目の教室は
他の教室と違って、
時間借りの教室ではないので、
家賃が支払える限り続けていきます。
道具も一通り揃ってて、
自宅も歩いて1分ちょいと近いので、
生徒の忘れ物があっても、
平気です(笑)

今日で終了の8月は
久しぶりのオークションな1か月でした。
ヤフーマネーという便利なものができたので、
利用かねがね、ヤフオクに挑みました。

落札総額は3万円超えちゃいましたけど、
印材やら印泥やらコーヒーカップセットやら、
4丁目教室や工房に不足していた
物品購入が主なので、
いい感じに揃いました。
普通に買うと3万円ではとても収まらないので、
一部無駄遣いかもしれませんけど、
本人的には納得してます。
お気に入りはこちらの印泥と印合です

堆朱の印合(盒)と中身の印泥は
実は別々に落札、
印泥は物は悪くないけど、
くたびれていたので、
練り直して、龍の堆朱印合に鎮座させてあげました。

堆朱は漆の具合からして、
明らかに中国製で一部手荒な仕事もありますが、
表の龍はなかなかいい顔してます。

龍仙は名前に龍があるので、
どうしても龍物、ドラゴングッズに
目が留まりがちで、
いろんな龍を見てきましたけど、
今まで見た印合の龍の中では
一番男前です(笑)

まぁ篆刻をやるので、
印泥なんぞはそれこそいろいろ持ってはいるんですけど、
ちょっとばかり専門家ステータスを醸し出す
堆朱の印合は随分と気に入ってます。

今回落札の傾向は、
印泥が多いってことでしょうか。
今上陛下がご即位記念の
菊花紋入り印泥とか、
前から一つは欲しいと思っていた、
八寶印泥の大き目5両装とか
篆刻で試し押しに使う、
西冷印社美麗とか、
まぁいろいろです。

そりゃそうと、
時折、びゅんと風が吹いていますが、
台風の影響でしょうか?
久しぶりにエアコンなしで過ごせてるので、
少々の突風はいいんですけど、
今回の台風は大きいので、
広範囲に被害が出ないことを祈るばかりです。

そういえば、
例の北朝鮮ミサイル、
日本上空を通過していきやがりました。
Jアラート(空襲警報)が鳴った時、
みなさんどう動きましたか?
それとも動きませんでしたか?

広島は着弾想定域から外れていたので、
落ち付いてましたけど、
いつ来るかもわからない
ミサイルに対して、どう対応するのか、
いざというとこに慌てないように、
頭の体操よろしく、
ある程度シミュレートしておかないといけませんね。

今日の篆刻はこちら

なんか、さぼってしまった





お盆明けからこっち
ブログのアップを
少々さぼってしまいました。

これといった理由もないんですけど、
暑さが少し緩んできたところで、
毎年恒例、「新しいことやり大病」を発病してしまい、
ブログのネタにならない程度のことしか
なくて、なんだかさぼってしまいました。
ごめんなさい。

このブログも、
密かにお読みいただいている方も
結構いらっしゃるようで、
思わぬところで、
「読んでまーす」とありがたいお言葉を
頂戴することが増えました。

もっと読んでいただき、
もっと広告をクリックしていただきたいところですが、
それには、もっと面白い記事を書けという
ことなんですけど、
こればかりは、突然変えられるもんでもないので、
日常を少し面白く書かせてもらう
今の緩さはそのままということで、
お願いします。

で、前述の大病ですけど、
・書道マイデジタル図書館サイト作成
・鶏毛筆の制作ノウハウ蓄積
が大きな要因です。
それに加えて、
オークション病も併発、
更に、
注残0本になって、
ようやく終わった~ふぅ~・・・
と思うと、なぜか翌日くらいに
新たな注文が舞い込む篆刻
といった感じで、
教室再編して少し時間が取れるはずなのに、
なぜか、あわただしい日々を送ってます。

でもって、
忙しくなってきたというか、
忙しくできる状況を逆手にとって、
摂取総カロリーをぐーーっと抑える、
減量を実施中です。

少々おなかが空いても、
死ぬことはないので、
少し我慢していると、
案外慣れてくるもので、
以前はつらいと思っていた
白米抜きやら、満腹抜きも
平気になりました。
すぐにおなかもいっぱいになるので、
胃の大きさも小さくなってるようです。

で、
まずは書道マイデジタル図書館ですけど、
少しコストをかけて事業化しようかと思ってます。
日本全国の書道の先生方がターゲットで、
自前の競書をネット上で実現しよう思ってます。

おそらく、既存の競書での開発や、
アプリ屋さんでは、
開発コストが見合わないはずなので、
イケるんじゃないかと踏んでます。

来年スタート予定で、
開発を進めてますけど、
来年度になるかもしれません(汗)

まぁやらないことには、
進まないので、
仕様書の修正追加を入れながら、
ぼっちで開発中です(笑)

前回開発途中で投げ出した、「葛籠」は
競書雑誌を意識しすぎたのと、
あまりに、ウェブサイトの構築ノウハウが
なかったのとで、
メンテナンスが超手間手間になり、
継続が不能になったのが原因でした。

なので、
今回は「競書風」という程度にとどめて、
今一度、教室の先生、習いに来る生徒、
生徒さんの周囲の方々まで含めて、
多くの方に、書作品を見ていただけるサイトを
意識して開発中です。

今のところ考えている作品登録手順は
1サイトにアクセス
2スマホなどで撮影
3生徒を選ぶ
4登録完了

先生は
登録された画像や原本を見て、
コメントと点数をつける

すると、
自動で段級位を判定する。

あとは、
年に複数回の展覧会イベントを開催し、
賞に対してボーナスポイント加算する。

と、意外と簡単で
スマホで写メが取れて、
メールが送れる人であれば、
どなたでも利用可能なように
しようかと思ってます。

サイト構築に必要なスキルとノウハウは、
グーグル先生を頼りにしながらですけど、
ほぼ、頭の中にあるので、
あとは、コードを吐き出して、
テストしながら、改良していく感じですね。

トップ画面の雰囲気は
こんな感じです。

続いて
鶏毛筆ですけど、
鶏毛筆の名工がなくなって随分と立ちますが、
未だ次なる名工は現れず、
この際、自分で作っちまえ
ということで、
原料の羽根を仕入れるところから、
ぼつぼつやってます。

やってみると、
なんか、できそうなので、
サンプル筆の制作をしながら、
ノウハウ蓄積中です。

乞うご期待ということで・・・

WEB競書らしきものの作成開始





今日はお盆明けお初の教室で、
予想通りの閑散でしたけど、
来ていただける方は、
それはそれは貴重なので、
感謝感謝でございます。

表題の件ですが、
書道を習っている方なら、
「競書」というのを一度は
聞いたことがあるんじゃないかと思いますが、
雑誌の形態を維持しながら、
ウェブに一部をアップする形式の雑誌を
目にすることはあっても、
完全にウェブ上で完結しているのって、
ないですよね。

ということで、
以前、作りかけていた「葛籠(つづら)」から
一歩踏み出して、
個人の作品保管庫としてスマホで
人にも見せられて、管理も簡単な
「書道マイデジタル図書館」
なるものの制作を開始しました。

これと、もう一つの、
「字辞典」と合わせて、
龍仙の最後のアプリ制作になりそうです。
軌道に乗れば、事業化をしようと企んでいて、
設計はほぼ完了していますが、
作業量の膨大さに
お目目をぱちぱちさせてしまいました。

既存の書道雑誌を丸ごと飲み込めれは、
ベストなのですが、
最初からそううまくはいかないので、
まずは粋仙会とその有志で始めようかと思ってます。

教室全部でなくとも、
生徒さんの一部でも試してみようかな~
とおっしゃる先進性に富んだ
アグレッシブな先生がいらっしゃいましたら、
ぜひ、ご一報いただければと思います。

アプリ制作に先だって、
任意団体の協議会を発足させる予定です。
名前は
「日本書道デジタル推進協議会」
とかなり大きく出ました(笑)
現在会員予定者は7名ですが、
興味のある方は、これまたご一報いただければ
規約なんぞを送付します。

制作開始といっても、
サーバーの契約、
ドメインの確保、
データべースの確保、
SSL証明の取得、
それらの設定、
アプリのコードサンプル確保、
制作用のアプリの開発環境整備、
など、下準備が多くて、
一昨日から、ようやく
コーディングに入ったばかりです。

ここら辺になると、
?マークが何個頭の上にありますか?
状態でしょうけど、
詳しい解説は省略します(笑)

で、午前中の緑井教室に続いて、
これから、古城園教室に向かいます。

今日も少ないだろうなぁ。

お墓参りと夏の切手貼り





今日はきっと多いだろうなぁと思いつつも、
遠くのお墓参りに行ってきました。
わが家に縁のあるお墓は、
すべて広島県内にありますけど、
庄原市、三次市、北広島町、安佐南区、安佐北区
と3人しかいないのに5か所もあります。

で、今日はごく近い筋の2か所に
行ってきました。
案の定というか
どこも、お墓参りで混み合ってましたね。

混みあってはいたものの、
いい具合に曇天で雨も降らず、
楽ちんな墓参りができました。

ただ、墓参りに行って、
母の足取りやら、動きやらを見ていると、
「あぁ~やっぱり年は取ってるなぁ~」
とずっしりと感じたお出かけでした。

帰りは、前から気になっていた
ステーキガストに寄って、
昼食をとり、それから、
安佐南区のお墓へ参って、
スマホ片手に水を汲もうとする
息子に喝を入れつつ、
急な階段をぼつぼつ上下してきました。

でもって、
そこで、お線香に火をつけて、
ばらして線香立てに入れようとしたときに、
アクシデント発生!!

大事な右の親指の腹で
線香の赤いところを「じゅっ」
って感じです。

少し後は残っていますが、
面積が狭いので、
さほど痛くもなく、
一通り冷やしてOKみたいです。

そのあとは、
家に帰って、やけどの後始末をつけて、
9月の教室一部廃止の通知を送るべく、
切手を買いに行き、
シール切手がなかったので、
濡らして貼るやつを50枚ほど買いました。

さて、切手は買ったものの、
貼るのに、50枚ネブルのもどうかと思い、
さっきのやけどの後始末で使った氷に目が留まり、
「そうだ、これいけるかも」
ということで、
とけていく氷の表面の水で、
切手を濡らして、
貼っていきました。

いつもならスポンジを使うんですけど、
スポンジだと手もかなり濡れてしまうので、
困ってたんですけど、
氷作戦は大成功でした。
手も濡れす、
切手の滑りも、水の付き具合も
かなり、いいんじゃねっってとこです。

ただ、氷なだけに、
冬の切手貼りには向いてないかもです。

貼り終わった後は、
終わったと思ったら、
注文をいただくなんとも、
不思議な受注を続けている篆刻を
やってます。

終わってほしいような、
続けて注文もほしいような、
欲張りな龍仙ですけど、
今年の篆刻はおそらく100本を
越えてきそうです。

印稿というかラフデザインはできているので、
左に入れながら補正していきます。

その間、ベーコンバターロール第2弾を
作ろうかとホームベーカリーに材料をセット。
スイッチオンできっといま、
こねてねかせにかかってます。

ベーコンバターロールを焼いてみた





昨夜は少し涼しかったので、
「そうだ、パン焼いてみよ!?」
ということで、いつもの思い付きで
ホームベーカリーでコネとねかせまで終わらせて、
夜な夜な、バターロールを作ってました。

自分で言うのもなんですけど、
時々こういう思い付きをやるんですよね~。
で、
ただのバターロールじゃつまらないということで、
龍仙の大好きなエピよろしく、
ベーコンを巻き込んでみました。

正直、普通のバターロールも
焼いたことないのに
うまくできないかもしれないという、
ドキドキをかみしめながら、
小さめで12個作りました。

作った後は、
霧吹いて適当に寝かせて、
つや出しのとき卵を塗って、
オーブントースターへチェックイン

え?オーブンレンジじゃないのかって?
そう、そうなんです、我が家には、
温度指定のできるオーブンはないんです(笑)

なので、オーブントースターの
250Wを使って、時間長めで焼くんです。
なので、200度で8分とかレシピに書かれていても
「ふーん」程度で、
最初の焼きで実験とデータ取りをします。
温度調整は扉の開け閉めでやるという、
神業を使います(笑)

で、案の定、
最初の焼きでは、
膨らみ切っていない重いところが発生。
食べられないことはないけど、
食感がよくない。

ということで、
2度目のチェックインは
少し奥にパンを置いて、
途中で開け閉めせずに、
約18分。
随分よくはなったけど、
焼き色がいまいち薄い。

ということで、
3度目のチェックインは
20分に延長。
出来上がりはこちらです。

パンにうるさい息子は、
「できんかったけぇ買ってきたんかと思った」
とかわいくないお褒めの言葉をいただき、
ベーコンバターロールの完成です。

明日は墓参りですね。
天気も今のところダイジョブそうです。

少し涼しくなった感





昨日も朝は涼しかったですけど、
今日は更に涼しくなって、
とても過ごしやすいです。

ヤフーお天気の最低気温は
1度しか違わないんですけど、
人間の皮膚感覚って、
なかなか繊細です。

さてさて、
昨日は山の日ということで、
レジャーにお出かけの面々もあろうかと思いますが、
龍仙は真面目に練成会参加です。

我ながら、真面目だなぁと
感心しているんですけど、
やってることは
こんな感じ

で、会場はというと
こんな感じ

真面目ですけど、
やってることは随分と変です(笑)
今回のテーマはモアイ像ということで、
書的にモアイを書いて、
その余白に謎文様を描いています。
そこには、なんと、モアイのつぶやきが、
隠し文字として隠れています。
それは……内緒です(笑)
画像からは
上の方に「モ」のような文字
左下には「クレ」という文字
右下には「シヨウ」らしき文字が
隠される前で見えてますね。

出来上がりは、
第23回長野県現代書藝展でご覧ください。

実はこの作品、
1枚に約2時間かかります。
モアイは2分くらいですけど、
文字を隠しながら文様で埋めていくのに、
2時間の大半を使います。

なんか適当に書いているんじゃないかと
思われそうですが、
モアイも線の表情や、
角度でかなり雰囲気が変わるので、
意外と真剣に書いてます。

こんな作品は書道じゃないなぁ
という悪魔のささやきが、
頭をかすめる中、
今回は前衛作品として、
出品します。

一応文字を入れているので、
近代詩文でも、出せないことはないのですが、
文字を隠しているので、
まぁどれにもはまらないときは
前衛ということですけど、
使うのは墨、画仙紙、筆と
ごくごく普通の書道用品です(笑)

第6回展から出品させてもらっている
長野県現代書藝展ですけど、
長野の先生方には大変申し訳なくも、
好き放題をやらせてもらってます。

総合書展なので、
いろんな分野の先生と
仲良くしてもらえるので、
なんでもチャレンジャーな龍仙が、
出していない分野は
刻字だけです。

漢字、仮名、近代詩、篆刻、少字数と
まぁええかげんにせぇよ(いい加減にしろ)と
いわれそうな状況ですけど、
みなさん、あたたかく、、、
いや、ほぼあきらめ特別扱いということで、
広島の作品たちを許してもらってます。

今年からは
漢字ではなく、かな部門で
広島から当番審査員がでます。
漢字部は師匠が毎度の当番審査員なので、
龍仙の出番はない、、、
というか、どの分野の審査員なのか
一向に定まらない!というのが本音でしょうね(笑)

龍仙は審査の方の仕事ではなく、
インターネット周りの現地お仕事があるので、
審査どころではないんで、
師匠からは「藤井君やる?」と
いわれてはいるものの、
「先生もう少し頑張ってください。」
と持ち上げつつ広島の役割を分業してます。

はてさて、審査会でどのような評価
いや、物議かなぁ、
まぁとにかく目を引くことには、
かなりの自信がありますが、
皆さんの笑い声が聞きたいところです。

でもって、
今回のモアイを真剣に取り組んでみて、
未だに結論が出ていないのは、
前衛と水墨画の境界線は
どこにあるんだろう???
ってことです。

文字をモチーフにはしていない前衛もあるし、
用具用材は、筆でなくとも、紙でなくとも、
墨でなくとも、構わないしわけだし。
一見して絵と見えるとだめなのか?
絵を意図として書いてはだめなのか?
料紙の柄としての絵ならよいのか?
ん~~いつものことながら、
確立された分野の隙間というか、
境界線の少し外側をつくのが
とても大好きな龍仙ならではの
お悩みです。

そうそう、絵で思い出しましたけど、
お盆過ぎたら、年賀状の図柄、
来年は犬なので犬の筆書きを
追い込んでいかないといけませんね。
9年前の寅年以来ずーーと続けている、
年賀状ALL手書き。
頑張らないのがモットーの龍仙ですけど、
今年の年末も頑張ります(笑)

お盆直前でこの暑さはなんなんじゃ





今朝は息子をたたき起こして、
使用済みゲームソフトの売却に行ってきました。
待つ最初の罰ゲームは
息子曰く「10時からやっとるよ~」
というのでやや遅めの10時30分くらいに行ってみると、
あ・い・て・な・い!
平日は11時からやっとるよ~でした。

外で待っているのも暑くてしょうがないので、
道路挟んでお隣のセブンイレブンで、
今日の昼食などの買い出しです。

適当に涼んではみたものの、
コンビニで時間つぶすのって、
案外難しいですね。
買い物は10分で終了、
籠を持ったまま店内をうろうろ、
開店5分前まで粘って、
11時前4分前に買取店の前で、
開店支度待ちして、
ようやく、開店。
ゲームを結構高額で買い取ってもらって、
2か月分の小遣い以上の臨時収入に
息子は上機嫌で先に帰っていきました。

で、父はというと、
郵便局に行って、
長野県現代書藝展の出品料他の支払いを
しようとしたんですけど、
ここで、2番目の罰ゲーム!

なんと、払い出し票に
「藤井さん、印鑑がないよ。」と
大きな声で窓口のお姉さんに言われ、
「もう一度寄ります」としか言えず、
そそくさと帰宅(汗)<<いろんな汗です。

で、帰ったら、
Amazonに注文しておいた諸々が届いて、
その中の竹製のちゃぶ台の
臭いがきつくて、
罰ゲームその3です。

ということで、朝から歩いた歩数は
約4000歩、
おまけに雨雲が近づいてきているので、
むし暑いことこの上もなく、
再度の帰宅の時には、
汗だくです。

でもって、
明日は祝日山の日ですけど、
水茎会では長野県現代書藝展の
最終練成会&作品締切です。

これで、ようやく今年の前半戦が
終わったような心地ですね。

今年は、この暑さなので、
今のところ墓参りの予定は
少しずらそうかと思ってますけど、
おふくろさんのいつもの思い付き墓参りが
あるかもしれませんね(笑)
昔から思い立ったが吉日の人なので、
周りは良く振り回されます。
くれぐれも認知症にならないよう。
祈りばかりです。

小腹が空いたらプチトマト





今日は昼から雨らしい。
というか、もう降ってます。
水やりの手間がなくて、
ちょいとらくちんです。

で、畑では今年はミニトマト、プチトマト
ともに豊作ということで、
減量中の龍仙は小腹が空いたら
取り敢えずトマトを食ってます。

最近のトマトは甘くておいしいですね。
特に今年の我が家のトマトは
人に差し上げるほどおいしくなりました。

トマトは腹にもずしんとくるし、
そうそう大量には食べられないので、
減量食のおやつとしては
なかなかいい感じです。

でもって、
この前からなんかおかしい、
フェイスブックのタイムライン共有ですけど、
原因は結局つかめず、
アンインストール、リインストール
してみました。

少し変化はありますが、
うまくいっているのかどうか、
この記事の共有で試します。

今日はおそらく雨の中、
メルパルク&古城園教室です。

うわぁ夏バテかも





毎年夏バテになることはないんですけど、
今年はなんだか夏バテみたいです。
だるい!ねむい!やる気が起きない!

ただ、食欲は旺盛です(笑)
食欲があるなら夏バテではないのではと
疑う方もいらっしゃるでしょうけど、

だるい!ねむい!は少々度を越してます。
教室やってても、眠気がさしてくるという、
夜早く寝ろよと言われそうな
8月の状況ですけど、
眠いので、寝るのも実は随分と早くなってます。

なんだか、お年寄りのような
生活サイクルです。

そりゃそうと、
今回の台風は足が遅いですね。
コースを外れた広島でも
結構降りました。

関西のあたりが被害に遭っているようですが、
災害に巻き込まれないよう
ただただ祈るのみです。

もうすぐ、お盆休みというところで、
例年のごとく、長野県現代書藝展の
出品票提出締め切りは明日ということで、
昨夜の内に速達に仕立てて、
投函しておきました。

あとはしあさって11日の
練成会で作品を仕上げにかかりますが、
龍仙個人的には出せるものができているので、
もっと良いものはできないかを
試行錯誤することになりそうです。

11日の練成会は緑井集会所大ホールで
13:00からです。

今日の広島は鎮魂の一日





今日は8月6日ということで、
8時15分に黙祷を捧げました。
毎年のことなので、
当たり前のようにやってます。

「安らかにお眠りください
 過ちは
 繰り返しませぬから」
と書かれた平和記念公園の
アーチの下にある石碑の文ですけど

毎年のごとく
誰がなんの過ちなのかを
書いていないところが
名文というか迷文というか
不思議な文章だなぁと
思ってしまいます。

龍仙の個展作品でも
主語抜きや目的語抜きは
よく使いますけど、
主語と目的語を両方抜くという
日常会話だとまず誤解を招く文体ですね。

北朝鮮が毎週のようにミサイルを打ち上げて、
中国船が領海をかすめるように侵犯し、
毎日のようにスクランブル発進をかけなくては
ならない現状正面に見据えて、
自分はどうすることもできないもどかしさに、
平和の危うさをつくづく感じます。

龍仙の本職の書家が活躍できるのは、
何よりも平和と良好な経済がベースなので、
平和を希求して止みませんが、
平和憲法があるから、
日本は攻められないという理論は
かなり違和感を感じます。

昨今の周辺国の行動を見聞きするにつけ、
平和憲法伝家の宝刀論は
虚しく見えて仕方がないですね。

アメリカは極東アジアで
ガラガラポンをやりたんでしょうかねぇ…

ところで、
たった今、ミサイル飛来のJアラートが鳴って、
5分後に着弾すると知らされたら、
あなたはどうしますか?

龍仙は爆風よけでガラスから離れて地面に伏せて、
固めのカバンで頭を保護するくらいしか
できませんね。

幸い自宅の目の前は
塹壕よろしく龍仙が骨折した
いわくつきの用水路があるので、
そこに身を潜めるのが得策じゃないかと
考えてます。

万が一、原爆が飛来して炸裂した場合は、
運を天に任せるしかないですね。

3年前の緑井水害の時には、
大雨の時の避難基準やら、
家族の安否確認やら、
いろいろ考えましたが、
今年の8月は爆弾が飛んでくる時の
対処方法を考えるようになるとは、
時の流れを感じます。

広島市では小学校の頃から、
平和学習と称して、
原爆のこと、被爆者のこと、
戦争のこと、様々なことを
教えていますが、
少々左よりなのが今になって気になってます。
マスコミの情報を鵜呑みにしがちな、
昭和世代とは違って、
情報が溢れてどれが本当なのかを
見極めないと痛い目にあう時代に育った
平成世代はメディアリテラシーに関しては、
昭和世代よりはるかに強靭なので、
おじさんたちが心配することでも
ないのかもしれませんが、
極端に左右によらないよう、お願いしたいですね。

反面、昭和世代もメディアリテラシーについて、
少しは考えたほうがいいんじゃないかと思いますね。

念のため書いておきますが、
龍仙は戦争推進論者じゃないですよ。
戦争はダメです。
テロもダメです。
憲法9条を日々拝めば平和が保証される、
とは思っていません。
自衛隊の皆さんには、
暑い時も寒い時も国のため国民のために
いろんな制約が多い中
日々働いていただいていることに、
とても感謝しています。
古き良き中国の文物は好きですけど、
中国共産党は嫌いです。
北朝鮮、韓国については、
ご想像におまかせします(笑)

こんなこと書くと
すぐに保守だの右翼だの差別主義者だのと
レッテルを貼る人もいるでしょうけど、
そんなに簡単に分類しないで頂きたいですね。
毎年お越しになる日章旗や旭日旗のついた、
紺色の車の方々とは微塵も接点は無いので、
右翼で一括りにするのはお止めください。
宜しくお願いします。

人の考えはそれぞれ微妙に違うことを
きちんと理解し、尊重しないと、
話は進みませんからね。

ちなみに、
あなたは列の一番左にいます。
同じ列の他の人はあなたの左にいますか?右にいますか?
わからない方は申し訳ないけど、
あんぽんたんです(笑)

よくいる鬱陶しい人に、
自分の考えを押し付けてくる人いるじゃないですか。
あれは龍仙的にはイケてないです。
主張はしてもいいですけど、
相手の考えを無理やり変えてやろうと
思うこと自体が間違いです。

主張を理解して、
相手が賛同するのならそれで構わないし、
賛同しないからといって、
相手を馬鹿呼ばわりするのは間違いですね。

なんだか、
今日は禁断の思想ネタに踏み込んでます(汗)
ダイジョブかなぁ~