モアイ像な作品を模索中





今日も生徒がノーバディな
緑井4丁目教室は、
ここのところ、アトリエと化してます(笑)

そもそも、アトリエというほど、
いい場所ではないんですけど、
ちゃんとエアコンはあるし、
道具は揃ってるし、
自宅で書くより余程集中できます。

以前は書く前の準備に小一時間かかってて、
書く前にベッドを上げて、
掃除機かけて、
狭い部屋であちこちぶつかりながら、
書いていたもんですが、
それでも2×6が限界でした。

緑井4丁目教室は
おんぼろアパートではありますけど、
部屋の仕切りを突破らっているので、
かなりの大きさまですぐに書ける状態にできます。
最大で、6尺12尺までは書けます。
書けるというだけで、
書くということとは別問題です(笑)

そんな大きなサイズを書くのは
当分先です。

さてさて、
謎の表題「モアイ像な作品」ですけど、
長野県現代書藝展に出品する作品のことで、
ユーモラスで謎めいていて愛嬌のある
モアイ像をなんか作品に取り込みたくなったんですよね。

龍仙お得意の、思いつきから始めよう!!
の最たるものではあるんですけど、
ただのお絵かきではダーメなので、
どこに書的要素を取り込むか、
逆に書の中にどうモアイ像を取り込むか、
グーグル先生にモアイ像を見せてもらいながら、
筆に墨をつけて、
落書きしながら、
神が降りてくるのを待っているところです。

最初の作品よりは
随分とクオリティは上がってきた感じですが、
果たしてコレで書?と言えるのかどうか??
前衛ですと言ってしまえば、
どんな作品でも出せるちゃあ出せるんですけど、
これは前衛でもないよね!
なんて言われないギリギリのところを
模索中です。

今のところ、
モアイ像は捨てられるものは全て捨てて、
最小限の線で表現し、
その線を書的な線で一発書きし、
背景には隠し文字を入れた、
迷路のような模様を細かく書き込んで、
モアイ像をより浮き立たせる構想です。

モアイ像の一発書きは、
年賀状の干支キャラ制作と同じプロセスなので、
案外に早く決められたんですけど、
意外と迷路模様のピッチというか、
濃度というか線質というか、
こちらの調整の方が難儀です。

本当はここに作品を載せたいんですけど、
展覧会出品の要件に未発表作品というのがあるので、
ここには掲載できません。

ただ、自分で見ても、
思わず吹き出す、
いい感じの出来にはなってます。

明日は暑い中、
倉吉へ向かいます。
毎日書道展の書道芸術院山陰支局祝賀会出席と
師匠の個展で売れた作品のお届けと、
篆刻のご注文品のお届けです。

道路が混んでないことを祈ります。

これは、すごい、焦るゴキブリ


いきなり画像でごめんなさい、
ここのところの暑さで、
虫たちは元気いっぱいということで、
家ではどこから入ったのか
ゴキブリが闊歩するようになり、
なんか良いものはないかと、
昨日古市橋のジュンテンドーで買った、
フマキラーの新製品ゴキブリ退治グッズ
ゴキブリワンプッシュ
ですけど、
感動の効き目です!!
すごいなんてもんじゃなく、
冷蔵庫や棚の隙間にプシュッと
ひと吹きするだけで、
潜んでいたゴキブリが
勝手に出てきて
次々と死んでいきます。
メーカーページはこちらですけど、
この小さいボトルで80プッシュ分だそうです。
効き目は長持ちするそうですが、
四季折々に駆除作業をするのがベストと書いてあります。
久しぶりの感動商品なので、
ご紹介です。




明日は日帰り東京出張





明日は書道芸術院の関連で、
東京日帰り出張です。
できれば、
今日東京に行って、
毎日書道展の懇親会に出て、
明日の企画委員会に出席というのが、
ベストスケジュールなんですけど、
ここんとこの、
過密スケジュールでちょっとくたびれているので、
なんか、日帰り出張にしてしまいました。

広島から東京って結構遠いんですよね。
同じ距離を東京から北へ向かうと
函館くらいですかね。

ということで、
明日出張の時に持っていくパソコンを
準備していたら、
例によって、WindowsUpdateに引っかかってしまい、
まだ、準備らしい準備ができてないです。
今回のアップデートはメジャーアップデートの気配ありで、
4台あるPCでもれなく時間がかかってます。

何しに4台も要るんだ?
ということには、面倒なので、
お答えしません(笑)
それぞれに何となく目的があるんだと
思い込んでください。

でもって、
今朝は曇り空なので、
チャンスとばかりに、
苗の植え付けをしました。
チンゲン菜、ブロッコリー、金ゴマ、キャベツ
の4種類です。

まぁ曇っていて、風は吹いているとはいえ
暑い程度が違うだけで、
やはり暑いのには変わりなく、
タオルが重くなるほど汗かきました。

なんか鋤と鍬を握ったのは
久しぶりな感じがします。
約1時間半汗をかいて、
速攻シャワーを浴びました。

日中暑いので、
しばらく水やりはマメにやらないといけませんね。

日曜日と祝日は
食事当番になったので、
昼からは、買い物に行ってきます。
コンビニの支払いもしてきます。

一息ついてます





今日の午前中は
珍しく完全OFF状態です、

最近はそうでもないですが、
以前は朝起きるのが苦手で、
勢い教室は午後からという
構成になってしまっているので、
スケジュール表の午前中は
比較的時間に余裕のあることが多いですけど、
ここのところは、
ほれ、例の篆刻ラッシュで、
空いた時間は、ほぼ、篆刻でしたから、
なかなかゆっくりもできてませんでした。

今朝はなんだかのんびり
トマトの収穫をしました(笑)
昼からは、これまた例の肝臓の経過を見てもらいに、
安佐市民病院まで行ってきます。
そのあと、古城園教室です。

ただ、緑井の新教室開講に伴って、
古城園教室のスケジュールをいじった余波で、
水曜日の古城園教室は誰もいなくなりそうです(笑)

まぁ長いこと開けていれば、
誰かは来るんでしょうけど、
移動効率やら利用料を考えると、
この際水曜日は閉鎖した方が
後々すっきりかもなぁ~って、
思ってます。

そうそう、
昨日ようやく長野県現代書藝展の作品制作に
手を付けました。

思ったより時間がかからなくて、
もう少し丁寧に仕事してもいいかなぁ~
なんて思ってしまいましたが、
あまり凝り過ぎても、
鼻につくので、
今年はこのまま行こうかと…

話は変わりますけど、
やっぱり買ってよかったという、
園芸グッズがこれです。

農家の方はすぐにお判りでしょうけど、
都会の方は、なんじゃこりゃ状態ですよね。

押し切りという道具で、
もともとは枯れた藁を切る道具です。
仕組みはというと、
ギロチンのサカサマバージョンです。
馬みたいな下の半円形が刃で、
上から固定枠を下げて、
挟んで切る仕組みです。
指を置いたら、スパッと切れてしまいます(怖)
固定枠が下りているときは
刃が露出しないので、
そうそう事故になることはないです。

で、これで何をしているかというと、
トウモロコシやジャガイモの
収穫後に出る茎やら葉を
小さくして堆肥の原料にするのに使ってます。

以前は燃えるごみとして、
袋に詰めて出してましたけど、
堆肥にできれば、
ゴミも出なくなって、
土もよくなるという
まさに一石二鳥になるんです。

ただ、これには、ステップが2つあります。
一つは堆肥にする方法の確立
もう一つは堆肥の原料確保です。

堆肥にする方法は以前から
生ごみ堆肥を作っていたので、
それを応用できているので、
問題なく確立できています。

もう一つの原料確保のほうは
家庭ごみだけでは、
とても濃い堆肥になるので、
何とか薄めるために、
収穫後の茎やら葉を手で、
チョキチョキした時期もありましたが、
こんな面倒なことは続くわけもなく、
なんかいいものはないかと、
考えていたところ、
昔親戚の農家の倉庫にあった
押切のことを思い出し、
買おうと企んではいたんですけど、
いかんせん、家庭菜園には値段が高い!!

で、Amazonの欲しいものリストに
入れたままにしてたところ、
ここのところの篆刻ラッシュで
臨時収入ということで、
早速購入したわけです。

使ってみると、
この炎天下でも、
サクサクと作業が進むほど
いい感じです。

トウモロコシやキャベツ、ブロッコリーの茎は
特に太いので、ハサミで切ると
くじける一方ですけど、
押切なら、まとめてサクッと切れて、
なんだか嬉しくなります。

今は堆肥にする袋4つを、
回転させながらうまく回っていますけど、
冬になって堆肥化するスピードが落ちてくると、
袋を少し増やさないと、
間に合わないかもしれません。

こんなネタは
都会にお住まいの方には意味不明かもしれませんけど、
園芸ファンの龍仙には
あの頃こうしてたんだという
大事なネタです。

ちなみに、今日はアイコという品種の
ミニトマトを両手に2杯30個くらい収穫しました。
今年は雨が多い割に
甘くてとてもおいしいです。

実はまだ、最初に植えた1本からの
収穫だけなので、
あとから植えた4本が収穫に入ると、
毎日トマト料理になるかもです(笑)

ようやく終了と思った矢先




直前の記事で、
篆刻ようやく終了と書きましたけど、
そのあと、というか、
記事をアップした同じ日に、
追加で注文が届いてました。

でもって、
翌日にまた2本の追加注文があり、
終わんね~~(笑)
とぼやきつつも、
ありがたいですね。

今回ご注文いただいた先生方に、
感謝感謝でございます。

昨日ようやく追加分も彫り終えたので、
ただいま注残0本で、
絶賛受注中でございます。

それにしても、
随分と彫らせていただきました。
6月7月現在までで、
なんと、55本彫ってます。

品質の方はどうかと聞かれて、
困るような駄作はないはずです(笑)

というか、今回の大量受注で、
なんか、久しぶりに脱皮できた気がして
自分が見ても、クオリティが上がってます。

まぁ自画自賛はほっといていただいて、
品質にも手を抜かなかった今回は、
忙しいわけです。

そこで、企み事が好きな龍仙は
一つ妙案を思い付きました。

この好評ぶりを放置するのはもったいない!!
ということで、年に二回くらい、
篆刻のご依頼を受けた先生方向けに、
キャンペーンを張ろうかと…

すこし、企画めいた工夫はいるんじゃないかと思いますが、
この冬からやってみようかと思い付いた次第です。

客商売よろしく、
龍仙の書道教室も1月8月は売り上げが減るので、
それをめがけて、
11月から12月にかけてと、
6月から7月にかけての年2回で
やってみましょかね。

手書き住所印もなかなか好評なので、
摺刷と一緒にPRですね。

本当は名簿の先生方に
漏れなく送ってみたいところですが、
それは、ほれ、悪用とかやり過ぎとかの
レベルになってしまうので、
やりたい気持ちをぐっとこらえて、
口コミ拡販に徹するということで、
今までにご注文いただいた先生方のみに、
ご提供する秘密企画にします。

話は変わりますけど、
今年の我が家の小さな畑は
いろんな物が良く成ってくれます。

こちらの品質はというと、
お察しの通りの素人レベルで、
トウモロコシが特に、
おもしろい実がたくさんあります。

見た目は最悪ですけど、
味はとれたてなので、
おいしいです。

今は夏の収穫が一段落しそうなところで、
秋冬の畑計画を練っているところですが、
ゴマやらソバやら
今まで植えたことのないものを
やってみようかと…

畑を初めて15か月目に至ったところでの
課題というか、
上手くいかなかったのはというと、
なぜか、小松菜、チンゲン菜、
両方とも簡単と言われる野菜ですが、
虫対策に大失敗しています。
両方とも同じ虫です。

もう一つうまくいかないのは、
ほうれん草ですね。

まだ、土ができていないので、
地力も知力も上げないと、
上手くいかないみたいです。

難しいと思っていた
キャベツは案外とうまくいってます。
最初は青虫よけのネットをしていましたが、
天敵のハチが入ってこれないので、
一度青虫が入ってしまうと、
偉いことになってました。

で、ネットを外して、
ハチにハンティングをお願いしたところ、
大小含めて、いろんなハチが飛来してくれて、
青虫被害はほぼ0になりました。

幸いスズメバチは来ないので、
畑のハチは追い払わず
そのままにしています。

で、今年の秋冬は、
初の白菜に挑戦してみようかと…

種はもう買ってあるので、
夏休みが終わるころに、
種まきです。

ようやく篆刻終了




長々とやっていた篆刻ですけど、
今日ようやく注残0本になりました。

師匠の自然形が残ってはいますが、
これは、少し時間をおいて彫ります。

で、
お次の課題はというと、
長野県現代書藝展の作品制作です。
今年は、
ちょいと、へんてこなアイディアを思い付いたので、
そのアイディアを膨らませているところですけど、
恐らく一枚書くのに、
丸一日を費やしそうな感じです。

部門は前衛になるのかなぁ???

お札とモアイです(笑)
ん~わかんないだろうなぁ・・・
果たして書と言えるのかどうかも
随分と怪しいです。

長野県現代書藝展は
とにかく新手にチャレンジできるところが
気に入っている展覧会なので、
毎日書道会の会員になったことは
横に置き忘れるくらい勢いで、
変なことをやらかそうと
心がけてます(笑)

7月から新た強いスケジュールで
教室の時間帯を組み直したんですけど、
まだ、なんか慣れないというか、
曜日と教室がフィットしてない感じです。

状況を見てもう少し時間帯をいじろうかと
企んでいますが、
どうなることやら。

ようやく、出口が見えたかも

ここんとこ、
時間を見つけては、
地味にこなしていた篆刻ですけど、
ようやく、出口が見えてきました。
残り5本というところまで来ました。

6月から定形外郵便料金の細分化で、
定形外の中に規格内と規格外の区分ができて、
篆刻の梱包は印箱含めて、
厚さ3㎝を越えるため、
規格外のくくりになるんです。

以前は定形外規格内の料金で
送れていたものが、
規格外の割高の料金になってしまうんで、
大体で言うと5割増しくらいになります。

ということで、
毎回郵便局の窓口に料金の確認をかねて、
提出しないといけないわけで、
ほぼ毎日何かを持って行っています(笑)

そんな地味な仕事の積み重ねで、
残り5本というところまで
ようやくたどり着けた次第でございます。

銀座ロングの出張からほぼ一か月
何とかなりそうです。

今回の篆刻承りのおまけで、
手書きが住所スタンプになるという、
商品を販売してみたんですけど、
思ったより好評でしたね。

他のはんこ屋さんと違うところは、
書家の手書きが住所印になるというところですね。

活字の組み合わせで、
ハンコにするのは今までもお安いのがありましたけど、
はがきに押せる小さめのスタンプで、
手書き風というのは、
意外とないようです。

ちなみに、
手書きデザイン住所ハンコは
1個(18mm×50mm)が4000円(税込)です。
〒、住所、氏名(号)、電話番号、ファックス番号など、
入れたい情報と縦横を教えていただければ、
1週間くらいでお届けできます。

ご注文は
http://suisenkai.com/?page_id=870

超曇天の七夕は龍仙には特異日

今日の広島市安佐南区緑井周辺は
厚い雲に覆われた微妙な細雨が降ってますね。
残念ながら織姫と彦星は見えそうにないですね。
というか、
最近は周囲が明るすぎて、
天の川が見えません。

さてさて、
今日は7月7日ということで、
実は龍仙にとって、
人生で最大ともいえる特異日の記念日です。
詳しくは書かないことにしますが、
7年前のその日のブログ
http://d.hatena.ne.jp/suisen-an/20100707
でもなんとなく匂わせてますが、
経済的にリセットがかかった日です。

で、マル7年経過した今日はその年季明けというか、
金融機関が与信調査で重要視する
とある一覧表から名前が消える目安とされる日です。

ここまで書けば、
お察しの方もいらっしゃろうかと思いますが、
その際は、多くの方にご迷惑をかけてしまい、
大変申し訳なくお詫び申し上げます。

ということで、
手枷足枷(てかせあしかせ)が外れた今日は、
晴れて、再スタートの日です。

とはいえ、
特別なセレモニーがあるわけでもなく、
いつもの日常が流れていくわけで、
日々、前に向いて歩いていくだけです。

華々しい結果にはならないかもしれませんけど、
人生の後半が良いものになるよう、
倒れない程度に頑張ります(笑)

なんか、
しんみりしてきたので、
この話題はここらへんで終わりにします。

で、
今日の予定はというと、
7月からメルパルク教室の曜日を変えたおかげで、
夜の岩国駅前教室以外は教室がないので、
それまでは、溜まっている篆刻を
やろうかと思ってます。

7月に入って随分と彫ってはいるものの、
未だ終わりは見えず、
あと3本字入れをして、
ようやく、終わりが見えてきそうです。

あとは、受注に漏れがないか、
一度チェックしないといけませんね。

ここのところ、
連続して多くの篆刻の注文をいただき、
ふと思うことは、
篆刻の仕上がりが
少し、垢抜けてきたんじゃないかと…

篆刻の偉い先生方が彫られる印の出来とは
随分とズレた領域にいる自覚はあるものの、
篆刻の線や余白が以前よりすっきり見える気がします。

お金をいただきながら、
上達していく昔の職人のようですけど、
意識をもって自力で向上していくためには、
お金をいただくというプレッシャーや
自分より上席の先生方に提供するというプレッシャーが
一番いいのかもしれません。

龍仙の本職のはずの
「漢字」は、まだまだ、未熟ですけど、
今は、篆刻アゲアゲ期かもしれませんね。

とはいえ、
自信が過信にならないよう、
常に出来栄えに対して謙虚な姿勢は、
失わないようにしたいです。
(実は煽てに非常に弱い龍仙です(笑))

粋仙会書作展終了でこれから撤収

九州は大雨で大変なところが多いようで、
被害に遭われた方、難儀をされている方々に
お見舞い申し上げます。

広島も今回は断続的によく降りました。
まだ降るかもしれませんが、
ひどく降るたびにビビって警戒してます。

さてさて、
おかげさまで、
第5回粋仙会書作展も無事終了し
これから撤収搬出に出かけてきます。

今日は撤収搬出も含めて、
あちこち行かないといけないところがあるので、
効率よく回れるよう、
少し段取りしてます。

あと、ここ数回のブログで
篆刻大繁盛の記事を書いてますけど、
昨日把握漏れが5本発覚し、
またもや終わりが見えなくなりました(笑)

印面の布置はできていたので、
急いで印材整えて、
字入れをしました。

今の正直な感想は、
ようやく、前半の山を乗り切ったかなぁ~
ってとこです。

篆刻はなかなか終わりませんが、
展覧会事務局の仕事はほぼ終了。
あとは審査関連と展覧会出品を、
毎年の通常モードでこなしつつ、
スポットで新しい仕事をこなしていきます。

あっという間に台風通過

今日は昼頃台風最接近通過ということで、
少し警戒してましたけど、
何のことはない、
広島は多少風が強くなって、
多少雨が降った程度でした。

メディアでは災害が発生しているところを
報道しているようで、
災害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

さてさて、
今日は緑井4丁目教室の日だったんですけど、
問い合わせもなかったので、
サボりました(笑)

さぼって、
自宅で、篆刻の字入れと彫り彫りなどなど、
篆刻仕事をしてました。
現在ご依頼のあった篆刻の注文分は
すべて字入れを完了!!
後は彫るだけなんですけど、
数えてみると15本!!
ありがたくも多少ブルーが入ります。

で、今日は5本掘りました。
以前なら5本も掘れば、
親指が痛くなったあと、
ほぼマヒしてくるんですけど、
最近はなんか平気になりました。
慣れですかねぇ~

工房仕事としては、
住所印が3本残ってます。
こちらは偉い先生が多いので、
チョットビビってます(笑)

ともかくも、
今月中には現時点での注文を
すべて終わらせたいです。

話は変わりますけど、
トウモロコシ大きくなってますよ。
この前収穫が早すぎて、
ヤングコーンより大きく
トウモロコシより小さい
という、まったく食料にならない状態だったので、
今、じーーーーっと充実するのを待ってます。

ただ待つのも悔しいんで、
一番早い実の髯をこっそり分け入って、
充実度を観察してます(笑)

で、トウモロコシ以外でも、
人生初の自家製キャベツ収穫しました。
なんか、どっかの飲み物じゃないですけど、
充実野菜状態です。

もう一度話は変わりますけど、
何を思い立ったか、
漢字検定を受験することにしました。

最近漢字が書けなくなってきてるのと、
読み(特に訓読み)が怪しい漢字に遭遇する場面が増えて、
勉強し直さんといけんなぁと思ったのが
良かったのか悪かったのか、
どうせ勉強するなら、
漢字検定を受験しようという、
とっても短絡的な思い付きです。

ただ、いつも、
三日坊主になるので、
本を買って、受験の申し込みを済ませ、
さっさと払い込みを済ませました。

取り敢えず申し込んだのは
いきなり準1級(汗)

1級に受かるつもりで勉強して、
ダメそうだったら1級の追加申し込みはせず、
いけそうだったら、
追加で1級の受験申し込みをします。

対象漢字は準1級で3,000字
1級は6000字です。
書道を通して、
旧字体、書写体など、
いろんな漢字は知っているつもりでも、
知らない漢字も多々あるわけで、
おさらいを兼ねて、
レッツトライします。
事実、
練習問題や過去問をチョチョットかじってみるに、
現状では準1級でも不合格決定です(笑)

さてさて、
粋仙会書作展はいよいよ明日で終了となります。
撤収はあさって午前中に行います。
まだ、ご覧になっていない方は、
ぜひお越しください。