年度末は教室ALLOFF


第5土曜日の今日平成30年3月31日の
粋仙会書道教室は直営教室のみのため
ALLOFFでございます。

今年に入ってから、
アルパーク教室のロビー展示
第7回役TATAZ書展
つい先日の
メルパルクロビー展示
とほぼ毎月、なんか展示している龍仙ですが、
今度は毎年恒例の、
粋仙会書作展ということで、
第6回になります。

例年、6月末からなんですけど、
今年は7月にズレ込んじゃいました。
会期は7月6日から18日の2週間で、
いつもお世話になっている
フジグラン緑井5FギャラリーPASSEGEで
9時から24時(最終日は21時)で開催予定です。

ということで、
これから、社中向けに出品要項の発送と、
お客様向けのはがき送付準備にかかります。

準備しつつも、
書道マイデジタル図書館の作り込みや、
毎日書道展の作品を考えたり、
秋季展のアートサロン毎日のちょっと大きな作品と、
ぼつぼついただいている篆刻のご注文やら、
なんやら、かんやらで、
今日はこちらの次元に、
明日はあちらの次元にと、
日々パラレルワールドで過ごしてます(笑)

本当は
羽根の筆づくりやら、
溶墨づくりやら、
簡易展示資材の作成やら、
いろいろやりたいことは山積みなんですけど、
誰にも迷惑が掛からないところは
とりあえず後回しになってます。

龍仙のような自由業的自営業は、
誰からも、強制されるわけではないので、
自分でうまくコントロールしないと、
結局自分がフン詰まってしまいます。

今日で年度が終了、
明日から新年度ですね。
子どもたちの学年を間違える恒例の季節となりました。
生徒に怒られるんですよね。。。(笑)

子どもの成長は早いもんで、
我が家の息子は今年大学受験です。
本人当たり前のように大学に行く気になってます。
まぁ勉強はそこそこなので、
当たり障りのない私立文系に進学できると思いますが、
本人のやりたいようにさせてます。

昔教育ママと呼ばれた(龍仙はそう呼んでいる)
息子のばあちゃん、つまり、龍仙の母ですが、
息子で叶わなかった夢を
孫で実現しようと、
好き放題言ってますけど、
当の孫は(龍仙の息子)は、
メンドクサそうに聞き流してます(笑)

龍仙としては、
息子の応援しかできないので、
大学進学の金策に必要な知識を
鋭意取得中です。
といいつつ、
当の息子は、本日スポーツセンターへ
一日中バスケをしに行きました。

日頃の行動やら、会話を聞いていると、
息子もそれなりに考えているようなので、
危なっかしくても、
あまり手を出さないようにしてます。
気になるのは、やや時間にルーズなところですね。
本人なりにプライオリティを勘案して
行動してるんでしょうけど、
ぎりぎり行動が嫌いな龍仙から見ると、
イラッとすることはしょっちゅうデス(笑)

ということで、
我が家の息子さんは明日から
晴れて進級OKということで、
高校3年生です。

そういえば、一昨日、
NASH記念日でした。
龍仙的記念日はいくつかあるんですけど、
禁煙記念日(12月28日)と並んで大きな記念日の
NASH記念日(3月29日)です。
って、NASHって何?
ですけど、
非アルコール性脂肪肝炎
の英名略=NASHだそうです。
そう、要は病気発覚記念日です。

健康管理上の戒め日として
制定されました。
診断が下ったのはちょうど一年前で
現在の肝臓系の数値は安定してます。
少し高めですけどね。

脂肪肝だけなら、
注意しましょうねで済むんですけど、
脂肪肝炎を診断されると、
いろいろといわれます。

といっても、医者の言うことは、
「痩せろ」
「夜の炭水化物を減らせ」
「有酸素運動しろ」
くらいで、
薬で痩せさせるとか、
薬で基礎代謝を上げるとか、
食欲が落ちる薬が出るとかじゃないので、
医療費が馬鹿らしくなってきます。

ちなみに、
血糖は今まで異常が出たことはないですが、
尿酸と高血圧は行ったり来たりなので、
それなりに、食事を抑え気味にはしてますけど、
昨日鳥取の先生からいただいた、
いちごが、そりゃぁもうおいしくて、
1パックペロッと食ってしまいました。
ごちそうさまでした。

高血圧も
昨日の常識は今日の非常識的に、
ただ塩分を抑えるだけOKというのは
どうも違うようです。

メタボリックな症状たちは、
とかく医者(学会)が予防的病気に
指定するものであって、
いろいろと解明が進んでいく中で、
対応対処も変わって、
薬も変わってきてます。

高血圧だけで、
死亡するわけではないので、
そこのところは理解しておく必要があるようです。
ただ、高血圧が原因で目の前が白くなったりする方は、
生命の危険がありますので、
医師の指示に従った方が良いと思います。

ただ、どこを探しても、
高血圧になる根本的な原因は
判んないんですよね…
ちなみに、日本人は
昔からの食生活に塩分が多いので、
塩分耐性がついている方も、
日本人以外よりもかなり多いという記事もありましたから、
ただ塩分を減らしても、
良くならない人もあるようです。

ちなみに、
ただいま龍仙が実行中の高血圧対策は、
タオルメソッド&体の柔軟化&Ca&Mgです。
龍仙の場合はDHA、EPA、ナットウキナーゼなどの
血液サラサラ系統のサプリの効果が全くなく、
どうやら、血液はすでにサラサラのようなので、
今は血管系と代謝系に焦点を当てて
あれこれやってます。

龍仙の場合は、医者の言うように体重を落とせば、
血圧を下げる効果があるのはすでに実証済みですけど、
今回は体重は無視して、あれこれ実行中です。

ちなみに
タオルメソッドは
ためしてガッテンの一酸化窒素(NO)に着目した方法、
体の柔軟化は
相撲力士に高血圧がいないことをヒントにした方法、
Ca&Mgは
塩分の取りすぎではなく、
塩分NaとカルシウムCaマグネシウムMgのバランスの悪さが原因とする、
記事によりものです。

具体的には
丸めたタオルを握って、
柔軟運動をします。2分くらいで一度終了、
そのあと柔軟運動は継続して、
今日の痛さの限界点までやります。
Ca&Mgは人工的な合成品はダーメ
ということなので、
天然由来系サプリメントで補給してます。
原料表示を見れば、
「貝殻の粉末」だったりします(笑)

この実験を始めたのが、
10日くらい前からなんですけど、
2日目くらいから効果が出てますね。
走るとかウォーキングがちょいと面倒な
龍仙には夜風呂上り寝る前の
体調維持のお仕事としてやってます。
ものの、5分のあれこれで効果が出ているので、
このまま続けつつ、
ひとつづつ、やめていって、
どれが一番原因に近いのかを
突き止めたいと思ってます。

太り過ぎは良くないというのが
今は常識ですけど、
多少太目程度はいいような気がするんですけどねぇ…
まぁ健康の基準をどこに置くかによって、
個人差はあるでしょうけど、
今の学会の基準も、
怪しいもんです。

昨日からず~っと雨ってます。


来週からの中国新聞メルパルクロビー展の準備は
まだできてませんけど、
まぁ小規模なのと、
カルチャー教室の展示なので
準備物も少ないんで何とかなるかと…

前回の投稿からおよそ3週間が経ち、
死んでるんじゃないかとご心配の向きもあろうかと思いますが、
ホレこの通り生存しております(笑)

ブログ更新もせずに何をしてたかって?

それはですね、
書道マイデジタル図書館の作り込みを
沢山してました。

御蔭で、随分とphpやらJavascriptやらcss周辺に
慣れてきて、修正やらエラー取りやらにかける時間が
少なくなってきました。

会社に勤めていたころは、
システムの仕事もしていたので、
何のことはなくこなせていプログラミングも、
50歳を超えると、
コーディング(入力)自体も億劫になり、
今回もこれが最後かなぁ~と、
思いつつも、追いつめられるとやればまだできるんだと、

ただ、追いつめられないと、という点が、
若い時と変わっていない嬉しくない若さで、
多少複雑な気分ですが、
まぁこのまま歳をとっていく予定です(笑)

それにしても、
雨がよく降りますね。
昨日も一日中降ってましたが、
今日も飽きずに降ってます。
窓から見えるお隣さんのサクランボの花も、
散り始めました。
サクランボが終わると、
いよいよ、植えてから初の開花となる
我が家のソメイヨシノ(4才)の開花です。

ここ数日で、
日に日につぼみが大きくなり、
今は、中から花鞘のピンクが見えるようになってきました。
開花が楽しみで仕方ないです。

今までに、ソメイヨシノは何回か植えたことはありますけど、
引っ越しやら、売却で、
その地で開花するまでに至ったことがなかったので、
なんか、存外にうれしくて、
良いことがありそうな予感です。

で、ブログをさぼる理由になっている
書道マイデジタル図書館の制作進捗ですけど、
大物はほぼ完成。
後は小物の制作と、
使いやすさのきめ細かな動作確認が
残ってます。
並行して、手本の揮毫と登録もやっていかないといけませんね。

とりあえず4月スタートはできそうですけど、
安定稼働にはもう少しかかりそうなので、
同僚の先生とも協力しながら、
いいものに仕上げていきマース。

いずれは毎月1万点投稿を受け入れ、
全国書道競書雑誌を追い抜き、
全国メジャーな段級判定サイトにしたいですね~

競書誌がライバルというわけではなく、
競書雑誌+デジタル図書館という位置づけで
いいんじゃないかと思いますが、
書道の先生方は「デジタル怖い」の方も多く、
すんなりと受け入れてはもらえなさそうですが、
まぁ何とかなるでしょ!

広告収入が安定してくれば、
投稿料金の値下げや、無料化も考えてます。
サイト完成後は、広報活動と、
営業活動しないといけなさそうです。
営業は苦手ですけど、
ぼつぼつやっていきます(笑)

なんか、間が空いてしまった。

前回、不覚にも風邪をひいてしまった報告を
させてもらいましたが、
風邪は歯すぐに治ったものの、
それ以来、約2週間ブログを更新しておらず、
ごめんなさいです。

なんか、いろいろとすることがあって、
未だ完遂できておらず、
どたばたと日々を過ごしております。

ただいま絶賛開催中の役TATAZ書展も
今週で終わりです。
まだご覧いただいていない方は、
まだ少し寒い緑井までお越しください。
緑井駅の目の前の緑井フジグラン5Fエスカレーター目指して来ると、
迷わないと思います。

ただ、今回は反応がいまいちな感じです。
大作がないのがいけないのか、
大作がないのをごまかすために、
小作品の作品点数を打つもの倍に増やしたのが
いけなかったのか、
ただ単に、マンネリズムに陥って
目新しさが欠けていたのか、
未だ分析できてないです。

絶賛開催中と自分で絶賛と書くのも
何ともおこがましい気がして後ろ向いて小さくなっている
今日この頃です。
そういえば、今回の作品の中に、
「後ろ向きになったら、バックで進め」ってのがありました。
自分的にはとても気に入っていますが、
こんなところで、自分に適用することになろうとは、
思いもしませんでした。

でもって、
今週の日曜3月4日8時くらいまで開催中です。
実は搬出の3月4日は倉吉の祝賀会があり、
終日広島にはおらず、
倉吉から帰ってから、
搬出撤収となります。

今月2月ももう終わりで、
2月生まれの龍仙は然程めでたくないけど、
53歳になりました。
120歳まであと、えーと、67年あります。
ここは一つ頑張って生き延びようと思います(笑)

話は変わってしまいますが、
去年に引き続き篆刻のご注文を
継続的に頂いております。
ご注文いただいた先生方に感謝m(_ _)m
ただ、昨年末から若干のクレームをいただき、
反省しきりな龍仙ですけど、
単純ミスが出てきているので、
ここは一つ少々ため息じゃなくて深呼吸して、
落ち着いて対応していきたいと思います。

そういえば、ブログでは普通に使ってる、
「思う」って言葉を禁止してた時期がありました。
会社勤めをしていた時に、
自分で自分に課していた、禁止令でしたけど、
出世には役立ちました。
自分の逃げ道をふさぐというか、
なんか、精神的な杭というか箍(たが)というか、
そんな感じでしたね。

今思えば、その時期はそれで良かったけど、
今の自分にはチト違うなぁ感があります。
物事を推し進める力が弱くなったせいなのか、
周りに配慮や思慮し過ぎなのか、
「思うな、やればいい」的なことを
実践すると何かと起こりそうな環境にいるような気がします。

昨年ほど忙しくはないけど、
何かといろんなお役が回ってくるので、
一つずつ粗相のないようこなしていくほかなさそうです。

なんか、今日は取り留めもなくだらだらと書いてますけど、
ちょっとお疲れ気味な気がします。
週末は倉吉祝賀会、
来週は東京の企画委員会と
お出かけ予定が多いので、
体調に気を配りつつ、
コツコツやっていきます。

あと、デジタル図書館は
評価体系に大幅変更をかけることになったので、
少しオープンが遅れるかもしれません。
予定通りに来月からプレオープンできるよう
これまた、コツコツやっていきます。
今回個展作品で一番のお気に入りの色紙に「神」です。


今更ですが、今年もよろしくお願いします。

年末年始はすっかりブログをさぼってしまい、
失礼しました。
病に伏せっていたのではなく、
例の書道マイデジタル図書館の
ウェブサイトをゴリゴリと作りこんでました。

でもって、昨日一昨日で、
ウェブサイトをゴリゴリやってた間に溜まってしまった、
篆刻13本を仕上げて、
先ほど郵便局に持ち込みました。

実は、昨年末に一気に彫った時に、
左右の親指に腱鞘炎発生。
腱鞘炎は休ませるしかないということで、
印刀は持たないことに決めて、
年末年始は正月返上で、
ウェブサイト作成に集中していたというわけです。

ところが、十分休憩させたにも関わらず、
最初の2,3本で、
印刀を持つ右手の親指がどうも、
腱鞘炎になりそうだったので、
プロテクターをつけて、
篆刻再開し、なんとか2日で13本彫りました。

昨年に引き続き、
篆刻のご依頼は順調で、
本日ようやく初荷となりました。
ご注文いただいた方々に感謝申し上げます。

で、
ウェブサイトの進捗はというと、
一番の難関と想像していた作品撮影後の、
作品画像から作品を切り出し、
変形を補正し、紙の皺を補正で取り払い、
作品全体の輝度を調整するという、
龍仙的には未知の世界に身を投じて、
なんとか正月3が日で完成させました。

解像度の点で多少気に入りませんけど、
とりあえず子供作品や大人の感じ作品については、
実用レベルの画像に仕上がりました。

画像処理の課題は、
かな作品に対応すること、
淡墨作品に対応すること、
様々なサイズに対応できること、
くらいかなぁ…

ここまで、できれば
画像処理に関しては完成と言えるレベルです。

手順は
トップ画面>先生の本棚>生徒の本>撮影ボタン>撮影>登録確認>先生の本棚
撮影は毛氈などのくらい背景の上で半紙を撮影すると、
自動で画像処理して、画面に表示、
優良可の判定とコメントを入力して、
確認後に登録すると、段級位を自動判定して、
登録完了となります。

トップ画面はこちらトップ画面
お試し画面はこちらです。作品撮影お試し画面

まだ、未完成部分もあるので、
その点はご容赦ください。
4月1日に正式リリース予定で、
登録から半年は無料期間の予定です。

最大の山場は越えたものの、
まだまだ、作りこまないといけないものが
結構あるので、鋭意ゴリゴリやります(笑)

合間を縫って、
個展の準備もします。

肩こりにはこの1冊!

なんか、悪いサイトのキャッチコピーみたいなタイトルですけど、
ほんと、この本はいい感じです。
御幼少の頃より肩こりに悩まされ続けている龍仙ですけど、
この本はなんか本物っぽいです。

一通り試してみましたが、
筋肉が柔らかくなっているのを実感できます。
指の届く範囲のコリなら、
坂戸孝志博士の「緩消法」なるもので
筋肉は柔らかくなりこりがほぐれていきました。

いろいろとコツはありそうですけど、
動作は簡単、指をあてて、筋肉をゆっくりと動かす。
ただ、それだけです。
詳しいことは

を買ってみてください。

パソコンも仕事のうちの龍仙には、
朗報の一冊です。
パンツ(帯)を履いた状態だとこんな感じです。

さてさて、
龍仙の年内の教室は
28日の古城園教室で完了となります。
おそらく、参加者は数少ないと
予想はしていますが、
信州安曇野から取り寄せたお蕎麦を、
配布しないといけないので、
休んでいる場合ではないんです(笑)

今年も昨年と同じく、
10袋(1箱)30人前を一括購入
3人で山分けです。

師匠には生わさびをつけて、
28日到着のお歳暮で毎年恒例にしています。
御歳暮も期待して待ってもらえると、
送り涯もあろうというもんです。
毎年長野の審査に行ったら、
必ず買って帰ります。

師匠に送ったのはこちら

年が明けたら、自分用再購入もしようかと思ってます。
ちなみに、風味は落ちますけど、
賞味期限を少々過ぎても、
十分おいしいです。

ということで、
今日は15時からメルパルク本年ラスト教室です。
といっても、いつも通りですけど(笑)

そうそう、
最近あくびが頻繁に出ます。
甘いものたべーの&よく寝るーの&高血圧症なので、
低血糖、寝不足、低血圧とは考えにくく、
脳の酸欠なんだろうと思いますけど、
それにしても、
よく出ます。
もしかしてプチ脳血栓?
なんて、悪い方へは考えない龍仙です。
と書きながら、あくびが出てしまう今日この頃です(笑)

今年の年末年始は、、
「は」じゃないですね「も」ですね。
今年の年末年始も、
全くどこにもいかない、
自宅でごそごそやる年末年始です。

この年末年始に何とか仕上げたいのは、
書道の作品ではなく、
例の書道マイデジタル図書館のコーディングとテストです。

つい先日から、
コーディングと走行テストを再開しているんですけど、
画像登録の前段階の処理のところで、
どれがベストなのかを
一昨日から少しお悩み中です。

ページに汎用性を持たせて、
無駄なコーティングを減らそうとすると、
後で保守メンテしにくくなるし、
自分のスキルとの戦いというか、
折り合いというかそんな感じの状況です。

今回のサイトは、
若干の金銭をいただく仕組みなので、
いつもより、余分な気遣いをしてます。

龍仙の老後の収入は
これで決まりますね(笑)

2月の個展もよろしくお願いします。

年賀状 投函完了!

年末の気ぜわしい中、
合間を縫って作っていた年賀状を
先ほどようやく投函できました。
これで、一安心です。
あとは、残りの教室やって、
そば食って、良い年を迎えます。

今回の年賀状は
数にして200枚弱でした。
ただ、
書いた総数はなんと700枚(7箱)でした。
その差の500枚は何かというと、
社中展の会場で頒布したのが、約300枚
教室の生徒さんがお持ち帰りしたのが、約200枚
といった感じです。

当然というかすべて無料配布なので、
一箱約3000円で、2万円かぁ…
来年は少し原料費をもらおっかなぁ…
というのを
去年も言ったような気がするなぁ(笑)
ちなみに、昨年は総枚数450枚でした。

皆さんにご愛顧いただいているのは、
大変ありがたいんですけど、
すべて違うデザインを心掛けているので、
ネタ切れも甚だしくなり、
400枚を過ぎたあたりから、
ぐるぐるデザインになってしまいました。

ということで、
今日は例の書道デジタル図書館の画像撮影部分を
ゴリゴリやろっかなぁなんて思ってます。
処理のサブルーチンはできているので、
組み合わせて、
流しテストして、
上手くいくまでやりたいですけど、
上手くいかないかもしれません(笑)

画像登録はサイトの中でも、
コア中のコア部分なので、
手抜きは許されません。
かなり高いクオリティを実現しないといけないので、
おそらくチューンナップに時間がかかりそうです。

デジタル草書辞典もやりっぱなしで、
箱はできているけど、
運用データが中途半端なので、
WEB競書誌の書道デジタル図書館が完成したら、
デジタル草書字典「JIJI典」もダッシュをかけて
データ登録していきます。

ちなみに、
書道デジタル図書館の完成は
年内は無理そうです。
ごめんなさい。
おそらく3月末です。

試験運用開始は
もう少し早くなりますので、
ご協力いただける先生方、
大募集中です。

大雑把に概要を言うと、
投稿した作品がネット上でいつでもどこでも見られ、
段級の管理の必要がなくなり、
今までの履歴もお手軽に閲覧、
しかも、他の社中の作品も見学できるネット上の競書誌です。
点数で昇段の判断を自動で行い、
点数は社中の先生が、
画像登録と同時に行い、
その時にコメントも添付できます。

全員写真版に載るウェブ競書誌です。
お値段なんと、1点100円。
今までの本の雑誌が600円から1000円なのに比べると、
随分とリーズナブルです。

締切は特に設定がなく、
各人の進捗に応じて、
先生がアップしてくれると
その課題は終了という運用が
教室ではわかりやすいシステムになっています。

また、学生は幼児小学生から大学生まで
段級位が途中でリセット落ちすることがなく、
学生から一般に変わった時も
読み替えで実績を考慮した移行が可能です。

当初の段階では硬筆と半紙作品に限定して運用していき、
半切や不定形サイズなどは運用が安定してから
機能を追加をしていきます。

でもって、
お試し期間は1年間。
お試しなので、当然無料です。

システムの試験運用が始まったら
改めてお知らせしますが、
やってみたい、やってもいいよ
とおっしゃる先生がいらっしゃいましたら、
ぜひ、お知らせください。

初期登録が面倒という方は
資料をお送りいただき、
こちらで登録を行います。
お知らせいただく情報は
先生に関すること、
教室に関すること、
生徒に関すること、
支払に関すること、
の4種類です。
運用を開始した後の先生方の手間は、
1.作者(生徒)を選ぶ
2.作品をスマホで撮影する。
3.点数をつける(よい、ふつう、いまいち)
4.あれば、コメントを入れる。
5.登録ボタンを押す。
を作品展数分繰り返します。
出品券の添付や、
段級の管理などはすべてシステム側で行います。
先生はスマホ一つで書道教室の運営ができます。

ん~全然概要じゃないですね(笑)
でもって、
龍仙の教室でも当然使いますが、
先生方にもいくらかのキックバックをする予定です。
龍仙的には老後はこれを年金の足しにしようかと思ってます(笑)

今年の篆刻、腱鞘炎で終了(笑)

一昨日、古城園に卸の篆刻4本を含めて
9本を彫り上げて、
今年篆刻は注残0本となりました。

なんだか、ほっと一安心ですけど、
両手の親指、右は第1関節、左は第2関節が
腫れてはいないものの、
押すと痛いのでした。

おそらくというかほぼ間違いなく、
指関節周辺の腱鞘炎です。

何せ、今年は例年50本程度の4倍以上の
222本!!!
腱鞘炎にもなるわけです。

ネットで親指サポーターを購入して、
ただいま常用ちゅうです。

いろんな篆刻をさせていただきましたが、
彫ればデザインもいろんなバリエーションができてくるわけで、
手中に得たデザインの雰囲気は、
更に進化中です。

今年ご注文いただいた方々に、
深く感謝申し上げます。
来年もよろしくお願いします。

ということで、
気分は師走の前半にもかかわらず、
完全に年末モード!!
ぼつぼつ、今年最後の教室で、
「良いお年をお迎えください。」の
定型句を聴くようになって、
さらに、気分は年越しそばです。

でもって、
今年は仏壇の上りが非常に良いですね。
昨年までも、仏壇がいっぱいになるくらい
御歳暮で頂いたものを
お供えしてるんですけど、
今年はいつにも増して、
仏壇は供物の山もり状態です(笑)
仏さんもダイエットが必要なくらいの勢いです。

あっそうそう、
2月の下旬に例によって
藤井龍仙書作展
別名「役TATAZ書展」を開催します。
マンネリ化は否めませんけど、
今回で7回目になります。

今回の目玉は、
長野県現代書藝展に出品した、
モアイを展示します。
「書ぢゃねーだろ!!これ!!」
というご批判は甘んじて受けつつも、
ぜひご覧いただきたく存じます。
ジブン的には案外名作扱いです(笑)

篆刻も一段落したということで、
年末年始休暇は、
専ら、書道マイデジタル図書館の
サイト構築を進めていきます。
尻切れトンボになっているところまでの復讐をしつつ、
要の画像処理を完成させます。
カメラからダイレクト画像>明るさ処理>正立処理>サムネ作成>サイトアップ
を完成させるんですけど、
前回構築を断念したプログラムを
追加修正するので、さほどではないかもしれませんけど、
エッジ検出など難しい処理もあるので、
龍仙のスキルでは難儀すると思います(笑)

篆刻203本





今年は何というか、
本業は漢字作家という言葉が、
何とも空々しく妄想と化してしまった、
複雑な年でしたねぇ。

って、まだ終わってないですけど、
久しぶりの注残0本で、
ホッとしつつ、彫った篆刻は
なんと、203本!!
もうこんなことはないだろうなぁという数字です。

例年は50本前後なので、
4倍です。
おかげさまで、
全体の収入も専業になって以来の売上高になりそうで、
ご注文いただいた方々に厚くお礼申し上げます。

売り上げも最高なんですけど、
倉庫兼アトリエ兼教室の
おんぼろアパート賃貸の影響で、
費用も最高なわけで、
利益はさほど躍進はしてないです(笑)

さてさて、
再来週から始まる
第3回粋仙会秋季書道展の準備に
ようやく本格的に取り掛かれる状況になり、
今日から、エンジン吹かして頑張ります。

3回目となると、
妙な慣れが出てきて、
なにやら危険なにおいが漂ってますけど、
今日から3日で目鼻を付けます。
最終の裏打ち上がりが16日なので、
その後の準備もしないといけませんね。

年賀状も書かないといけないし、
その前に書道芸術院展の作品も書かないといけないわけで、
せわしい年末になりそうです。

あっ、デジタル図書館もやらないと・・・

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展

広島市の高齢者いきいき活動ポイント事業登録完了しました。





いままで、高齢者に対して支給されていたタクシーチケットの
一部を振り替える事業として1ポイント100円相当のスタンプラリーとも言える、
広島市の高齢者いきいき活動ポイント事業登録完了しました。

龍仙の書道教室なら、どこでも、
スタンプ帳を持ってきていただけると、
ポチっと押させていただきます。

活動団体登録通知書はこんな感じ、

この事業が定着し成功するかどうかは、
未だ定かではないですけど、
生徒さんに教えていただいて登録完了です。

手続きは申請書1枚裏表を広島市の担当部署に送るだけです。
申請から2,3週間でスタンプが届きます。

そろそろ年賀状の季節です。
粋仙会ではオール手書きの年賀状のサンプルを
会員さんには無料でお渡ししています。
この時期だけでも教室にお越しください。

そりゃそうと、
篆刻が終わったと思ったら次が来るという、
ありがたい悲鳴です。
お安く提供しているので、
頼みやすいのもあるとは思いますが、
リピートの先生方がお弟子さんやご友人にということで、
ご注文いただいています。

龍仙の篆刻の作風は、
ゆるキャラのような、
篆刻専門の先生が彫らない、
妙なかわいさがあるらしく、
好評いただいております。
特に女性の先生には大好評なようです。

男性の先生に受けが悪いのか、
はたまた嫌われているのか(笑)
よくわかりませんけど、
ご注文少なめです。
というか、女性の先生の注文数が、
かなり多いのかもしれません。

ということで、
今年は例年の3倍の150本を
あっさりと通過してしまい、
現在179本+手書き住所ハンコ10本です。
で、注残が10本あるので、
篆刻工房粋仙庵、初の200本受注かもしれません。

ただ、昨日マイワゴンRが故障してしまい、
現在ディーラーに入院中なので、
売り上げは修理代に消えていきそうです。

篆刻に追われつつ、
年賀状の見本作成をしながら、
月末の社中展の準備をしという状況で、
なかなか、書道マイデジタル図書館のサイト作成に取り組めません。
今月は鳥取出張が3回あるので、
結構忙しくなりそうです。

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展

秋バテ解消法





急に寒くなりましたね。
衣替えは全く間に合っていないので、
半袖のアロハシャツが、
寒そうにハンガーにかかってます(笑)

ということで、
この寒暖差に全くついていけなかった龍仙は、
先週「だるい」「眠たい」の連続で、
教室で「なんかだるくて調子悪いんですよね~」と
つぶやいたところ、
生徒さんから
「先生、それは秋バテというらしいですよ」
とのご回答をいただき、
早速調べてみたところ、
気温差に体がついていけず、
副交感神経系が優勢になって
何とか寝させて回復しようと
だるさと眠気の指令を出している
とのこと。

解消法はいくつかありましたが、
母曰く「シャワーだけじゃけーよ」
「湯船で温まったら治るよね。」
とのアドバイス。

以前なら、民間療法的な扱いで、
多少疑っているところですが、
ネットに記載の解消法の一つに
大きな筋肉を温めろというのがあったことと、
「まぁ、風呂に長めに浸かればいいかなぁ」
ということで、昨夜早速、
烏の行水改め、ゆっくりのぼせ気味に
湯につかってみました。

すると、
今までのだるさが嘘のように解消、
逆に寝ようにも寝られず、
軽い徹夜になってしまいました(笑)

てなわけで、昨夜は、
眠気改め寝てないです。
とはいえ、ずっと横にはなっていたので、
疲れはないですね。

たまには親の言うことも聞いてみるもんです(笑)

さてさて、
ご好評をいただいております、
龍仙篆刻ですが、
今年彫り上げた数が、
150本を超えました。
ご注文いただいた方々に
厚く御礼申し上げます。

例年はコンスタントに50本くらいだったので、
今年はその3倍をすでに彫っているということで、
なんか、ほんとに150本も掘ったんだろうかと、
足し算し直してみたりで、
不思議な達成感があります。

そんな、篆刻ビジーの影響で、
書道マイデジタル図書館サイトの作成が、
全く進んでません(汗)
おまけは、漢字検定欠席で止めって感じです(笑)

今日は肝臓の状況検査日です。
これから行ってきます。

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展