今年の篆刻、腱鞘炎で終了(笑)

一昨日、古城園に卸の篆刻4本を含めて
9本を彫り上げて、
今年篆刻は注残0本となりました。

なんだか、ほっと一安心ですけど、
両手の親指、右は第1関節、左は第2関節が
腫れてはいないものの、
押すと痛いのでした。

おそらくというかほぼ間違いなく、
指関節周辺の腱鞘炎です。

何せ、今年は例年50本程度の4倍以上の
222本!!!
腱鞘炎にもなるわけです。

ネットで親指サポーターを購入して、
ただいま常用ちゅうです。

いろんな篆刻をさせていただきましたが、
彫ればデザインもいろんなバリエーションができてくるわけで、
手中に得たデザインの雰囲気は、
更に進化中です。

今年ご注文いただいた方々に、
深く感謝申し上げます。
来年もよろしくお願いします。

ということで、
気分は師走の前半にもかかわらず、
完全に年末モード!!
ぼつぼつ、今年最後の教室で、
「良いお年をお迎えください。」の
定型句を聴くようになって、
さらに、気分は年越しそばです。

でもって、
今年は仏壇の上りが非常に良いですね。
昨年までも、仏壇がいっぱいになるくらい
御歳暮で頂いたものを
お供えしてるんですけど、
今年はいつにも増して、
仏壇は供物の山もり状態です(笑)
仏さんもダイエットが必要なくらいの勢いです。

あっそうそう、
2月の下旬に例によって
藤井龍仙書作展
別名「役TATAZ書展」を開催します。
マンネリ化は否めませんけど、
今回で7回目になります。

今回の目玉は、
長野県現代書藝展に出品した、
モアイを展示します。
「書ぢゃねーだろ!!これ!!」
というご批判は甘んじて受けつつも、
ぜひご覧いただきたく存じます。
ジブン的には案外名作扱いです(笑)

篆刻も一段落したということで、
年末年始休暇は、
専ら、書道マイデジタル図書館の
サイト構築を進めていきます。
尻切れトンボになっているところまでの復讐をしつつ、
要の画像処理を完成させます。
カメラからダイレクト画像>明るさ処理>正立処理>サムネ作成>サイトアップ
を完成させるんですけど、
前回構築を断念したプログラムを
追加修正するので、さほどではないかもしれませんけど、
エッジ検出など難しい処理もあるので、
龍仙のスキルでは難儀すると思います(笑)

篆刻203本





今年は何というか、
本業は漢字作家という言葉が、
何とも空々しく妄想と化してしまった、
複雑な年でしたねぇ。

って、まだ終わってないですけど、
久しぶりの注残0本で、
ホッとしつつ、彫った篆刻は
なんと、203本!!
もうこんなことはないだろうなぁという数字です。

例年は50本前後なので、
4倍です。
おかげさまで、
全体の収入も専業になって以来の売上高になりそうで、
ご注文いただいた方々に厚くお礼申し上げます。

売り上げも最高なんですけど、
倉庫兼アトリエ兼教室の
おんぼろアパート賃貸の影響で、
費用も最高なわけで、
利益はさほど躍進はしてないです(笑)

さてさて、
再来週から始まる
第3回粋仙会秋季書道展の準備に
ようやく本格的に取り掛かれる状況になり、
今日から、エンジン吹かして頑張ります。

3回目となると、
妙な慣れが出てきて、
なにやら危険なにおいが漂ってますけど、
今日から3日で目鼻を付けます。
最終の裏打ち上がりが16日なので、
その後の準備もしないといけませんね。

年賀状も書かないといけないし、
その前に書道芸術院展の作品も書かないといけないわけで、
せわしい年末になりそうです。

あっ、デジタル図書館もやらないと・・・

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展

広島市の高齢者いきいき活動ポイント事業登録完了しました。





いままで、高齢者に対して支給されていたタクシーチケットの
一部を振り替える事業として1ポイント100円相当のスタンプラリーとも言える、
広島市の高齢者いきいき活動ポイント事業登録完了しました。

龍仙の書道教室なら、どこでも、
スタンプ帳を持ってきていただけると、
ポチっと押させていただきます。

活動団体登録通知書はこんな感じ、

この事業が定着し成功するかどうかは、
未だ定かではないですけど、
生徒さんに教えていただいて登録完了です。

手続きは申請書1枚裏表を広島市の担当部署に送るだけです。
申請から2,3週間でスタンプが届きます。

そろそろ年賀状の季節です。
粋仙会ではオール手書きの年賀状のサンプルを
会員さんには無料でお渡ししています。
この時期だけでも教室にお越しください。

そりゃそうと、
篆刻が終わったと思ったら次が来るという、
ありがたい悲鳴です。
お安く提供しているので、
頼みやすいのもあるとは思いますが、
リピートの先生方がお弟子さんやご友人にということで、
ご注文いただいています。

龍仙の篆刻の作風は、
ゆるキャラのような、
篆刻専門の先生が彫らない、
妙なかわいさがあるらしく、
好評いただいております。
特に女性の先生には大好評なようです。

男性の先生に受けが悪いのか、
はたまた嫌われているのか(笑)
よくわかりませんけど、
ご注文少なめです。
というか、女性の先生の注文数が、
かなり多いのかもしれません。

ということで、
今年は例年の3倍の150本を
あっさりと通過してしまい、
現在179本+手書き住所ハンコ10本です。
で、注残が10本あるので、
篆刻工房粋仙庵、初の200本受注かもしれません。

ただ、昨日マイワゴンRが故障してしまい、
現在ディーラーに入院中なので、
売り上げは修理代に消えていきそうです。

篆刻に追われつつ、
年賀状の見本作成をしながら、
月末の社中展の準備をしという状況で、
なかなか、書道マイデジタル図書館のサイト作成に取り組めません。
今月は鳥取出張が3回あるので、
結構忙しくなりそうです。

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展

秋バテ解消法





急に寒くなりましたね。
衣替えは全く間に合っていないので、
半袖のアロハシャツが、
寒そうにハンガーにかかってます(笑)

ということで、
この寒暖差に全くついていけなかった龍仙は、
先週「だるい」「眠たい」の連続で、
教室で「なんかだるくて調子悪いんですよね~」と
つぶやいたところ、
生徒さんから
「先生、それは秋バテというらしいですよ」
とのご回答をいただき、
早速調べてみたところ、
気温差に体がついていけず、
副交感神経系が優勢になって
何とか寝させて回復しようと
だるさと眠気の指令を出している
とのこと。

解消法はいくつかありましたが、
母曰く「シャワーだけじゃけーよ」
「湯船で温まったら治るよね。」
とのアドバイス。

以前なら、民間療法的な扱いで、
多少疑っているところですが、
ネットに記載の解消法の一つに
大きな筋肉を温めろというのがあったことと、
「まぁ、風呂に長めに浸かればいいかなぁ」
ということで、昨夜早速、
烏の行水改め、ゆっくりのぼせ気味に
湯につかってみました。

すると、
今までのだるさが嘘のように解消、
逆に寝ようにも寝られず、
軽い徹夜になってしまいました(笑)

てなわけで、昨夜は、
眠気改め寝てないです。
とはいえ、ずっと横にはなっていたので、
疲れはないですね。

たまには親の言うことも聞いてみるもんです(笑)

さてさて、
ご好評をいただいております、
龍仙篆刻ですが、
今年彫り上げた数が、
150本を超えました。
ご注文いただいた方々に
厚く御礼申し上げます。

例年はコンスタントに50本くらいだったので、
今年はその3倍をすでに彫っているということで、
なんか、ほんとに150本も掘ったんだろうかと、
足し算し直してみたりで、
不思議な達成感があります。

そんな、篆刻ビジーの影響で、
書道マイデジタル図書館サイトの作成が、
全く進んでません(汗)
おまけは、漢字検定欠席で止めって感じです(笑)

今日は肝臓の状況検査日です。
これから行ってきます。

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展

微微とですけど進行中





少し間が空きましたけど、
そろそろブログ更新しないとと思って、
ただ今更新中です。

で、更新中といえば、
例の書道マイデジタル図書館サイトの制作ですけど、
少しずつ進行中です。

少し進んでは、
計画にはなかった不足機能を追加したり、
余計な便利機能を思いついてみたり、
やっぱり元に戻して見たりと、
ぼっち開発ならではの
寄り道大作戦状態です(笑)

表示だけのドキュメント関係はほぼ出来ていますが、
まだ詰めが甘いところもあるので、
一通りで来てから、
再度お直しをかけます。

で、現在は文字情報登録系のページを
ゴリゴリやってます。
慣れては来ているものの、
慣れた分、いろんな方法を思いついてしまい、
時々どツボにはまってます(笑)

特にPHPで処理するのか、
JavaScriptで処理するのか、
は未だに迷いますね。
あぁ~ごめんなさい。
宇宙語ですね。

例えるならば、
日本語なんだけど、
漢字で書くか、
平仮名で書くか、
カタカナで書くか、
の違いに似ていると思ってください。

今回の開発の目玉は、
スマホで競書完成
と、
マルチデバイス対応表示ですけど、
なんとなく、いけそうです。
確認の手間はオンリーデバイスより
3倍も4倍も掛かりますけど、
デバイス(機種)の違いもさる事ながら、
ブラウザの違いも随分とあるようで、
とても勉強になります。

まぁ今さら勉強しても
もう老い先で役には立たんぞ
と、さみしさも感じながら、
大脳は心地の良いヒートアップ状態です。
誰に教わったわけでもなく、
パソコンの師は頼りになるグーグル先生です。
情報サイトは何かとガセネタも多いですけど、
ことプログラミング周りは、
バージョンさえ間違わなければ、
ほぼガセネタなしです。

みんな、自力で勉強しながら、
備忘的に記録しながら、
スキルアップしてるんですね。
中には、高度すぎて
????的なのもありますけど、
龍仙が初心者なだけで、
その方が悪いわけではないです。
例えて言うなら、
J-POPはわかるけど、
クラッシクは???って感じです。

ん~今日はなんだか下手くそな例えが多いですね。
YouTubeの武田鉄矢今朝の三枚おろしの
見過ぎかもしれません(笑)

年内完成を目指して、
亀より遅いナメクジの歩みでも、
目標の反対には向かっていないので、
そのうち到着すると思います。

完成してからは、
運用改良が残ってますけど、
これは随時バージョンアップということで、
対応するしかないですね。
配布アプリじゃないので、
バージョンアップはサーバーサイドで完了できて、
その点は楽です。

心配なのは、
プログラムが良く出来ていれば、
みんなに利用してもらえるわけではないということですね。
時代性や利便性、ターゲットユーザと機能のギャップなど、
要因は多々ありますが、
書道の先生自身がかゆいところに手が届くように作りこめば、
それなりに面白いものができるんじゃないかと、
楽観してます。

ユーザーがプログラム作ってるわけですから、
こうしたいああしたいは、
自分の力量との相談だけですんでしまうのが、
強みでもあり、パワー不足でもあります。

そろそろ、年賀状にも手をつけないといけないんですけど、
なんとなくのラフわんこはできて安心してしまい、
篆刻と図書館サイトに熱中してます。

そりゃそうと、
ここ1週間、カープ強いですね。
雨もよく降ってくれて、
水やりしなくてもいいのに加えて、
おまけに、気温も30度は超えなくなって、
過ごしやすくていい感じです。

今週末は恒例の長野出張です。
あの、モアイ像との再会となります(笑)
現地ではまたいろいろと言われそうですけど、
笑ってごまかしつつ、
かけるもんなら書いてみらっしゃい。!!
とタカをくくっている龍仙です。

偉い先生方は、
実績とプライドが邪魔して書けない。
習っている方は、
技術不足で書けない。
長野県現代書藝展へは
他の展覧会ではとてもじゃないが
出品できない作品を
隙間産業よろしく、
既存分野の隙間のど真ん中目掛けて、
作品制作してます。

正直、そろそろ、大臣賞欲しいなぁ(汗)

なんか、さぼってしまった





お盆明けからこっち
ブログのアップを
少々さぼってしまいました。

これといった理由もないんですけど、
暑さが少し緩んできたところで、
毎年恒例、「新しいことやり大病」を発病してしまい、
ブログのネタにならない程度のことしか
なくて、なんだかさぼってしまいました。
ごめんなさい。

このブログも、
密かにお読みいただいている方も
結構いらっしゃるようで、
思わぬところで、
「読んでまーす」とありがたいお言葉を
頂戴することが増えました。

もっと読んでいただき、
もっと広告をクリックしていただきたいところですが、
それには、もっと面白い記事を書けという
ことなんですけど、
こればかりは、突然変えられるもんでもないので、
日常を少し面白く書かせてもらう
今の緩さはそのままということで、
お願いします。

で、前述の大病ですけど、
・書道マイデジタル図書館サイト作成
・鶏毛筆の制作ノウハウ蓄積
が大きな要因です。
それに加えて、
オークション病も併発、
更に、
注残0本になって、
ようやく終わった~ふぅ~・・・
と思うと、なぜか翌日くらいに
新たな注文が舞い込む篆刻
といった感じで、
教室再編して少し時間が取れるはずなのに、
なぜか、あわただしい日々を送ってます。

でもって、
忙しくなってきたというか、
忙しくできる状況を逆手にとって、
摂取総カロリーをぐーーっと抑える、
減量を実施中です。

少々おなかが空いても、
死ぬことはないので、
少し我慢していると、
案外慣れてくるもので、
以前はつらいと思っていた
白米抜きやら、満腹抜きも
平気になりました。
すぐにおなかもいっぱいになるので、
胃の大きさも小さくなってるようです。

で、
まずは書道マイデジタル図書館ですけど、
少しコストをかけて事業化しようかと思ってます。
日本全国の書道の先生方がターゲットで、
自前の競書をネット上で実現しよう思ってます。

おそらく、既存の競書での開発や、
アプリ屋さんでは、
開発コストが見合わないはずなので、
イケるんじゃないかと踏んでます。

来年スタート予定で、
開発を進めてますけど、
来年度になるかもしれません(汗)

まぁやらないことには、
進まないので、
仕様書の修正追加を入れながら、
ぼっちで開発中です(笑)

前回開発途中で投げ出した、「葛籠」は
競書雑誌を意識しすぎたのと、
あまりに、ウェブサイトの構築ノウハウが
なかったのとで、
メンテナンスが超手間手間になり、
継続が不能になったのが原因でした。

なので、
今回は「競書風」という程度にとどめて、
今一度、教室の先生、習いに来る生徒、
生徒さんの周囲の方々まで含めて、
多くの方に、書作品を見ていただけるサイトを
意識して開発中です。

今のところ考えている作品登録手順は
1サイトにアクセス
2スマホなどで撮影
3生徒を選ぶ
4登録完了

先生は
登録された画像や原本を見て、
コメントと点数をつける

すると、
自動で段級位を判定する。

あとは、
年に複数回の展覧会イベントを開催し、
賞に対してボーナスポイント加算する。

と、意外と簡単で
スマホで写メが取れて、
メールが送れる人であれば、
どなたでも利用可能なように
しようかと思ってます。

サイト構築に必要なスキルとノウハウは、
グーグル先生を頼りにしながらですけど、
ほぼ、頭の中にあるので、
あとは、コードを吐き出して、
テストしながら、改良していく感じですね。

トップ画面の雰囲気は
こんな感じです。

続いて
鶏毛筆ですけど、
鶏毛筆の名工がなくなって随分と立ちますが、
未だ次なる名工は現れず、
この際、自分で作っちまえ
ということで、
原料の羽根を仕入れるところから、
ぼつぼつやってます。

やってみると、
なんか、できそうなので、
サンプル筆の制作をしながら、
ノウハウ蓄積中です。

乞うご期待ということで・・・

WEB競書らしきものの作成開始





今日はお盆明けお初の教室で、
予想通りの閑散でしたけど、
来ていただける方は、
それはそれは貴重なので、
感謝感謝でございます。

表題の件ですが、
書道を習っている方なら、
「競書」というのを一度は
聞いたことがあるんじゃないかと思いますが、
雑誌の形態を維持しながら、
ウェブに一部をアップする形式の雑誌を
目にすることはあっても、
完全にウェブ上で完結しているのって、
ないですよね。

ということで、
以前、作りかけていた「葛籠(つづら)」から
一歩踏み出して、
個人の作品保管庫としてスマホで
人にも見せられて、管理も簡単な
「書道マイデジタル図書館」
なるものの制作を開始しました。

これと、もう一つの、
「字辞典」と合わせて、
龍仙の最後のアプリ制作になりそうです。
軌道に乗れば、事業化をしようと企んでいて、
設計はほぼ完了していますが、
作業量の膨大さに
お目目をぱちぱちさせてしまいました。

既存の書道雑誌を丸ごと飲み込めれは、
ベストなのですが、
最初からそううまくはいかないので、
まずは粋仙会とその有志で始めようかと思ってます。

教室全部でなくとも、
生徒さんの一部でも試してみようかな~
とおっしゃる先進性に富んだ
アグレッシブな先生がいらっしゃいましたら、
ぜひ、ご一報いただければと思います。

アプリ制作に先だって、
任意団体の協議会を発足させる予定です。
名前は
「日本書道デジタル推進協議会」
とかなり大きく出ました(笑)
現在会員予定者は7名ですが、
興味のある方は、これまたご一報いただければ
規約なんぞを送付します。

制作開始といっても、
サーバーの契約、
ドメインの確保、
データべースの確保、
SSL証明の取得、
それらの設定、
アプリのコードサンプル確保、
制作用のアプリの開発環境整備、
など、下準備が多くて、
一昨日から、ようやく
コーディングに入ったばかりです。

ここら辺になると、
?マークが何個頭の上にありますか?
状態でしょうけど、
詳しい解説は省略します(笑)

で、午前中の緑井教室に続いて、
これから、古城園教室に向かいます。

今日も少ないだろうなぁ。