もう、どうにも止まらない(汗)





表題を見て、とあるメロディがよぎった方は、
「おっさん」あるいは「おばはん」です(笑)
龍仙もその一人です。

で、何が止まらないかというと、
例によって篆刻と食欲です。
年末を控えたこの時期は、
何かと購買意欲が旺盛になる時期でもありますが、
龍仙篆刻もその購買対象にしていただけているようで、
プレゼント品としての篆刻注文が
多いように感じます。

プレゼントしてガッカリされないよう、
それなりの品質を出さないといけないので、
いつもより余分に石を磨いてます(笑)

品質向上の一環として、
次回出荷分から、「こちらが上マーク」をつけようかと考えています。
ただ、何をマークにするか?であれこれ試してみた結果、
ネイルやスマホのデコで使う
ラインストーンに落ち着きそうです。

ラインストーンはキラキラして
女性受けは悪くないので、
安っぽく見えないよう、
樹脂ではなくクリスタルのラインストーンを
予定しています。

コストと手間は多少上がりますが、
リピート獲得の広告費用だと思えば、
安いもんです。

ということで、
篆刻自体の出来栄えもさることながら、
印材の見栄えも昨年に比べると
随分と向上しています。
小傷の補修方法もなんとなく確立できて、
小傷で出荷できなかった印材も、
出荷可能な状態になり歩留まりも随分と良くなってます。

篆刻資材の在庫も
随分と充実し、職人チックになってきました(笑)
ついつい余計なものを買ってしまう
悪い癖があるので、用心というか
自戒をしながら買ってそろえていくんですけど、
中には、どうしても「あっ残念かも」的な
お買い物もあります。

そりゃそうと、
今月は書道芸術院展の出品締切です。
まだ全然書いてないんですけど、
なんとなく頭の中にはあるので、
書き始めれば、大丈夫なんじゃないかと
高を括ってます(汗)

今回は自作の鶏毛筆を使って見ようかと考えていて、
教室の合間を見つつ、篆刻の隙間を見つけつつ、
羽根と格闘中です(笑)
鳥の羽根は反りがあるので、
これを上手くコントロールしないと、
ただの毛叩きになってしまいます。
作り慣れてきて、品質が安定するようなら、
商品として出荷も考えています。
というか、試作品はすでに、
古城園に置いてあります。

今月は倉吉出張が3回、
社中展、篆刻注残10本余り、
手書き年賀状作成(あと200枚くらい)
があるので、休みらしい休みはないかもしれませんが、
年末に向けて、少々エンジン吹かして、
やっていきます。

あっ、そうそう、
文字が大きくて、書き込みができて、
歳時記的なものもあって、
とても便利と好評をいただいているカレンダーですけど、
来年のカレンダーできました。
教室の生徒さんと水茎会のみなさんには
無料でお配りしています。

今回作成分は教室の広告表示を少し変えてますけど、
それ以外は既製品なので、
例年と同じフォーマットです。

第3回粋仙会秋季書道展 案内はがき画像

第3回粋仙会秋季書道展

少し涼しくなった感





昨日も朝は涼しかったですけど、
今日は更に涼しくなって、
とても過ごしやすいです。

ヤフーお天気の最低気温は
1度しか違わないんですけど、
人間の皮膚感覚って、
なかなか繊細です。

さてさて、
昨日は山の日ということで、
レジャーにお出かけの面々もあろうかと思いますが、
龍仙は真面目に練成会参加です。

我ながら、真面目だなぁと
感心しているんですけど、
やってることは
こんな感じ

で、会場はというと
こんな感じ

真面目ですけど、
やってることは随分と変です(笑)
今回のテーマはモアイ像ということで、
書的にモアイを書いて、
その余白に謎文様を描いています。
そこには、なんと、モアイのつぶやきが、
隠し文字として隠れています。
それは……内緒です(笑)
画像からは
上の方に「モ」のような文字
左下には「クレ」という文字
右下には「シヨウ」らしき文字が
隠される前で見えてますね。

出来上がりは、
第23回長野県現代書藝展でご覧ください。

実はこの作品、
1枚に約2時間かかります。
モアイは2分くらいですけど、
文字を隠しながら文様で埋めていくのに、
2時間の大半を使います。

なんか適当に書いているんじゃないかと
思われそうですが、
モアイも線の表情や、
角度でかなり雰囲気が変わるので、
意外と真剣に書いてます。

こんな作品は書道じゃないなぁ
という悪魔のささやきが、
頭をかすめる中、
今回は前衛作品として、
出品します。

一応文字を入れているので、
近代詩文でも、出せないことはないのですが、
文字を隠しているので、
まぁどれにもはまらないときは
前衛ということですけど、
使うのは墨、画仙紙、筆と
ごくごく普通の書道用品です(笑)

第6回展から出品させてもらっている
長野県現代書藝展ですけど、
長野の先生方には大変申し訳なくも、
好き放題をやらせてもらってます。

総合書展なので、
いろんな分野の先生と
仲良くしてもらえるので、
なんでもチャレンジャーな龍仙が、
出していない分野は
刻字だけです。

漢字、仮名、近代詩、篆刻、少字数と
まぁええかげんにせぇよ(いい加減にしろ)と
いわれそうな状況ですけど、
みなさん、あたたかく、、、
いや、ほぼあきらめ特別扱いということで、
広島の作品たちを許してもらってます。

今年からは
漢字ではなく、かな部門で
広島から当番審査員がでます。
漢字部は師匠が毎度の当番審査員なので、
龍仙の出番はない、、、
というか、どの分野の審査員なのか
一向に定まらない!というのが本音でしょうね(笑)

龍仙は審査の方の仕事ではなく、
インターネット周りの現地お仕事があるので、
審査どころではないんで、
師匠からは「藤井君やる?」と
いわれてはいるものの、
「先生もう少し頑張ってください。」
と持ち上げつつ広島の役割を分業してます。

はてさて、審査会でどのような評価
いや、物議かなぁ、
まぁとにかく目を引くことには、
かなりの自信がありますが、
皆さんの笑い声が聞きたいところです。

でもって、
今回のモアイを真剣に取り組んでみて、
未だに結論が出ていないのは、
前衛と水墨画の境界線は
どこにあるんだろう???
ってことです。

文字をモチーフにはしていない前衛もあるし、
用具用材は、筆でなくとも、紙でなくとも、
墨でなくとも、構わないしわけだし。
一見して絵と見えるとだめなのか?
絵を意図として書いてはだめなのか?
料紙の柄としての絵ならよいのか?
ん~~いつものことながら、
確立された分野の隙間というか、
境界線の少し外側をつくのが
とても大好きな龍仙ならではの
お悩みです。

そうそう、絵で思い出しましたけど、
お盆過ぎたら、年賀状の図柄、
来年は犬なので犬の筆書きを
追い込んでいかないといけませんね。
9年前の寅年以来ずーーと続けている、
年賀状ALL手書き。
頑張らないのがモットーの龍仙ですけど、
今年の年末も頑張ります(笑)